ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月3日(火) 5-1. パン屋さんの朝ごはん

2:10 携帯が鳴って目が覚めた。
日本からの電話のようだけど、心当たりがなかったので、無視して眠る。
海外ローミング中は、ヘタに電話に出ると、とんでもない金額を請求されるから。

夜中、ありがたいことに、お店への受注メールもいくつか届いて、
そのたびにメールを確認だけして、また眠りについた。

時差があるせいで、夜中のメールのたびに起きてしまうのはつらいけど、
こんな風にフランスで買いつけをしている間にも注文をくれるお客様がいて、
メッセージ欄に「買いつけがんばってください」って書いてくださる常連さんがいて、
なんて幸せなお店なんだろうと、しみじみ思う。


7:00 起床。まだ眠いよぅ。
とりあえず、みかんを2つと、ボンヌママンの小さなレモンタルトを1つ食べた。
今日は朝食を用意し忘れちゃったから、どうにかしなきゃ。

今日は、パリ在住の人のブログで紹介されていた、手ごろに朝食が食べれる、
『BRIOCHE DOREE』というパン屋さんのチェーン店に行ってみようかな。


8:50 荷物をまとめて、出発!
パリの街も、ようやく明るくなりはじめた。

↓画像クリックで拡大します。
モンパルナスの駅前。 大人びた街並みが素敵。

ヨーロッパに来ると、何気ない風景のひとつひとつが、
映画のワンシーンのように美しくて、思わず見とれてしまう。
こんなところで育ったら、美的感覚もそりゃあ磨かれるんだろうなぁ。

パン屋さんの外観は、事前に『Google ストリートビュー』で見ていたので、
すぐにみつけることができた。

店内で、タルト・オ・ポンムと、大好きなパン・オ・ショコラと、紅茶を注文。

スタッフのお兄さんは、私がフランス語に堪能でないことがわかると、
紅茶の種類を聞くかわりに、たくさんあるティーバッグを全部見せて、選ばせてくれる。
イギリスでおなじみのTetleyに赤色があったので、めずらしくてそれにした。

↓画像クリックで拡大します。
本日の朝食でーす。 『ポム』が、フランス語で『リンゴ』。
ひとーつずつ、自然に単語を覚えていく。
 
お店のロゴ入りの小袋がついていた。
なんだろう?
かわいいチョコレートがでてきた。うれしい!

チェーン店のパン屋さんだけど、パンがほんとにおいしい。
これで5.75ユーロ(約690円)なら、8ユーロ(約960円)のホテルの朝食よりいいなぁ。
何より、好きなパンが選べるのが嬉しい!

言葉もわからなければ、勝手もわからない異国だけど、
来るたびに少しずつ、度胸も知識も増えて、できることがひろがって、
狭い範囲でだけど、いろいろ自由にできるようになってくるのが、
子供の頃から外国に憧れていた私には、楽しくってしょうがない。

おなかもいっぱいになったので、また地下鉄を乗り継いで、
前回も訪れた、地元の人が集まる、小さな小さな蚤の市へ向かう。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ