ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月1日(日) 3-2. クリニャンクールの蚤の市 2

ヴェルネゾンの蚤の市の中を、うろうろと歩く。

10時オープンと聞いていたけれど、11時を過ぎてもまだ準備中のお店も多いので、
この時間に一度歩いただけでは、全部のお店をチェックすることはできなさそうだ。


どう見ても通路にしか見えない場所に、
テーブルを並べて、何やら布を積み上げていくムッシュ。

よく見ると、日本でも人気の、イニシャル入りのリネンクロスの山だ!
かわいいけど、ちょっと高いかな〜…ううーん。
とりあえず、一回りして相場を調べてから、また見に来よう。
(…と思ったけど、道がややこしすぎて、結局戻ってくることはできなかった。)


他のお店よりお客さんが多いお店は、やっぱり気になる。

小さな物がいっぱいあるようだけど、何のお店だろう?と思って見てみたら、
またしても、デッドストックのボタンがいっぱいの、手芸用品店だった。

ほんと、手芸ものって、人気あるなぁ。
日本人のお客さんも、ここでよく足を止めているみたい。

↓画像クリックで拡大します。
遠目に見ても、お客さんの入りが良いお店。 みんな真剣に、小さな小さなボタンやパーツを選んでいた。  

ぐるり、と店内を一周してみたけれど、やっぱり何も買えず。
このボタンの山から、かわいいボタンを探すなんて、相当の手芸好きじゃないと無理だ!

ボタンは種類がありすぎて、選ぶのに時間がかかりすぎるから、
そんな時間があれば、もっと他の物をたくさん見たいと思ってしまう。
ほんと、かわいいんだけどなぁ。



あっちの裏道も、こっちの裏道も、見落とさないように…と、慎重に歩いていたら、
欲しい物だらけのお店をみつけた!

文具に、ノベルティに、キーホルダーにと、
どれを買いつけて帰っても人気が出さそうな、素晴らしい品揃え!

でも、広告モノやノベルティモノって、こっちでも結構なお値段がするので、
実際に日本で売れるかは、また別の話。
それにしても、素敵。

↓画像クリックで拡大します。
裏路地に突然、ペリエの看板が!  

値札がついていない商品も多くて、ちょっと大変だったけど、
マダムも、お手伝いの女性も、とても親切で優しかったので、
遠慮なく値段を聞いて、私にしてはかなりの数を買いつけることができた。

広告入りの紙袋や、ゲーム用のチップと思われるものなど、
KOKON*でまだ扱ったことのない商品も、それなりに。

日本で売れるかなぁ、採算が取れるかなぁ…と不安にもなるけれど、
私はかわいいと思うし、きっと他にも、かわいい!って言ってくれる人がいるだろうな、と信じて。


お店を出る時にマダムが、次来た時にもまた顔を出せるようにと、
お店の場所に印をつけた地図を、渡してくれた。
ありがとう、また来るよ!



他にも、あちこちのお店で、一点だけ買い物をしてみたり、
いくつかまとめて買って、割引をしてもらったり。

「お店ごと全部ほしい!」なんてお店は、まずないし、
まったく好みが違うお店も多いけれど、
それでも、歩いているうちに、すこーしずつカバンが重くなってくるのが、蚤の市のいいところ。


前回の買いつけ分がすぐに完売してしまった、
パリの風景を描いたポストカードをたくさん扱っているお店をみつけたので、
ひたすら時間をかけて、一枚ずつチェックして、絵柄が素敵な物と、
裏面の手書き文字が美しい物をたくさん買いつけた。

ずーっと下を向いて立ちっぱなしだったから、首がバキバキになっちゃったけど、
パリのポストカードは、個人的にも大好きなので、たくさん買えて、すっごくご機嫌!

でもやっぱり、エッフェル塔図案の物は、ほとんど買えなかったや。
人気がありすぎて、すぐなくなってしまうみたい。


前々から問い合わせをいただいていた、
ホーローのキャニスターも、いくつか手に入れることができた。

もともと、同じデザインでサイズ違うの6個セットだったもののうち、
4個をあるお店で、そして2個を別のお店でみつけることができて、びっくり。

でも残念なことに、最初のお店と次のお店で、同じ物が1つあったので、
6個セットではなく、5個セット+1個になってしまったのだけど。


白地に赤ラインがとってもかわいいキャニスターは、本当に私の好みだったので、
カバンの重さも、気にならない。


ヴェルネゾンの蚤の市は一通り見ることができたので、
次は、事前にGoogleMAPで場所を調べておいた、お目当てのお店へ。



プリントアウトしておいた地図を頼りに歩くと、だんだん人通りが少なくなってきて、
移民系の人がぽつりぽつりと歩いているだけの、なんだか寂しい雰囲気になってきた。

ほんとにこんな辺鄙なところなの?
と思いつつ、ついでなので、まわりのマルシェものぞいていく。

家具や大物中心の蚤の市は、目の保養にはなりそうだけど、買いつけにはならないなぁ。
工業デザインもののお店も、かっこいいんだけど、テイストが違うし。
こうやって見てみると、マルシェ・ヴェルネゾンが、いかに好みだったかが、よくわかる。

↓画像クリックで拡大します。
倉庫みたいな大きな建物に、家具がいっぱい。 ガーデン系のアイテムも、素敵なんだけどな。


いくら歩いても、お目当てのお店はみつらず、
ついには蚤の市のエリアですらなくなってしまったので、
あきらめて、元来た道を戻ることにした。

こんな時、荷物の重さが、ずっしりとくる…。


まだ時間もあるし、このまま帰るのはもったいない気がして、
一度歩いたあたりをまた、歩き回ることに。

さっきは準備中だったお店がオープンしていたり、
さっきは営業していたお店が、お昼休みになっていたり。
時間をずらしてまた来たのは、正解だったかも。


何度も歩いた道を、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ、と歩いていたら、
なんと、さっきからずっと探していた、お目当てのお店をみつけることができた!

ええーっ、GoogleMAPの場所と全然ちがうじゃん!?
でも、嬉しい!!


探していたのは、有名な、フレンチキーホルダーの専門店。

↓画像クリックで拡大します。
壁一面のキーホルダーに、感激!  

フレンチキーホルダーって、日本でもすっかり有名になってきたし、
パリの蚤の市に行けば簡単に出会えるのかと思ってたけど、
実際には、なかなかみつけられなくて。

だから、このお店には、ぜひ来てみたかったのだ。

壁一面にかけられた、キーホルダーの数に、ただただ感激…!

数の揃わない蚤の市ではなかなかみつけられなかった、
かわいい板チョコの形のものや、お酒のボトルのミニチュアものなど、
好みの物がたくさんあったので、どんどんカゴに入れていった。

今回は、帰国後に日本で、ガレージセールに出店する予定があるので、
そこで売れそうな、安くてかわいいものも、たくさん仕入れておかなくちゃ。


ガラスケースの中に陳列されていた、お酒のキーホルダーがすごく素敵だったので、
マダムに値段を聞くと、「これはね、かなりめずらしいものでね」と、
申し訳なさそうな顔で、目玉が飛び出るような価格を教えてくれた。

私が「あー、そっかー、やっぱりな〜」と言うような顔で眺めていると、
マダムは、そのキーホルダーの中に閉じ込められた、
ミニチュアボトルの中の気泡を、動かして見せてくれた。

噂には聞いていたけれど、動くキーホルダーって、ほんとかわいいなぁ…!

私があまりに残念そうだったのか、マダムは、
「おなじブランドのものなら、他にもあったはず」と言って、
私でも手が届く価格のものから、同じMARTINIというお酒がモチーフのものを探してくれた。

これはこれで、ボトルの中のお酒がキラキラしてて、素敵!
優しいマダムに感謝して、そのキーホルダーも、日本へ連れて帰ることにした。



まだしばらく蚤の市はやっているけれど、
さすがにもうこれ以上歩きまわる体力もないし、カバンもいっぱいだったので、
ホテルに戻ることにする。

帰りも、スリには気をつけなくちゃ。



 Le Marche aux Puces de St-Ouen (クリニャンクールの蚤の市)

 パリ市の北にある、常設店舗中心の、いくつものアーケードが集まった、とても大きな市場。
 地元の人には、「サントゥアンの蚤の市」と呼ばれている。
 登録店のみでも2500店以上、という、とにかく巨大な蚤の市。
 大きな家具から、ホーローキャニスター、キーホルダーまで、何でも有り。
 開催は、土・日・月曜の、午前10時頃〜夕方頃まで。
 スリが多発しているそうなので、注意。
 地下鉄4番線の北の終点・Porte de Clignancourt(ポルト・ドゥ・クリニャンクール)から、徒歩5分。

 http://www.parispuces.com/ (英・仏)


前へ < 旅日記 ホーム > 次へ