ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月1日(日) 3-4. パリからインターネット

おなかもいっぱいになったし、日本へ連絡が取りたくて、
事前に調べておいた、無線LANが自由に使えるスポットへ。

パリでは、市内約400ヶ所の公共施設(公園・図書館・市役所など)において、
無線LAN対応のノートパソコンなどを持ち込めば、
誰でも無料でインターネットができる、公衆無線LANサービスが提供されているのだ。

私の宿泊しているホテルから、歩いていける範囲内にも、
ひとつだけ、公衆無線LAN対応の公園があったので、
地図を頼りに、そこへ向かってみた。


大きな教会の隣にある、柵で囲まれた広場が、その公園らしい。

公園でノートパソコンなんて広げて大丈夫なのかな…と不安になりつつ、
設定をいじってみたり、公園の中をうろうろしてみたりして、
なんとか、インターネットに繋ぐことができた!

↓画像クリックで拡大します。
公園が見えてきた。
柵で囲まれているのが、見慣れない。 
B5サイズのミニノートPCを持参。  インターネットに繋がった!

接続が安定したところで、日本に、
Skype(PCで使える電話ソフト)で、テレビ電話。

リアルタイムで声が聞けて、顔まで見えるのに、
一切お金がかからないなんて、すごすぎる!

携帯メールでのやり取りだと、送信・受信ともに、
一通100円もするので、あまり連絡を取れなかったのだけど、
ここぞとばかりに、こっちの寒さのことや、体調が良くないことなど、
たくさん報告して、なんとなくほっとした。

鉄製のベンチが冷たくて、太腿はじんじんするけれど、
ここへ来れば、いつでも日本と連絡が取れるんだ、と思うと、安心。


すっかり元気になって、楽しく話していると、
優しそうな黒人のお兄さんに「マドモワゼル、マドモワゼル」と声をかけられて、
遠くから、フランス語で何かを言われた。

悪い人じゃなさそうなのは一目でわかるけど、
何を言ってるのかわからないし、いいや…と思って、
電話を続けていたら、彼はいったんどこかへ行ってから、
また戻ってきて、さっきと同じように、私に何かを言っている。
どうやら、ほんとに用事があるらしい。

今度はゼスチャーつきの英語で説明されて、納得!
「時間だから、公園の門を閉めるよ」って言ってたんだ!

あわてて電話を切って、「ごめんなさい!」と言いながら、早足で門の外へ。

お兄さんは「いいよいいよ、またね」という感じで見送ってくれた。

公園が閉まるなんて知らなかったから、びっくり!

パリの公園は、柵で完全に囲まれていて、
犬が勝手に入ったりできないようになっているのだけど、
その門に鍵がかけられるようになっていて、
開園時間外は、誰も入れないようになっているみたい。

これなら、深夜に若者がたむろして治安が悪くなったり、
ホームレスの人が住み着いたりすることもないってわけだ。

夜17時で閉まってしまうのはちょっと不便だけど、
一人で夜に出歩くつもりもないし、ちょうどいいかぁ。



ホテルへ戻る前に、公園近くのBIOカフェ(自然派食品のカフェ)に寄って、
フランス語のプライスカードや説明とにらめっこしながら、
スープとプチパンのセットと、穀物のサラダと、あたたかいカフェオレを、テイクアウェイ。

「このカップスープを入れて、ここにあるプチパンのうち2つを持ってきてね」なんて
フランス語だけの説明書きも、ちょっとずつ理解できるようになってきたのが、楽しい!

英語の通じないお店だったけど、店員さんが親切で、
身振り手振りで対応してくれた。

でも、お店を出てすぐに、カフェオレが入っていないことに気づいて、
お店に戻って、レシートと袋を見せて、「お金払ったのに、入ってないよ〜!」と説明。

「ごめんごめん!」という感じで、ちゃーんとあったかいカフェオレを作ってもらえた。
ホテル暮らしでも、こうすればあったかい飲み物が飲める!



一人で外食ができて、ネットもできて、電話もできて、テイクアウェイのごはんも買えて。
やっと、いろんな壁を越えられた気がして、元気が出てきた。
蚤の市をひとつあきらめてでも充電して、よかった!


ほくほく気分でホテルに戻って、今日買いつけた商品の点検。

↓画像クリックで拡大します。
今回はじめて買った、紙ものたち。 このホーローキャニスターが、重かった〜!


18:10 撮影、輸出用のリストアップ、完了。

クリニャンクールの蚤の市は、広すぎて大変だった割には、
あんまり数を仕入れられなかったなぁ。

でも、「かわいい物率」が高いから、やめられない。
蚤の市って、たいてい、こんな感じだ。


買いつけ中は、必死すぎて余裕がないけど、
こうしてあらためて、その日買いつけた商品を眺めていると、
自分好みの物ばかりで、わくわくしてくる。

帰ったら、がんばっていっぱいUPするぞー!


今後のスケジュールを組みなおしたり、資料を整理したりしていたら、
いつのまにか、おなかがすいていたので、軽く夕食。

↓画像クリックで拡大します。
本日の夕食。 押し麦のサラダかな?
穀物を食べると、なんだかほっとする。

スープはすっかりさめちゃったけど、やさしい味で、おいしーい!
モノプリのサンドイッチより、ずっとずっと嬉しいな。

食べ切れなかった分は、明日の朝食にしようっと。



お風呂に入って、歩きすぎてパンパンになったふくらはぎをケア。

入浴後は、ノートパソコンで、お気に入りのNorah Jonesのアルバムを流しながら、
のんびりスキンケアをしたり、髪を乾かしたり。

すっかり、自分のペースを取り戻したみたい。


買いつけの時に、床にある商品を見るのに、
床が石だろうが土だろうが、ついヒザをついてしまうので、
ヒザの皮膚が負けて、お湯がしみる。

重い荷物を運ぶせいで、いつのまにか増えていくアザも痛い。

いつもこんな風に、痛いところを増やしながら、
すこーしずつ、その土地になじんでいく。


22:40 ちょっと早いけど、体調管理のために、もう眠ることにする。

朝あけた使い捨てカイロが、まだほんのりとあたたかい。
長い一日だったのにな。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ