ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月7日(土) 9-1. アンティークショップめぐり

5:30 目が覚めた。
雨、かぁ。

明日も雨で蚤の市がなくなったりしたら大変!と、
あわてて天気予報を調べた。

どうやら、明日は大丈夫みたい。ほっ。
でもこの体感温度と風速は、ひどいなぁ。

↓画像クリックで拡大します。
天気予報のチェック。
地面が濡れている。

ついでに為替もチェック。

ユーロが上がってきてるから、
なるべくカードじゃなくて現金で決済したほうがいいのかも。



8:00 朝食室へ。
さすが閑散期、誰もいない。

手作りのジャムがたくさん置いてあるのが、なんだかフランスらしいや。

↓画像クリックで拡大します。
自分で自由にとるスタイル。 
手作りジャム!

残念ながら、フランス語の達筆はさっぱり読めないので、
どれが何のジャムかはわからないけれど。

もうちょっと言葉がわかれば、
旅ももっと楽しいんだろうなぁ。

どうしてもイギリスのほうが得意だなと思ってしまうのは、
やっぱりこういうところに理由がある。



パンと、ハムと、チーズと、リンゴのコンポート。

↓画像クリックで拡大します。
今日の朝食。
こんな文字なら読めるのになぁ。

ハムもチーズもおいしすぎて、いくらでも食べられそう!

好物のパン・オ・ショコラもあったので、よけいににっこり。
こっちに来てから、みかける度に食べてるのに飽きない。

おいしいごはんで、おなかいっぱい!!


これまで、節約のために、
なるべく朝食もスーパーやパン屋さんで買っておいて
部屋で食べるようにしてたけど、
残りの日程は、あたたかい飲み物つきの朝食に
甘えちゃってもいいかなぁ…なんて。

それにしても、野菜不足!



朝食を食べているうちに雨があがったので、
郵便局で、発送用の大きな箱をいくつか買ってきた。

持参したクレジットカードが使えなくてちょっとあせったけど、
予備でもっていたカードのほうは使えて、一安心。

この箱、日本までの送料込みの値段を最初に払うから、
現金しか使えなかったら、お金がたりないところだったや。



ちょっと見た限り、
土日に蚤の市が出るはずの場所に、蚤の市がなかった。

雨のせいか、まだ時間が早いのか、
実は日曜日だけなのか…ちょっと心配。



9:00 出るかどうかわからない蚤の市を待っていてもしょうがないので、
とりあえず、店舗をかまえているアンティークセンターを
めぐることにする。



とにかく数が多いみたいだから、
どんどん見ていかないと。

ホテルの近くのところはまだ開いていなかったので、
ちょっと足をのばしたところから。

↓画像クリックで拡大します。
いよいよ買いつけ!
色合いが素敵。 大きな建物にわくわく。

ここはかなり大きな建物。

大きすぎて絶対に買って帰れないけど、
ガーデン関係のものがかわいくて目の保養になった。

店内は、大型の家具を中心に、
全体的に、とても手が出ないものばかり。


ちょっといいな、と思った手描きのお皿も、
値段を聞いてみたら「一枚では売っていないの」とのことで、
とても買って帰れるでも値段でもなかったので、
いろいろ説明してもらうだけで終わってしまった。

次に期待だ。



こっちは、お庭がかわいいなぁ。

↓画像クリックで拡大します。
なんとも雰囲気のあるセンター。
素敵なお庭!

ここも、庭に置くオブジェのような、
ひっくり返っても持ち帰れないような物が中心だったので、
さーっと歩いておしまい。

次、次!



↓画像クリックで拡大します。
川沿いのお店。
ここは閉店してるのかな?

こんな調子で、大半のアンティークセンターが
守備範囲外のアイテムばかりだったけれど、
これはいつものことなので、どんどんとお店をまわる。

そのうちに、家具を売っているお店の片隅でみつけた
ちっちゃな空き缶だとか、空きビンだとか、ふるい本だとか、
そういった「小さくてかわいい宝物」が、
すこーしずつ、カバンの中にたまってくる。

わたしの買いつけは、いつもこうだ。

「お店ごと全部買って帰りたい!」なんて
お店にはまず出会えないけれど、これでいい。



ひとつ、大きな家具を置いているお店で、
この上なく素敵なシャビー感のある木箱を
たくさん売っているお店をみつけた。

マダムに聞くと、値段も手ごろで、とにかくかわいくて。
なんでもこの箱は、もともとは引き出しだったものだそうで、
連番のプレートがついているのが、またかわいくて!

でも、許可をもらってサイズを測らせてもらうと、
どうしても、発送用の箱に入らない…。
あと、ほんの数センチなのに!

わたしの持参したサイズ表を見て、
マダムもとっても残念そうな顔をしてくれた。

「大きな箱がみつかったらまた来ます」と言い残して、
未練いっぱいで、お店を後にする。

あんな出会い、めったにないのになぁ!!




そろそろお昼を食べておかないと、
またランチタイムが終わっちゃう。


ランチを食べる予定だったお店へ向かう途中、
とってもかわいいキッチン用品のお店をみつけて、
夢中で店内をぐるぐるしてしまった。

↓画像クリックで拡大します。
心ときめく南仏の雑貨屋さん。

ここは新品ばかりで、アンティークはないのだけど、
それにしてもかわいい!

ほしいものばかりで悩んだけれど、
自分用に、素敵な色合いのカフェオレボウルを2つだけ買った。

マダムも優しくて、素敵なお店だったなぁ。




12:00 昨日みつけた、スープが食べられるお店へ。

↓画像クリックで拡大します。
レジカウンター付近。
なんとも素敵な雰囲気。

これまた、店内が素敵!

ムッシューが英語も話せるようで、
フランス語のメニューを見せながら
英語で解説してくれたけど、
あまりの早口に、何度も聞き返すはめになった。

何度も説明してくれた中から、
「サーモンのケーキと、かぼちゃのスープ」というセットをお願いする。

とにかく寒いから、温かいスープは嬉しいなぁ。

↓画像クリックで拡大します。
今日のランチ。
野菜がうれしい!

出てきたのは、パウンドケーキの具をサーモンにして、
バターをオリーブオイルに変えたような、おかずケーキだった。

帰国後、これがケーク・サレという物だということを知ったけれど、
見たことも聞いたこともなかったこのケーキのやさしい味は
一人旅の心をあたためてくれた。

大きなカフェオレまでついて、
意外と良心的な値段だった。うれしい!




食後にもう一度さっきのアンティークセンターへ行ってみると、
午後の営業は15時からとのことだった。

ならば、大きな箱が買える場所を調べようと思って、
観光案内所に行ってみたものの、こちらもお昼休み。


仕方がないので、
さらに小物をいくつか買いつけてから、
一度、ホテルに荷物を置きに戻ることにした。



前へ < 旅日記 ホーム > 次へ