ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月2日(月) 4-2. パリ市内で買いつけ

B.H.V.を出て、いよいよ、買いつけ予定のお店が集まっているエリアへ向かうことに。

パリの個人商店の朝はのんびりなので、早起きしても、
結局こうやって11時頃まで時間をつぶす必要があるのだ。


あんなに積もっていた雪は、すっかり溶けて、
石畳の歩道は、じゃりじゃりとしたみぞれが残る、すべりやすい状態になっていた。

ちょっと歩きにくいけど、地下鉄に乗るほどの距離でもないし…と、
バス通りに沿って、てくてくとひたすら歩く。

↓画像クリックで拡大します。
こんな日は、2階建てバスも、閑古鳥。 大好きなパン屋さん、みーつけた!


通勤中らしきパリっ子たちに混ざって歩きながら、ついでにきょろきょろ。

そう言えば、こっちに来てから、スーツを着ている人を見ていない気がする。
日本なら、スーツ姿の人を見ないほうが難しいくらいなのに。

こっちの人は、事務の人も、販売の人も、ガードマンも、
とにかくみんな、カジュアルな格好をしている。
みんながスーツを着ているのって、日本独特の光景なのかなぁ。

…なんて考えながら、あっちのお店をのぞいたり、こっちのお店をのぞいたり。
大好きなパン屋さん・PAULのお店の前では、思わず写真を撮ってしまった。

PAULは、日本の支店も本当にお上品でオシャレだけど、
やっぱり、こっちのお店のほうが、街並みにも似合っていて、素敵だなぁ。



何度か地図を確認しつつ、無事にお目当てのエリアに着いた。

前回も来た、お気に入りのお店で買い物をする前に、
他にもいいお店がないかと、片っ端からショーウィンドウを見てまわる。

パリには、アンティークを扱う小さなお店はたくさんあるけれど、
美術品だったり、大工道具だったり、装飾品だったり、ペーパーアイテム専門だったりと、
ひとことで「アンティーク屋さん」と言ってもいろんなお店があるので、
いくら事前に下調べをして、それらしきお店をみつけておいても、
最後はこうして、自分の感覚に合うお店を、足で探すしかないのだ。


せっかくここまで来たんだから、と、裏路地の奥にあるお店までしっかりのぞいて、
ほんの2畳ほどの、小さいけれど愛らしい物でいっぱいのお店など、
いくつかの買いつけ先を新規開拓することができた。

↓画像クリックで拡大します。
路地のむこうに、どんなお店が待っているんだろう。 


楽しみにしていたいつものお店は、英語の通じるマダムのかわりに、
フランス語しかわからないムッシューがお店番をしていた。

でも、ここまで来て、探している物をいろいろあきらめるなんてできない。

値札のないものは、ひとつひとつ値段を聞きつつ、
カタコトのフランス語と、フランス語会話の本を使って、
「こんなのを探してる」とか、「これがもっと欲しい」だとか、
希望を言ってみると、ムッシューは誠実に、それに応えてくれるばかりか、
そのうちに、「マドモアゼル、ここにもあるけどどう?」だとか、
私のほしがりそうな物を見せてくれたりもした。

買いつけにもすっかり慣れて、商品と価格を見て、
「買う・買わない」の判断がどんどんできるようになったので、
「それはいらない」とか、「それは何個でも欲しい」だとか、
ハッキリと言えるようになったので、とんとん拍子で仕事が進む。

そんなこんなで、お店の隅々まで自分の目で見て、
さらに店頭に並んでいないものまで出してもらって、大満足の買いつけができた。

やったー!


ここでいったん、このエリアでの買いつけは、おしまい。

何件かのお店をはしごして、気がつけば、
両手が引きちぎれそうなほど、荷物が増えていた!

予定では、このまま運送会社に寄るつもりだったけど…
この重さでは、地下鉄に乗ってホテルに帰ることすら、できそうにない!

すっかり溶けてしまった雪ですべりそうになるのをこらえながら、
ちょっと歩いては、乾いた靴の上に荷物をのせて一休みして…を繰り返して、
どうにか、タクシー乗り場までたどりついた。


むずかしいフランス語はわからないけれど、
運転手さんにホテルの地図を見せて、にっこりと「シルブプレー」。
笑顔とこの言葉があれば、フランス旅行はなんとかなる(と思っている)。


無事にホテルに着いて、試しに荷物を計ってみたら、商品だけで13.3kgもあった。
重いわけだ!

↓画像クリックで拡大します。
買った買った、重かった〜!


さすがに、どっと疲れた。

買いつけがすごくはかどって、嬉しいけれど、
今晩の、商品リスト作り&撮影&梱包が、おそろしい…。

予定以上にはかどった買いつけのおかげで、
現金も予定以上に、残り少なくなってしまったので、
あらためて、今後のプランを確認してみる。

今日の買いつけで、たくさん買いまくった最後のお店で、
使えるはずのクレジットカードを断られたのが、痛かったなぁ。

カード払いだと手数料がかかるせいか、こんな風に突然断られることがあるから、ちょっとこわい。


でも、今日の買いつけは、すごく楽しかった。

フランス語しかわからないマダムが、
わたしの指差し本も使って、一生懸命に、
商品の説明をしてくれたり。

私のほうも、ちょっとずつ、ちょっとずつ、理解できるフランス語が増えてきた。

今回の旅の後半は、より英語の通じにくい地方へ行くから、
今のうちからできるだけ、カタコトでも話せるようになっておかないと。


15:00 おなかがすいたので、買っておいたミカンを2つほど、ぺろり。

↓画像クリックで拡大します。
見た目は日本のミカン、味はオレンジ。
甘くておいしい!

運送会社は17時までだから、今から行けば間に合うんだけど、
ものすごーく、面倒に感じる…。

本当は、運送会社の大きな箱で送るほうが安いんだろうけど、
今後のためにも、郵便局の小包で、小分けにして送ってみようかなぁ。
郵便局を使いこなせないと、地方での買いつけができないし。
よし、とりあえず、郵便局に行って、箱を買ってみようっと。


前へ < 旅日記 ホーム > 次へ