ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月3日(火) 5-2. 市場で買いつけ!

地下鉄を乗り継いで、地元の人が集まるマルシェの片隅にある、小さな蚤の市へ。

↓画像クリックで拡大します。
川の上にある駅から。
 

ここは、普通ならバイヤーが買いつけにくるような場所ではないのだけど、
プロ対プロの取引が多い、大きな蚤の市と違って、
昔ながらのフリーマーケット的な、地元の人のおうちにあったものを
直接買えるアットホームな雰囲気が気に入っている。

色とりどりの野菜や果物が並ぶマルシェを通り抜けて…。

↓画像クリックで拡大します。
毎日の食材をこんな露店で買えたら、
お料理がとっても楽しいだろうな。
 
見たことのない野菜がいっぱい!

お目当ての蚤の市は、小さな小さな広場で、今日も開催されていた。

早速、前回もお世話になったお店で、古書をあさる。

ここは、古本と呼べそうなまだまだ綺麗な本から、
1800年頃の本まで、バラバラに並べられているから、
気になった本は片っ端から手に取って調べていく。

前回は、手荷物で運べる分しか買えなかったけど、
今回は、たくさん買ってたくさん送るつもり。

両手で持ちきれないほどの古書を買って、
持参したリュックに一生懸命詰めていたら、
店主のおじさんやお客さんまで、手伝ってくれた。うれしい!


次は、ポストカード専門店。

前回のおいじいちゃんのお店が出ていなくて残念だったけど、
今日も、素敵なポストカードが何百枚もあるお店に出会えた。

どっさりとポストカードが入った箱の前に陣取って、
一枚一枚目を通しては、日本で人気がありそうな絵柄の物をピックアップしていく。

エッフェル塔モチーフのものがほしいんだけど、
やっぱりこちらでも人気があるみたいで、なかなかみつからない。

気温0度のパリの街角で、手袋をはずしたままポストカードをめくっていたら、
だんだん手が動かなくなってきたので、適当なところで切り上げた。

買ったばかりのポストカードを束ねて、
折れ曲がらないように、バッグの中にそーっとしまっていたら、
店主のおじさんが、「マドモワゼル、ボンボン食べる?」と聞いてきて、
飴をひとつわけてくれた。うれしい!

↓画像クリックで拡大します。
ボンボンもらっちゃった。 

ここの市場は、本当に地元の人しか来ないせいか、
一目でアジア人とわかる私に、お店の人もお客さんも、みんな優しい。


次の、ポットを買ったお店でも、
「マドモワゼル、こんなのもあるよ。これは?こんなのは?」と、
ぼろぼろ感が素敵なアンティーク糸や、ドイリーなど、
女の子が好きそうなものを、次々と出してきてくれて、
私が欲しいと言ったものを全部まとめて、セット価格で売ってくれた。

アイテムを見ている合間に、「日本語でMerciはなんて言うの?」と聞かれたので、
「ありがとう」を教えてあげると、店のおじさんも、横で見ていたお客さんも、
声を揃えて何度も何度も、楽しそうに「アリガート!」と連呼してはしゃいでいた。

ほんと、びっくりするぐらいアットホームな蚤の市。
私はこのムードが大好きで、お店の数は多くはないのに、また来てしまう。


何軒目かのお店を見ている時に、
流暢な英語で、若いムッシューに声をかけられた。

話を聞くと、クリニャンクールの蚤の市の中にお店を持っているディーラーさんで、
今日は掘り出し物を探して買いつけに来たらしい。

お店の名前や場所をメモしてくれて、
「買いつけだったら、他にもあそこがいいよ」などと、
いくつか、地元の人ならではの情報を教えてくれた。ありがたい…!

良かったらコーヒーでも飲みながらもっと話を、と言われたけれど、
次の予定があったので遠慮させていただいた。


小さな蚤の市なのに、今日も朝からほんとによくしゃべったなぁ。

 
前へ < 旅日記 ホーム > 次へ