ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月3日(火) 5-3. はじめてのお店へ

蚤の市をあとにし、メトロを乗り継いで、
今回初挑戦となる、デッドストックのキッチンアイテムのお店へ。

いつも、はじめてのお店に買いつけに行く時は、本当にドキドキする。

高い旅費を使って組み上げた、
半日だってムダにはしたくない、
貴重な貴重な旅先での時間なので、
空振りに終わることだけは、避けたくて。

今回行くお店も、いつものように、
たまたまインターネットで情報をみつけただけのお店なので、
実際にどんなアイテムがあるのかわからなくて、
期待半分、不安半分。


お手製の地図を頼りに、
「ほんとにこんな街中にお店があるのかなぁ」と不安になりつつ、
オフィス街の裏通りのような小道を歩いていく。

↓画像クリックで拡大します。
本当にこの先に古道具のお店が…?
 

それにしても、今日はいい天気!


やっとみつけたお目当てのお店は、やさしいマダムのいる、
小さな倉庫のような、一般のお客さんはなかなか入ろうとしなさそうな
いかにも業務用っぽい雰囲気のお店だった。

アンティークにこだわらず、
アンティーク風のアイテムも扱っているようなので、
しっかり見ていく必要があるけれど、
全体的に、お買い得なアイテムが多くて、ほっとする。

デッドストックもの中心なので、
おなじデザインのアイテムをいくつも並べてあることもあるので、
ひとつひとつ、コンディションを見ながら、
なるべく状態の良いものを選ばせてもらった。

大きなお皿やシルバーのシュガートングなど、
実用的なテーブルウェアに混じって、
ドールハウスに飾れそうな小ささの
ミニチュア鍋をみつけて、大興奮!!

あまりにかわいいので、
他のお客さんには申し訳なかったけれど、
その場にある分、全部を買い占めさせていただいた。

これは、自分用にも3つぐらい欲しいなぁ。
でも、そんなに数があるわけじゃないし、ガマンガマン…。


マダムはフランス語しか話せなかったけれど、
値段を聞いても、ひとつひとつ丁寧に、
「ひとつだとこれだけだけど、2つ買ってくれたらこれだけにするわよ」などと、
紙に数字を書いて説明してくれたので、
とても買い物がしやすかった。

それにしても、フランスの小さなお店はどうして、
商品に値札をつけてくれないんだろう。

欲しいアイテムをみつけるたびに、
一点一点、レジまで持って行っては値段を聞くなんて、
ものすごーく効率が悪いと思うんだけど…。


こちらのお店では、かわいらしい物はいくつもみつけられたものの、
全体的に、ちょっとゴツゴツしすぎかな、と感じるデザインの物が多くて、
好みに合うものを見つけ出すのは、なかなかむずかしかった。

買いつけとしては、空振りではないけれど、
また来るかと言われると、微妙なところかも…。



そろそろ荷物がいっぱいなので、ホテルに一度戻ることにする。

ここからホテルまでは、メトロを何本も乗り継がないと帰れないのだけど、
ふとバス停の看板を見てみると、ホテルの最寄り駅を通るバスが出ていたので、
思い切って、パリのバスに初挑戦してみることに。

あんなに気をつけて、地面ばっかり見て歩いていたのに、
バス停まで歩く間に、ついに犬の落し物をカートで踏んでしまった。

どこまで歩いてもついてくるにおいに、泣きたくなる。

パリは本当に本当に美しい街だけど、
この落し物の多さだけは、どうしても納得がいかない。

こんなに綺麗な街を、どうしてもっと大切にしないんだろう。

バスの中にまでにおいを連れていくことになって、
私が落としたわけでもないのに、なんだか申し訳ない気分になった。


↓画像クリックで拡大します。
バスの中から眺める景色。
 

はじめてのバスはいつも緊張するけれど、
一度乗ると、その便利さと眺めのよさに、すっかり夢中になってしまう。

今回も、重い荷物を持って階段を何度も上下することなく、
綺麗な街並みを眺めながら、見慣れた駅前まで無事に帰ることができた。

ヨーロッパのバスは、アナウンスがないことが多くてちょっぴりハードルが高いけれど、
行き先がよく知っている場所なら、
景色を見ながら降りるバス停を探せばいいから、
けっこう簡単なのだ。


前へ < 旅日記 ホーム > 次へ