ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月5日(木) 7-2. アヴィニョン!


14:15 ホテルに荷物を置いて、アヴィニョン探検に出発!

↓画像クリックで拡大します。
ホテル近くの町並み。 こんなふるーい建物がたくさん。 

ふるい建物が並ぶ素敵な町並みにどきどきしながら、
まずは観光案内所へ行き、明日のバスの時刻表と、
アヴィニョンの地図をもらった。

これでひと安心。



アヴィニョンは、その交通の便の良さから
南フランス観光の拠点とされることが多く、
ホテルもいくつかあるけれど、町自体は本当に小さく、
町をぐるりと囲む城壁の長さも4.3kmというから、
一日あれば、じゅうぶん見てまわれそう。

ホテルや観光案内所などの主要施設は、
ひとつしかない大通りに面しているので、
地図なしで歩いていても、帰れなくなることはない。



大通りには、かわいらしいケーキ屋さんや、
ショコラティエなどのこじんまりとしたお店と一緒に、
何フロアもある大きな洋服チェーン店やスーパーなども並んでいるのだけど、
どのお店も、似たようなふるい建物の中に入っているので、
一見すると、小さなお店ばかりが並んでいるように見えて、かわいい。


↓画像クリックで拡大します。
カラフルなキャンディーがいっぱいのお店。 

映画に出てきそうなかわいいお店を発見!


そのすぐ近くには、
日本でも愛用しているスーパーの「カルフール」があったので、
おもわず、サンドイッチを買ってしまった。

↓画像クリックで拡大します。
食べ歩きにぴったりのサンドイッチ。 

食べごたえのあるハードなフランスパンに、
厚切りハムとカマンベールチーズがたっぷり。
おいしーい!!


サンドイッチをほおばりながら、
町の南端から北のほうへと、大通りを歩いていくと、
大きな広場に突き当たった。


↓画像クリックで拡大します。
広場へ向かう人たち。  広場に面したお店。 


広場を取り囲むように、
テラス席のあるカフェなど、
かわいらしいお店が並んでいる。


広場の一番目立つところにある大きな建物は、
『HOTEL DE VILLE(オテル・ド・ヴィル)』と書かれていた。
市役所だ。


↓画像クリックで拡大します。
立派な市役所。  市役所前のメリーゴーランド。

市役所の前には、メリーゴーランド。

そういえば、パリのモンパルナスの駅前でも、メリーゴーランドを見たっけ。
日本では、遊園地以外の場所で見ることはないので、なんだか新鮮だ。



広場の横の細い通りを抜けると、
1309年につくられた、有名な『法王庁』が見えてきた。

↓画像クリックで拡大します。
この通りを抜けると…。  法王庁!大きい! 

なんて大きさ!
人があまりに小さく見える。

なんとなく、だけど、
キリスト教のとってもえらい人が住む宮殿というと、
さっき見た市役所をゴージャスにしたような、
白を基調にした、もっときらびやかな建物だと思ってたなぁ。

この大きさには、ただただ圧倒されるばかりだけど、
思ったより飾り気がないのが、意外だった。

↓画像クリックで拡大します。
広場をはさんで、正面から。 
 
法王庁の向かいにあるお店。
 
増改築を繰り返した、不思議なバランス。  地中海の対岸の雰囲気もあるような。 


午後からの観光で、あまり時間がないので、
内部の見学は、なし。

そのまま、アヴィニョン橋のほうへ向かう。



前へ < 旅日記 ホーム > 次へ