ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月1日(日) 3-3. あたたかいごはん

14:00 ホテル帰着。おなかすいた〜!

すっかり顔を覚えてくれた、フロントのお兄さんが、
「今日はどこへ行ったの?へー、サントゥアン?なに買ったの?」などと、
いろいろと話しかけてくれるので、一人旅の寂しさも、ほんの少しまぎれる。
これでネットさえ使えれば、最高の宿なのにな。

今日はエレベーターが動いていて、ほっとした。
パンパンのカバンを2つも抱えて、地下鉄の階段をイヤというほど上り下りした後だしね。


部屋に戻って、商品が輸送中に破損していないことだけ、確認。
ホーローのキャニスターがたくさんあるから心配だったけど、大丈夫だったみたい。

蚤の市からの帰り道って、いつも不安になる。
まさか、蚤の市会場の真ん中で、プチプチを取り出して梱包するわけにもいかないし…。


はらぺこが限界なので、遅めの昼食を求めて、外出することにした。

やっぱりここは、モンパルナス名物のクレープかな?と思ったけど、
何しろ、フランス語の(しかも個性的な筆記体の)メニューが読めないので、
食事クレープもあるのか、デザート系だけなのかかが、わからない。

やっとみつけた、なんとか読めるメニューのお店は、
「もうオーダーストップだから」と断られてしまった。
そういや、15時って、飲食店が閉まる時間だったっけ…。


もうクレープじゃなくてもいいや、と思ったけど、
ホテルの近くの日本食屋さんも、閉店中。

ちょうどいいや、と思って、メニューの写真を撮らせていただく。

パリには、こんな感じの日本食屋さんが、信じられないくらいたくさんあるのだ。


↓画像クリックで拡大します。
お昼休憩中の、日本食屋さん。 今のうちに…と、メニューを撮影。  

『MENU B』は、『B定食』みたいなニュアンス。 なんだか珍しい串モノも食べられるみたい。  


うろうろしていたら、ホテルのすぐそばのクレープリーが開いているのを発見。
相変わらず、メニューは読めないけど、この際、デザート系しかなくてもいいや。


こんな時間(15時)だけど、店内はお客さんでいっぱい。
ほかのお店が閉まっている時間だから、かえって混むのかな?

英語訳が添えられたメニューをもらえたので、ほっとする。
基本的にフランス語しか通じないこの国では、食事を頼むのにも一苦労だ。

びっくりするくらいたくさんあるクレープメニューの中から、
「チキン&マッシュルーム&チーズ&生卵のガレット(そば粉のクレープ)」と、
大きなサイズのカフェオレを頼んだ。

クレープ一枚で足りるのか、わからないけど、
足りなかったら、また頼めばいいや。

↓画像クリックで拡大します。
まずは大きなカフェオレ。
香りが良くて、おいしい♪
モンパルナス名物の、ガレットでーす。 ペーパーナプキンまで、かわいい!

注文した物が届くたび、大はしゃぎでカメラを構えていると、
そのたびに、隣の席のマダムが、被写体のそばに指を出して、邪魔して遊んでくる。
お茶目な人!

こっちへ来てずっと、手袋をしていても凍えるほどの寒さだというのに、
冷たい物しか口にできなかったので、暖かいカフェオレに、涙が出そうになった。


はじめて食べたガレットは、予想以上にボリュームがあって、
日本でイメージする「クレープ」とはちがって、立派な「食事」だった。

香り高いマッシュルームに、ジューシーなチキンのほぐし身に、
とろりとした卵に、とにかくたっぷりのチーズ・・・おいしかったー!

たったの一枚なのに、最後のほうは、おなかがきつかったや。
大満足!

会計の仕方がわからなくて、愛想の良い店員さんに聞いたけど、
「ちょっと待っててね」と言ったきり、忙しくすぎて戻ってきてくれなかったので、
まわりのお客さんをよく観察して、レジで支払った。


言葉がうまく通じない国で、一人でお店に入って、ごはんを食べる。
些細なことだけど、一仕事終えた気分!

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ