ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月6日(金) 8-1. アンティークの村へ


6:00 なんとなく目が覚めた。
風邪をひいているようなので、7:00頃までのんびりと過ごす。

今朝のアヴィニョンは、くもり。
移動日が雨じゃなくて、よかった。

↓画像クリックで拡大します。
窓からの眺め。 



今日は、朝食室で、バイキング形式の朝ごはん。

大好物の、味の濃いチーズやハムに、卵に、
たくさんの種類のパンたち。
パン・オ・ショコラもある!

↓画像クリックで拡大します。
うれしい朝ごはん。 

あたたかい飲み物が、うれしい。

こんな朝ごはんが食べたかった!




朝食を食べ終えて部屋にもどると、時刻は8:45。

ホテルのチェックアウトは12時までなので、
まだ随分、時間がある。


次の村までは、バスで40分ほど。
次のバスが、10:45、その次が12:10。

次のホテルのチェックインは、14:00から。

アヴィニョンは昨日じゅうぶん見てまわったし、
次の村は、とても小さな村で、スーツケースをひっぱってまで
観光するようなところでもないし、困ったなぁ。



9:45 すっかり準備ができてしまったので、
荷物は置いたままで、とりあえず外に出ることにした。

↓画像クリックで拡大します。
ホテル向かいのお店。 お世話になったホテル。 ホテル近くの素敵なお店。

昨日も今日も、アヴィニョンは曇り空で、
写真好きとしては、ちょっぴり残念なところ。


せっかく時間があるので、郵便局に行って、
前回は一日の上限にひっかかってしまって換金できなかった分の
トラベラーズチェックを換金しておこうかと思ったけれど、
かなり並んでいたので、やめ。

↓画像クリックで拡大します。
アヴィニョンの郵便局。 



荷物がなくて身軽なうちに、
バス乗り場の下見をしておくことにした。

城壁に沿って、ひたすら歩く。
これは、意外と遠いぞ。

↓画像クリックで拡大します。
城壁に沿って、てくてくと歩く。  ふるいふるい城壁。

歩道は石畳で、スーツケースをひっぱると
かなり歩きにくそうだし、思ったよりも距離があるし、
ちょっと早めにホテルを出たほうがよさそう。


途中にある横断歩道が、
青になったと思ったらすぐに赤になってしまって、
走らないと渡れないのには、笑ってしまった。

↓画像クリックで拡大します。
この信号、青は一瞬しかない。


バス乗り場の場所をたしかめてから、
ホテルに戻って荷物を取り、すぐにまた、
バス乗り場まで向かうことにした。

向こうで2時間半ほど時間をつぶすことになるけど、
ここでじっとしていてもしょうがないし、行ってしまえ!


自分の乗るバスを待っていると、
スペイン行きのバスがやって来て、
ヨーロッパの国々は地続きなのだ、ということを、
あらためて感じる。

外国へ行くバスなのに、見た目はただの長距離バスだし、
乗るのにパスポートを見せるわけでもないし。

本当に、日本とは感覚が違う。


↓画像クリックで拡大します。
路線バスに乗って、次の村へ。

バスに揺られて40分。

11:25 アンティークの村へ着いた。



ホテルは、バス停のすぐそばだった。

ダメ元でフロントへ行き、
もうチェックインできるか聞いてみると、
「予約があるなんて聞いてなかったけど、
 部屋は空いてるから大丈夫よ」と言われて
びっくりする。

もともと予約しようと思っていた日が、
このホテルの冬季休業期間だったため、
メールでやりとりし、日程を調整して、
飛行機の変更代まで払って、この日の予約を取ったのに。

なんでも、冬季休業をはさんだから、
それ以前の予約データが残っていないのだとか。

日本じゃ考えられないことだけど、
とりあえず、部屋があって良かった。


「もう掃除は終わってるから」と、
案内してもらったのは、フロントのすぐそばの、
バルコニーつきの大きなお部屋。

荷物が多くなるし、作業スペースも必要なので、
一人にしてはかなり贅沢な部屋を希望しておいたのだ。

広くて、明るくて、素敵!

↓画像クリックで拡大します。
 
この旅で一番楽しみにしてたホテル! 
 
田舎だから安くて広々。
 

 
バスルームも綺麗。  トイレは独立。  バルコニーつき!

いつも買いつけに来ると、田舎っていいな、と思う。

ロンドンやパリの、ベッドひとつ置くともう
スーツケースも広げられないような狭い部屋よりも安い値段で、
田舎では、バスタブつきの広々とした部屋に泊まれるのだから。



部屋に着くとまず、
たまっていた服をぜんぶ洗濯して、
バスルーム中にひろげて干した。


すこしおなかがすいていたので、
きのう買ったまま食べていなかった
アップルクランブルを、ぺろり。

疲れている時にこの甘さは、うれしい。

↓画像クリックで拡大します。
デザートは旅の楽しみのひとつ。


ホテルの無線に繋がせてもらって、
日本へ無事を報告してから、
交通ストの情報を見たり、
為替の値動きをチェックしたり。


さて、飲み物や食べ物を調達しに行かないと。


前へ < 旅日記 ホーム > 次へ