ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月3日(火) 5-5. 贅沢と事務の夜


15:00 カフェでの軽食は不満だったけど、
その後に買い食いしたクレープに元気をもらって、
後半戦もがんばろう、と思う。

今日の買いつけは無事終わったので、
この後は、事務作業と、撮影と、梱包。


暗くなってしまう前に、スーパーに寄って、
今晩の夕食やおやつと、自分用のお土産をいくつか買っておくことにした。

こちらでの生活にも少し慣れてきたので、
今日は、ちょっと贅沢をしてみることに。

対面販売のお惣菜コーナーで、
大きなオマールエビがかわいい、ちょっとリッチなお惣菜を買い、
チーズコーナーでは、専門のスタッフに相談しながら、
オススメのチーズを教えてもらってひとつ買った。

慣れないフランス語での買い物は肩が凝るけど、
せっかくの機会だし、どんどんチャレンジしなきゃ。
こんな遠くまで来て尻込みしてたら、もったいない!


買った物は、
お惣菜に、チーズ、スモークサーモン、マッシュルーム、サラダ野菜セット、
お土産&おやつ用のお菓子と、フランスらしいカップスープの素、
さっきおじさんにもらって嬉しかったボンボン、などなど。

↓画像クリックで拡大します。
スーパーでいろいろ買ってきた。
 
旅先ではいつも、自分でサラダを作る。
 
おいしそーう!
 

おじさんオススメのチーズ。
陶器の容器もかわいい。
 
旅のお楽しみのひとつは、
格安で買える外国食品たち!
 



ついでに、朝のパン屋さんにも寄り道。

こんなにパンがおいしい国だもん、
いくらだって食べてみたい!

こちらでは、大好物の特大パン・オ・ショコラと、
ブラウニーのようなチョコケーキと、
アマンドショコラに、大きなカフェラテをテイクアウェイ。

寒いので、カフェラテを飲みながらホテルに戻った。

↓画像クリックで拡大します。
どのパンも、ほんとにおいしそう!
 
大好物のパン・オ・ショコラは、
旅の間、毎日だって食べたいぐらい!
 



ホテルに戻ると、まだ明るかったので、
すこし撮影を済ませておく。

ささっと洗濯を済ませ、
洗濯物を乾かしながら、
帳簿をつけたり、残りの予算を計算しなおしたり。

重い荷物を持ちすぎて肩が悲鳴をあげていたので、
とりあえずカイロを貼っておいた。

事務作業をしているとおなかがすいてきたので、
たくさんあるスモークサーモンをちょっぴりつまみ食い。

一口食べた瞬間、思わず「うま!」と叫んでしまうほど、
とにかくおいしかった。なにこれ!

冷蔵庫のない生活だし、いつも残してしまうから、
今回は傷む前に…と、ついついパクパク。

あまりのおいしさに食べつくしてしまいそうだったから、
あわててサラダに仕立てた。

↓画像クリックで拡大します。
スモークサーモンとマッシュルームのサラダ。
 

すっかり旅慣れたもので、
紙皿も、フォークやスプーンも、
使いきりのドレッシングや塩・こしょうも、持参済み。

自分のペースでやれると、一人旅は楽しい。



19:15 撮影&税関用のリスト作り、終了!

↓画像クリックで拡大します。
本日の戦利品たち。味わいたっぷり♪
 

予想以上にアイテム数が増えていて、
用意した3箱には入り切らない気がしてきた。

とりあえず梱包してみて考えよう。
梱包が一番、苦手なんだけど。



割れ物をひとつずつ、プチプチで
これでもかというぐらいぐるぐる巻きにしてから、
商品番号を書いたシールを貼って、
3つの箱に、バランスよく詰めていく。

今回は、いつものような大きな箱ではなく、
「7kgまで詰め放題」という箱を使うので、
重い物ばかりや、軽くて大きな物ばかりの箱ができないよう、
かなり細かく調整をする必要があるのだ。

ざっと詰めては、持参した体重計で重量をはかり、
微調整をして…と繰り返しているうちに、
ふと、箱の表面に書かれた注意書きのようなものに気がついた。

↓画像クリックで拡大します。
んん?フランス語で何か書いてある。
 

"N'oubliez pas de bien coller la bande adhésive"、だって。

ちなみにこの箱、アジア宛の郵便物専用の箱なのに、
これ以外に、英語表記などもなし。まいった!

自慢じゃないけど、フランス語はかじったこともないので、
「adhésive」って、英語の「adhesive」、接着剤のことかな?
というぐらいしかわからない。

荷造りの手を止めて、
手持ちの小さなフランス語辞書とにらめっこしながら、
お手製の情報ノートを調べていくうちに、
おそらく、この郵便のルールのひとつである
「箱の表面にガムテープを貼るな」ということを言っているのだろう、
と解釈して、梱包の続きをすることにした。

(あとで日本に帰って調べたら、違ったらしい!)

買いつけの旅はいつも、
こんな些細なことで立ち止まってばかりで、
時間と体力がいくらあっても足りないや。



20:30 あーもう、どうがんばっても3箱じゃ無理!!

アイロンなんてめちゃくちゃ重いし、
本だけで何kgあるの!?

とりあえず、手持ちの箱に詰めこむことは不可能だから、
あと何箱必要なのかを見極めないと。


疲れもたまってきたので、ごはん休憩にすることに。
部屋は散らかり放題だけど、とりあえず休みたい。

↓画像クリックで拡大します。
梱包中の部屋は、いつもこんな感じ。
 

ロビーにある自動販売機の電源を入れてもらって、
オレンジジュースを買い、夕食にすることにした。


本日のメニューは、
"Entrée manuelle"…オマールエビの前菜に、
"Fromage au lait cru"と書かれたチーズ、
スモークサーモンとマッシュルームのサラダ、
特大パン・オ・ショコラ、
Oranginaという、フランスではおなじみのオレンジジュース。

↓画像クリックで拡大します。
贅沢ごはん。
 

あまりお肉を食べない、お酒も飲まない私には、
これぐらいがちょうどいい贅沢。

悩みに悩んで選んでもらったチーズは、
残念ながら、あまりににおいがきつくて、
日本人にしては相当なチーズ好きの私でも
ほとんど口にできなかったのだけど、
オマールエビのほうは、プリプリとしていて本当においしかった。

夕方につまみ食いをしたせいか、
疲れがたまりすぎているのか、
全体的に、思ったほどは食べられなかったけれど、
それでも「ちゃんとおいしいごはんを食べた」という満足感は大きい。


疲れがたまっていて、かなり眠いけど、
まだまだ作業は続きそう。



22:30 なんとか、7kgの箱を3つ作れた。
重量調整がこんなに大変だったなんて!

↓画像クリックで拡大します。
腰の高さまで積み上げられた、
愛すべきアンティークたち(の一部)。
 

残りは、古書だけで4.2kgに、鉄製アイロンが2.4kgに…って、
これだけでもう6.6kgかぁ。

大きさ的にはあと1箱でいいんだけど、
重量的に、あと2箱は必要みたい。
明日買ってこないと。


次は書類作り。
限界まで眠いけど、なんとかがんばろう…。



23:35 3箱分の書類ができた。

国際小包用の書類なのに、
フランス語の説明しかついてないとか、
不親切にもほどがある!

イギリス買いつけでは辞書なんて使わなかったのに、
念のために持ってきたフランス語辞書を、
こんなに使うことになるとは。


明日は、この3箱を発送したついでに追加の箱を買って帰って、
急いで梱包してからもう一度発送。
その後、B.H.V.へ行って、プチプチを買い足さないと。

なんとなく、南フランスと言えば、食器!
というイメージなので、残り2/5巻では、心もとない。



0:55 やっと寝れる…!

ロングヘアでも5秒で乾くドライヤーがあったら、ノーベル賞をあげたい。
おやすみなさい…。




前へ < 旅日記 ホーム > 次へ