ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月5日(木) 7-3. アヴィニョン橋の上で


法王庁の前を通り過ぎ、次に目指すのは、
『アヴィニョン橋の上で』の歌で有名な、サン・ベネゼ橋。

日本人の私でも名前を知っているくらいの橋だから、
さぞたくさんの人が向かうのだろうと思ったけれど、
ところどころにある小さな看板にしたがってみると、
「ほんとにこの道でいいの?」と不安になるぐらい、
ほとんど人も通っていない細い路地を歩かされた。

南フランスの普通の家なんかが見られて、
これはこれで楽しいのだけど。

↓画像クリックで拡大します。
かわいらしい建物がいっぱい。  こんなおうちに住んでみたーい!

このあたりの建物は、
日本で見る「南フランス風」とはぜんぜん違うけど、本当にかわいいなぁ。


プロヴァンスの特産品と言えば、ハーブと、石鹸と、カラフルな布。
あの明るい色づかいの布がたくさん並んでいるお店もみつけた。

↓画像クリックで拡大します。
古い建物に、カラフルな布がよく映える。

落ちついた雰囲気のふるーい建物に、
プロヴァンス布のカラフルな色って、最高の組み合わせだなぁ!


サンドイッチを買った町の中心から2.5kmほど歩き、
城壁の外に出ると、大きな川と、大きな橋が見えた。
アヴィニョン橋だ!

↓画像クリックで拡大します。
立派な橋が見えてきた。 城門のすぐそばに入り口がある。

入り口で国籍を聞かれたので、不思議に思っていると、
入場料とひきかえに、とても大きな電話機のような物を渡された。

どうやら、この音声ガイド装置の設定を日本語にしてくれたらしい。Merci!

時期はずれなせいか、観光客もほとんどいないので、
のんびりと、音声ガイドを聞きながら見てまわる。


アヴィニョン橋(=サン・ベネゼ橋)は、
1177年から1185年にかけて建設された、
とても古い、石造りのアーチ橋。

たび重なるローヌ川の氾濫によって、
22あったアーチの大半は流されてしまって、
今では、4つのアーチしか残されておらず、
橋は、川の真ん中で切れてしまっていて、
対岸に渡ることはできない。

現在残されている橋は、
もともとあった橋のさらに上に建設されたもので、
もともとの橋で残っているのは、橋の中段にある、
サン・ベネゼ礼拝堂というチャペルの部分だけ。

歩行者と馬のために作られたこの橋は、幅も狭く、
歌のように、橋の上で輪になって踊ることは、とてもできない。

もともとこの歌は、橋の下の島で踊るという歌詞だったのが、
橋が流され、その島もなくなってしまったので、
今のような歌詞になったのだそう。

↓画像クリックで拡大します。
これから橋を歩きまーす。 
 
この機械で日本語の音声ガイドが聞ける。
 
橋からの眺め。
町のほうを見渡す。 
 
高台に公園もあるらしい。 町の中心方向。
意外と狭い橋でしょ? 
 
橋の真ん中にある窓から。 中からの眺め。
 
なんとも味わい深い雰囲気。  橋の中段にある礼拝堂。  

ほんの数年前までは、
こんなところを一人で旅して、
気の向くままにぷらぷらと観光をしてる自分なんて、
想像もしなかったなぁ…なんて、
すこしの間、感傷にひたってみたり。

冬のフランスには、
こんな風に、ふと物思いにふけってしまうような、
センチメンタルな空気が流れている気がする。


橋の中央まで行って、引き返して、
今度は、城壁のほうから橋を眺めてみる。

↓画像クリックで拡大します。
城壁からの眺め。  こちらは下から。

晴れていたら、もっと素敵な色の写真が撮れたんだろうなぁ。残念。



入り口でオーディオガイドを返却し、
お土産コーナーで、ラバンディンのエッセンシャルオイルを買った。
アロマテラピーは大好きなので、嬉しい。


帰り道に、来た道とは別の道を歩いてみたら、
かわいいお土産屋さんをみつけた。

↓画像クリックで拡大します。
プロヴァンスらしいお土産がいっぱいの小さなお店。

いろいろな香りのプロヴァンス石鹸やバスグッズなど、
女性が喜びそうなかわいいお土産がたくさんあったので、
ローズの香りのバスソルトと、マッサージオイル、
小さなプロヴァンス石鹸のアソートなど、
自分用と友人用のお土産をいくつか買った。



地図を見ずに適当に歩いても、
大通りに、ちゃーんと着いた。

小さな町は、ぷらぷら歩いても迷わないから、気軽で楽しい。

ホテルに戻る前に、
郵便局でトラベラーズチェックを換金してから、
話題のH&Mで、家族へのお土産用のデザインTシャツを何枚か買い、
カルフールに寄って、夕食になりそうな物を買って帰った。



今日の夕食は、
モッツァレラチーズとトマトとキノコのマリネと、
トマト味のペンネに、アップルクランブル。

スーパーのごはんは、いい加減あきてきたけど、
長い買いつけの旅で、毎日レストランに行っていたら、
お金がいくらあってももたないので、がまんがまん。。

↓画像クリックで拡大します。
今日の夕食。ちょっとさびしいけど。 
 
このマリネが食べてみたくて。
 
フランス語が読めないので、
こんな買い物にも一苦労。 
オリーブたっぷりのペンネ。 

ごはんを食べた後は、ローズのバスソルトを入れたお風呂でぼんやり。

約2週間にわたる買いつけの旅では、
節約を意識しないとお金が湯水のように消えてしまうので、
毎晩、スーパーのお惣菜でもがまんするけど、ホテルだけは、
なるべくバスタブつきの部屋を取るようにしている。

共同シャワーの部屋のほうが安いのはわかってるんだけど、
日本人の血なのか、肉体労働のあとのお風呂だけは、はずせなくて。


お風呂あがりに、ローズの香りのマッサージオイルで、さらに幸せ充填。
なんて素敵な香りなんだろう…!
もっとたくさん買いだめしておけばよかったなぁ。


今日は、時間に余裕があるので、
この旅でよくつかうフランス語を復習したり、
今日歩いた道を地図でふりかえったりと、
ひさしぶりに、のんびりと過ごすことができた。

↓画像クリックで拡大します。
今日あるいた道を、地図で眺めたり。

明日は、朝10:45のバスで、次の村に向かおうかな。


22:00 就寝。
ひさしぶりに、たっぷり眠れる!



前へ < 旅日記 ホーム > 次へ