ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月7日(土) 9-2. アンティークショップめぐり 2

ホテルに戻って荷物を置こう、と思いつつ、
アンティーク屋さんがあると、つい入ってしまう。

割れ物を持っているから、あんまりうろうろしたくないんだけど、つい。


ふと、わき道に入ってみると、
とってもかわいらしい店構えのお店をみつけて、
一気にテンションがあがった!

↓画像クリックで拡大します。
愛らしい店構えに、どきどき! 

中には、小さな小さなお店がいくつか入っていて、
そのうちの一軒、手芸用品ばかり扱うお店で
ふるいマリクレールや、美しい型紙など、
「これぞフランス!」というような
古くてかわいい物にいくつか出会えて、大満足!


さぁ、今度こそ本当にホテルに戻ろう。



川沿いの、小さな船着場のようなところで、
たくさんのカモたちが休憩しているのをみつけて、
カモ好きの私は思わず、荷物を置いて写真を撮った。

↓画像クリックで拡大します。
村をとりかこむように流れる川。
休憩中のカモたち。

しばらくカモを眺めていると、
地元の青年に、フランス語で声をかけられる。

こちらはフランス語がほとんどわからない、
あちらは英語がほとんどわからない。

彼の英語力は、日本人の中学生以下、という感じだったので、
おたがいカタコトすぎてうまく話がかみあわなかったが、
どうやら、おすすめの観光スポットを教えてくれているらしい。

私が地図を取り出して見せると、
地図の外にあたるエリアに、どうしても見てほしい場所があるそうだ。

↓画像クリックで拡大します。
端から端まで1kmもない小さな村。 

そこがどんな所なのかもさっぱりわからないまま、
うんうんうなりながら懸命に伝えようとしてくれた彼にお礼を言って、
ひとまずホテルに戻った。



13:55 ホテルに到着。

特に疲れてないつもりだったけど、
荷物を置くと、どっと疲れがきた。

休憩がてら、インターネットで調べて、
骨董市は日曜にしか開催されていないことを知った。

日本で何度も何度も調べて
土日開催だと思いこんでここまで来たので、ちょっとびっくり。

明日もこの村に滞在することにしていて、本当によかった…!



今日買いつけたアイテムのリスト作りと撮影を終えて、
あまり点数が買えていないことに、焦りを感じる。

フランス縦断をしてここまで来たからには、
なんとしてでも、もっとたくさん買いつけたいところ。
がんばらないと。



とは言え、めぼしいお店はほとんど見てしまったので、
すこしでも土地勘がつけばいいな、と思いつつ、
さっき教えてもらった「どうしても見てほしいところ」まで行ってみることにした。


地図に載っているエリアから出て、
人もほとんど歩いていない住宅地の横を延々歩き、
「ほんとにこの先に何かあるのかなぁ」と不安になりながらも、
ただひたすら歩く。

そもそも、目的地がどんな場所かすらわかってないのに、
ほんとにそこに着いたらちゃんとわかるのかなぁ…などと思いながら
川沿いの道を歩いていると…。

いた! カモだ!!

↓画像クリックで拡大します。
これを教えてくれたんだ! 
なんとものどかな景色。

さっき、カモを眺めていた時に声をかけられたから、すぐにピンときた。

さっきの場所よりもっと、のどかな雰囲気の中で、
カモが悠々と泳ぐ場所。

きっと、ここを見せようとしてくれてたんだろうな。
ありがとう!



帰り道は、別の道を通って村をぐるりと一周してみる。

ほんとに、絵になる場所だらけだ。

↓画像クリックで拡大します。
古そうな石碑。
素敵な建物!


川沿いの散歩道があまりに綺麗で、
こんなにも美しい場所を毎日歩ける
この村の人たちが、とてもうらやましくなる。

↓画像クリックで拡大します。
ため息がもれるほど美しい散歩道。
路地裏の雰囲気が好き。

日本も、もっともっと、
みんなで景観を守っていけたらいいのに。

派手な広告も、看板もない、
ひっそりと美しい町並みが、本当にうらやましい。




帰りに、文具店に寄って、
大きな箱がないか探してみたけど、
収穫はなし。

ならばと、昼休みの終わったインフォメーションに寄って、
大きな箱を売っているお店がないか聞いてみたところ、
「村の中にはないと思うけど、村はずれから20分ほど歩くと
大きなスーパーがあるから、そこにならあるかも」とのことだった。

このお店って、宿の人が「遠すぎるから歩けないよ」って
教えてくれたお店のことだよなぁ。

その道はさっき見てきたけど、歩道のない車道で、
トラックの砂煙がかなりすごかったから、
今回はあきらめることにする。


でも、ここはヨーロッパの中でもかなり有名なアンティークの村なのに、
いったい他のディーラーさんたちは、どうやって商品を発送してるんだろう。




歩きまわったらおなかがすいたので、
早めに夕食を調達することにした。

今日は、ホテルの近くの、イタリアンのデリへ行ってみる。

↓画像クリックで拡大します。
ホテル近くのイタリアンデリ。

フランス語なのか、イタリア語なのか、
どっちにしても私にはわからない言葉で、
お惣菜の名前が書いてある。

ここはひとつ、「味の想像がつく、確実に食べられるものをひとつ」と、
「食べたことのないものをひとつ」買おう、と思って、
ラザニアと、アーティチョークのマリネを買った。


オーナー夫妻は、英語はまったく通じなかったので、
持参していた「指さし会話」の本を見せながら注文をすると、
この本がとっても気に入ったようで、
「ナイフ」のフランス語を指さしてはナイフを見せてくれ、
「これは日本語でなんて言うの?」と聞いてくれて…と、
ずいぶん長い時間、おしゃべりをしてしまった。

嬉しくなって、単語をつぎはぎしながら、
「日曜日もやってる?」などと聞いてみる。
通じるって、楽しい!!




ホテルに戻って、この村での戦利品をぼんやりと眺める。

↓画像クリックで拡大します。
本日の戦利品。

品数は確かに少ないけど、
ライバルの多すぎるパリをいくら歩いてもなかなかみつけられないような、
素晴らしい味わいのアイテムが手に入った気がする。

やっぱり、来てよかったのかも。
あとは明日の蚤の市に期待!




買ってきたお惣菜がさめないうちに、夕食。

↓画像クリックで拡大します。
今日のディナー。
このマリネがおいしかった。

ラザニアは、あまりに大きすぎて残してしまったけど、
日本で食べるのとはチーズも味つけもちょっと違っていて、おいしかった。

この濃厚な味に、お手製のクランベリーソーダが本当によく合う。


そして、アーティチョークも、最高の組み合わせ!

独特のにおいとクセがあるけど、
野菜不足の体が生き返るよう。




21:50 事務作業も終わったので、今日は早寝。

明日の蚤の市にそなえて、しっかり体力を回復しようっと。


 
前へ < 旅日記 ホーム > 次へ