ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月8日(日) 10-1. アンティーク村の蚤の市

4:00 目が覚めて眠れず、ベッドでごろごろ。
緊張してるのかも。

外はずっと、ごうごうと強風の音。
お願いだから、おさまって…!


7:00 現在、風速9m。
風はこのまま強くなって、10時頃には11mぐらいになるらしい。

こんな強い風じゃ、スパイスも紙ものも、ふきとんでしまいそう!
蚤の市、中止にならないといいけど…。

↓画像クリックで拡大します。
綺麗な空! 

風が空気中の塵をすべてどこかへ連れ去ってしまったようで、
空はとっても綺麗。




8:50 準備を終えて、蚤の市へ出発。

心配したけど、ちゃんとお店が出てた!

↓画像クリックで拡大します。
川沿いに並ぶ露店。
わくわく!

真っ先に、骨董品を扱っている露店が目に入ったけど、
今回は人手も少なくてライバルもあまりいないようだったので、
まずは、どんなお店が出ているかを把握するためにも、
露店の並ぶ通りをひととおり歩いてみることにする。

蚤の市って、たいてい、
入り口の露店にはかわいい物がいっぱいあって
ついついたくさん買ってしまうけど、
あとで他の露店を見てまわると、
入り口の露店が実は一番高かったことを知って
後悔するはめになる…というのが、この数年で学んだことなので。


骨董品の露店が何軒か並んだあとは、
プロヴァンス布の専門店や、マルシェバッグの専門店など、
ちょっとマニアックなお店がしばらく続いて、
その先は、食料品の露店エリアになっていた。

↓画像クリックで拡大します。
まだ準備中のお店も多い。
ぷらぷらと歩く人も楽しそう。

露店は、村の中心へと続いていく。

いったい何軒のお店があるの!!

↓画像クリックで拡大します。
野菜や果物が、かわいい。 
こちらは蜂蜜やジャムの専門店。

パエリアやハムやチーズのお店、
チョコレート専門店、スパイスとハーブのお店、
ちょっとあやしい服や雑貨のお店…。

とにかく、この小さな村の半分ぐらいが、
露店でうめつくされている。

すごい!

↓画像クリックで拡大します。
石鹸の数にびっくり!
こんなにも種類があるなんて。

プロヴァンス石鹸のお店では、
とにかくその種類の多さに圧倒された。

こんなことなら、アヴィニョンで買わずに
こっちで買えばよかった〜!



一通りまわってみたところ、
骨董品のお店は一ヶ所にかたまって出店していることがわかったので、
いよいよ買いつけをはじめることにする。

↓画像クリックで拡大します。
この通りが骨董品エリア。

「ヨーロッパ中からバイヤーが集まるアンティークの村」と聞いて、
はるばるパリからお金も時間もかけてやってきたわけだけど、
お店の数は、パリのヴァンヴの蚤の市の1/4ぐらい、かも。

ヴァンヴよりは、私でも手が出せるような
かさばらない小物のお店の割合がちょっと多いので、
「まったく来た意味がなかった」というわけではないけれど、
それでも正直言ってこれは、厳しい。


やっぱり、年に数度開催されているという
大規模な骨董品市の時期に来ないとだめなのかなぁ。

そもそもお客さんがまばらなばかりか、
他にバイヤーらしき人もみかけなかったし、
東洋人なんて、もちろん私一人だった。


のんびりとしたムードになっている分、
店主の人にカタコトでたくさん説明をしてもらったり、
ちょっとおまけをしてもらえたりと、
楽しくお買い物はできたのだけど。



それにしても、今日はまた、
町並みが一段と綺麗!

↓画像クリックで拡大します。
川もキラキラ。
カモもごはんの時間。 立派な水車がくるくると。

この仕事をはじめていなかったら、
こんな景色、一生見ることはなかっただろうなぁ。

どこかに留学をしたことがあるわけでもなく、
海外旅行をたくさんしてきたわけでもなく、
雑貨屋でのアルバイトすら経験したことのない私が、
ただ「古びた味のある雑貨が好き」というだけで、
まさか一人でこんなところにいるなんて。

「好き」のパワーって、 おそろしい。



ちょこちょこと買いつけをしているうちに
荷物がかなり重くなってきたので、
一度ホテルに荷物を置きに戻ってから、
もう一度、蚤の市を楽しみにでかけた。

蚤の市から片道2kmのホテルにしなくてよかったと、しみじみ思う。



今度は食料品のエリアを歩いて、
チョコレートを味見させてもらってちょっと買ったり、
自分用のお土産に、好きな香りのオイルなどを買ったりして、
観光客気分を楽しむ。


露店のパエリアもピザも気になったけど、
今日のランチは、行列のできていたグリル屋さんの
チキングリルを食べてみることにした。

↓画像クリックで拡大します。
こちらがメニュー。
焼きたてチキンがどんどん減っていく。

相変わらず、メニューを見ても
いまいちよくわからないのだけど、
ためしに2ユーロのチキンを注文してみる。

この値段だから、もしかしたら一口サイズかなぁ…と思っていたら、
とびきり大きなチキンを渡されたので、びっくりした。


さっそくホテルでランチタイム!

↓画像クリックで拡大します。
どーんと大きな、焼きたてチキン!
これが2ユーロ、びっくり!

今日のメニューは、
焼きたてのグリルチキンに、パン屋さんのパン・オ・レザン、
昨日のアーティチョークのマリネの残り、いつものクランベリーソーダ。

私はもともと、お肉はあまり得意ではないのだけど、
ただのグリルがここまでおいしいなんて、びっくりした。

皮はパリパリ、お肉はジューシー、香ばしいいいにおい。
すごい!

さすがに食べきれなかったけど、大満足!



前へ < 旅日記 ホーム > 次へ