ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月2日(月) 4-1. 大寒波のパリ

7:00 起床。よく寝た〜!
寝返りも打たなかったようで、腰がちょっと痛いけど、昨日よりはずっと元気。よかった〜。

なんだか外が暗い気がして、カーテンを開けてみると、窓の外は、一面の銀世界…!

↓画像クリックで拡大します。
しん、と静まりかえった、
まるで夜中のような、雪のパリの朝。
お店のライトだけが雪を照らして、
なんだかミニチュアの世界みたい。


ガイドブックには、パリでは雪が積もるのはめずらしいって書いてあるのに、
これも、22年ぶりとも言われる大寒波の影響なのかなぁ。

めずらしい、雪化粧のパリが見られるのは嬉しい気もするけれど、
今日は、パリ市内をまわっての買いつけの予定。

重い荷物はキャリーカートで運ぶ予定だったのに、これじゃ厳しいかも。
でも今日は、本命とも言えるお店をまわる予定。がんばらないと!


今日は朝食を用意していなかったので、ホテルの朝食を頼んでみることにした。

電話ごしでは、語学力的に、ちゃんと伝わるか不安だったので、
フロントまで降りていって、受付のお姉さんに、朝食をオーダー。

すぐに部屋に戻ろうとしたけれど、一台しかない小さなエレベーターは、
地下一階まで降りては、たくさんの朝食と、それを運ぶスタッフの人で満員状態であがってきて、
いくら待っても、フロントのある一階からは乗れなかったので、
あきらめて、また階段で7階まであがることにした。

息を切らして、なんとか部屋の前に着くと、
私の朝食を持ったスタッフが、誰もいない私の部屋の前で、困った顔をしていた。
まさかとは思ったけど、本当に朝食に追い越されるとは!



運んできてくれた朝食は、クロワッサンに、小さなバゲット(フランスパン)、
DANONのヨーグルトに、あたたかいコーヒーと、オレンジジュース。
それに、マーガリンと、桃のジャムのセットだった。

↓画像クリックで拡大します。
ちょっと贅沢?に、ホテルの朝食。

これで7.5ユーロ(約900円)と思うと、
近くのパン屋さんで自分で買うのに比べて割高に感じるけど、
この寒い季節に、あたたかいコーヒーが飲めるのは、嬉しすぎる!

パンはどちらも、しみじみおいしかった。
桃のジャムも、紅茶で煮たような、不思議な香りがしておいしかった。

でもやっぱり、ちょっと物足りない感じがしたので、
夕食の残りの、麦のサラダも食べた。主食ばっかりだけど。
せめてあと、チーズか何かがあればいいのにな。



今日の予定は、地下鉄を乗り継いで移動して、
まずはB.H.V.(東急ハンズみたいな大きなお店)で梱包材コーナーを下見してから、
お気に入りのブロカントショップで、ひたすら買いつけ。

そのあと、事前に問い合わせをしていた運送会社に寄って、
集荷の依頼をして、発送に使う箱を買って帰る…というプラン。


荷物も多くなりそうだし、とにかくたくさん歩く予定だしで、
キャリーカートを使う予定だったけれど、
本格的に雪が積もっていて危険そうなので、
今回は、リュックサックだけで行くことにした。


9:30 いよいよ出発だ〜!


メトロで、B.H.V.の最寄り駅まで行くつもりだったけれど、あと一駅だけ乗るために、
信じられないくらい歩いて乗り継がないといけないことがわかったので、
ひとつ手前の駅で降りて、歩くことにした。

ところが、地上に出てみると、なぜか地図とはぜんぜん違う場所。

そっか、とんでもなく大きな駅ってことは、
出口によってぜんぜん違う場所に出るってことだ!
よりによって一番遠い出口から出てしまうとは…がっくり。

建物の間から見える空が小さくて、パリの中でも都会へ来たんだなぁ、と思う。

↓画像クリックで拡大します。
みぞれのように解けた雪。 まだまだ足が沈んじゃう。 市内あちこちにあるレンタサイクルも、
今日は開店休業状態かな?

雪は随分溶けてきているけれど、まだまだ、歩くたびに、足が雪に沈む。
念のために、雪山ハイキング用の防水靴にしておいて、よかったぁ〜。
でも、滑り止め加工つきのこの靴でも、結構すべるなぁ。

このあたりは、はじめて歩く上に、特に予習もしていなかったので、
いかにも有名そうな建物がいくつかあるけれど、さっぱりわからない。

買いつけの旅には慣れてきていても、相変わらず、
観光名所はさっぱり知らないまんまだ。
もうちょっとだけ、知っておきたい気もするんだけど。

↓画像クリックで拡大します。
葉っぱの落ちた木が、ガサゴソ動いた。
 
こんな風に、ごはんをもらっているみたい。
遠くに見えるあの建物、
名前が知りた〜い!
一生懸命、案内板を読んでみたり。 かなり迷ったけど、ようやくみつけたB.H.V.!


10:20 かなり迷ったけど、なんとかB.H.V.に着いた! 遠かった〜!

B.H.V.は『東急ハンズみたいなお店』とは聞いていたけれど、まさにそんな感じ。
大工道具から、クラフト用品、グッドデザインな生活雑貨まで、
一日中眺めていたくなるようなわくわくする物がたくさん揃っている。

クラフト好きの私は、思わず自分用にあれこれ買いたくなったけれど、
フランスって、とんでもなく文具類の物価が高いので、
そう簡単には手が出せないのだ…。

梱包に使う段ボールやエアパッキンもみつけたけど、高いなぁ…。
とは言え、こっちで使う分すべてを日本から持ち込むなんて不可能だし、
どこかで買うしかないんだけど。

フランスと言えば、ル・クルーゼのお鍋が安かったりしないのかな?と
キッチンコーナーを見てみたけど、日本で買うのと変わらないくらいの価格だった。
あの重い鍋を日本まで送るのには、かなりの送料がかかりそうだし、
おとなしく日本で買ったほうがいいのかぁ…と、ちょっとがっかり。


前回の買いつけでみつけた、
「アンティーク風」だけどすっごくかわいい生活雑貨を扱っているお店が、
B.H.V.の中にも小さなコーナーを持っていたので、嬉しくなって、たくさん眺めた。

やっぱり、日本の「アンティーク風」より、ずっと本格的だなぁ。
意外と値段が張るし、お店で扱う予定はないけど、お土産には良さそう。


…と、たくさん見ているうちに、早くも足が疲れてきたので、
館内にあるカフェで一休みすることにした。

注文のときに、一生懸命勉強した簡単なフランス語が通じて、にっこり。
こういうの、やっぱり嬉しいな。

店内が見渡せるソファに座って、
梱包材の品揃えなどの下調べの成果をメモしたりしながら、
次のお店が開く時間まで、のんびり休憩した。

↓画像クリックで拡大します。
下調べの成果をメモしつつ、一休み。 みんな思い思いにくつろいでいる。


ポットで出してくれたティー・オ・レが、
カップに3杯分もあったので、すっかりおなかいっぱい。

B.H.Vでは、結局なにも買えなかったけれど、とにかく楽しかった〜!


前へ < 旅日記 ホーム > 次へ