ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月9日(月) 11-2. フランス最後の夜

12:20 歩き疲れて、ひとやすみ。

ベンチでぼーっと日向ぼっこをしながら、
アヴィニョン行きのバスをひたすら待つ。


バス停でおしゃべりをしていたおじいさんに、
バスが来るたびに「これアヴィニョン行きですか?」と聞いていたら、
彼は「アヴイニョン行きが来たら教えてあげるから大丈夫!」と言ってくれて、
アヴィニョン行きのバスが来た時に教えてくれた上に、
運転手さんに「この子をアヴィニョン駅で降ろしてやってね」と伝えてから
歩いてどこかへ行ってしまった。

わざわざこのために一緒に待っていてくれたんだ…ありがとう!


運転手さんも、アヴィニョンのどっちの駅で降りるのかを聞いてくれて、
駅につくと、わざわざ教えてくれた。

最後には乗客は私一人になってしまったけど、おかげで安心だった。




14:35 アヴィニョンTGV駅に到着。

↓画像クリックで拡大します。
TGV駅のコンコース。 古い駅とは大違いの雰囲気。

日本で言う、新幹線の駅のようなもので、
とても近代的で清潔感がある。


ここの駅では、有料でインターネットが使えるそうなのだけど、
駅にある看板を見ながら接続しようとしても、うまくいかない。

↓画像クリックで拡大します。
ネットが使えるらしいんだけど…。

今後のために、と思っただけで、
とくに用事があったわけじゃないから、いいかぁ。



駅に入っているお店で、サラダとフランスパンのセットと、
好物のパン・オ・ショコラ、あたたかいカフェオレを買って、
ベンチに座って食べた。

↓画像クリックで拡大します。
電車待ちの間に。 このサラダがおいしすぎた!

何気なく買った、生ハムとトマトとモッツァレラチーズのサラダがおいしすぎて、
「このサラダが食べられるお店が日本にあったら通うのに!」と思った。


一人旅の不安から、早めにホームに出て、
またしても刻印機を探してうろうろとしていると、
駅員さんがかわりに刻印をしてくれて、
そのままずっと話しかけてくるので、
「仕事はいいのかなぁ」と思いつつ、
指差し会話の本を使っておしゃべりをした。

駅員さんはこの本を気に入って、
体のパーツのページを開いては、
ひとつひとつ、ゆっくりと発音して見せてくれ、
私にも繰り返すように促す。

私は、「どうせなら、旅行会話を教えてほしいよー」と思いつつ、
それを伝える語学力もないので、
皮膚だとか、歯だとか、つま先だとか、
そんな言葉を20分ほどひたすら練習させてもらった…。


電車が来る時間が近づいてくると、
彼は「こっちこっち」と言って私をホームの裏側のほうへ連れて行き、
鍵をあけて外に出してくれて、そこからの景色を見せてくれた。

「いいのかなぁ」と思っていたら、
「一緒に写真を撮ろう!」「お礼にほっぺにキスして!」と言われたので、
しっかりお礼だけ言っておいた。

こんな駅員さんがいるのも、さすがフランス、なのかなぁ〜。



TGVでは、私の席に別の人が座っていたりというトラブルはあったものの、
直行便でパリまで帰れたので、とてもらくちんだった。

ヨーロッパの交通機関では寝ちゃだめ、とは聞いていたけど、
この列車は直行便の特急だからか、眠っている人も多い。

メトロやバスほど、緊張しなくていいのかも。





パリはすっかり、夜。

↓画像クリックで拡大します。
夜のリヨン駅。

雨も弱くなっていて、よかった。



18:43 ホテルに到着。

あまりの狭さに、笑うしかない。

↓画像クリックで拡大します。
パリの宿。 とにかく狭い!

これであの、
昨日まで南フランスの村で泊まっていた
バルコニーつきのひろーいお部屋より高いんだから、
さすがパリ!

階段がきついし、部屋は狭いし、
ここは買いつけには使えそうにないなぁ。


少し休憩してから、夕食を探しに行く。

↓画像クリックで拡大します。
人通りが多いから、夜でも意外と平気。 駅構内はこんな感じ。

駅の中や、周辺など、すこし歩いてみたけど、
ちょうどいいお店がみつけられなかったので、
結局、以前にみかけたことのある、中華のお惣菜屋さんへ。

↓画像クリックで拡大します。
気軽に入れる中華のお店。

お惣菜をいくつかと、飲み物と。

袋にフォークを入れてくれようとしたムッシューが、ふと手を止めて、
お箸を見せながら「チョップスティック?」と聞いてくれたので、
うれしくなって「ウィ!」と答えて、お箸にしてもらった。


すっかり夜なので、スーパーにも寄らずに足早にホテルに戻る。

↓画像クリックで拡大します。
パリ最後の夜も、やっぱりチープなごはん。

結局、パリ最後の夜も、とことん安いごはんになっちゃったな。

でも、お金があればあるだけかわいいものが買えるこの国で、
買いつけのお金をおさえて食費にまわすなんて、
今の私にはできないんだから、しょうがない。


ぜんぜん期待してなかったごはんなのに、いざ食べてみると、
今まで食べたどんなエビチリよりもおいしくって、びっくりした。

何これ!エビチリって、こんなにおいしい料理だったの!?

この味、日本の家族にも食べさせたい…!




20:40 最後の荷づくり。

使いかけのボディソープや化粧品のミニボトルを処分すれば、
スーツケースも、なんとか規定重量におさまりそう。


買いつけのたびに使っている、軽めのスーツケース。

いつも、大きいほうの左半分に、
キャリーカートやぷちぷち、ガムテープ、大量の小分け袋などを入れて、
残った小さいほうの右半分に、約2週間分の私物を入れている。

↓画像クリックで拡大します。
これが約2週間分の荷物のすべて。

人間って、物が少なくても生きていけるんだなぁと思う。
そのおかげで、毎日のように洗濯をしてるわけだけど。




荷づくりも終えて、夕食も終えて。

今回の旅をふりかえりつつ、
次のフランス買いつけプランを練ってみたり。


なぜか、隣の部屋で
夜中まで複数の子供達が走り回っていたので、
なかなか眠れなかったけれど、
安い宿にしたんだから仕方ないか。



前へ < 旅日記 ホーム > 次へ