ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月5日(木) 7-1. 憧れの南フランスへ


06:45 起床。
今日はいよいよ、南フランスへ向けて出発する日だ。

部屋のあちこちに出しっぱなしになっていた仕事道具や、
発送しきれなかった商品を、どうにかスーツケースに押しこんで、
お世話になったホテルを後にする。


重い荷物を抱えているので、
TGV(長距離列車)の出るリヨン駅までは
最寄り駅からタクシーで行くつもりだったのだけど、
いくら探しても、タクシー乗り場がみつからない。

地元の人たちに聞いてもわからず、
みんなそろって「地下鉄で行ったほうがいい」と言うので、
おとなしく地下鉄を乗り継いで行くことにした。

30kg以上あるスーツケースを持って、
ひたすら、階段をのぼっておりて、のぼっておりて。

タクシー乗り場の場所を調べてこなかった自分をうらむ。



09:35 どうにか駅に着いた。

持参した切符のコンポスト(刻印)がうまくできなくて、
そばにいた人に助けてもらう。

ちゃんと指定席の切符まで持っていても、
この刻印をしていないと、
とんでもない罰金を取られると聞いていたので、
必死でアピールして教えてもらった。


↓画像クリックで拡大します。
TGVの乗り場付近。 柱についている黄色い機械が、刻印機。


はじめて乗るTGV。
2階席の窓際で、眺めは抜群!

↓画像クリックで拡大します。
パリから少し離れれば、もうこんな景色。  本当に寒い年で、雪がたくさんつもっていた。 


外国の乗り物では、つねに気をはっている私だけど、
人の多くない、のんびりとした長距離列車で、
まわりのお客さんも眠っていたので、
つられてうとうと…。

たまに目を覚ましては、
見慣れない景色をカメラにおさめていく。


↓画像クリックで拡大します。
川のむこうに見えた、不思議な煙突群。 


パリを離れ、雪の丘をぬけて、
リヨンの街を通りすぎ、いよいよアヴィニョンへ。


↓画像クリックで拡大します。
こんな電車で来ました。 


次なる目的地の村へは、
このアヴィニョンからバスで行くことになるのだけど、
はじめての南フランスなので、
今日はここで一泊することにしていた。


「アヴィニョン橋の上で」の歌で名前を知っている程度で、
なんの前知識もないままアヴィニョンへ来てしまったけれど、
電車を降りてみると、城壁に囲まれた、
小さくて愛らしい町並みに心が躍った。


↓画像クリックで拡大します。
こちらがアヴィニョン中央駅。 駅からの眺め。かわいい! 

まったく期待もしていなかったのに、なんて愛らしい町!


用意しておいた地図を頼りに、
予約してあるホテルへ向かう。

フロントでは、英語がまったく通じず、
フランス語会話の本をつかって、
かなりがんばって手続きをすることになった。

ついでに、朝食の場所と時間と、
インターネットの使い方も聞いておく。


すっかり汗だくだったので、
とりあえずシャワーを浴びてから、
アヴィニョン探検に出発!




前へ < 旅日記 ホーム > 次へ