ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年2月1日(日) 3-1. クリニャンクールの蚤の市 1

4:00 なんとなく目が覚めてしまった。時差ボケかな。
眠れないまま、6:30まで、ベッドでごろごろ。

朝食は、昨日用意しておいた、ハム&チーズのサンドイッチに、
ヨーグルト、ガレットクッキー2枚、ボンヌママンのレモンタルト1つ、
牛乳、ちいさなオレンジが1つに、チェリーをいくつか。

↓画像クリックで拡大します。
本日の朝食と、予備のおやつ。
いつも結構、ヘルシーです。
日本のみかんにそっくりで、
なんだか嬉しくなって買ったオレンジ。
シンプルなハム&チーズサンド。
パリジャンサンド、とも呼ばれる。

熱があって、頭がガンガンするので、鎮痛剤を飲んだ。
日本にいたら絶対に安静にしているような体調だけど、
でも今日は、行かなきゃ…!


今日行く予定の『クリニャンクールの蚤の市』は、
早朝のうちに掘り出し物が売り切れてしまう、昨日のヴァンヴの蚤の市とは違い、
朝は10時頃からスタートと、のんびりなスケジュール。

おかげで少しゆっくりすることができたので、
薬もきいてきて、体調はすこしマシになった。

9:30 ホテルを出発。
ホテルの前の通りでも、何やらマルシェの準備がはじまっていた。
今日は、ここでも蚤の市があるのかな?

気にはなるけれど、時間もないので、足早に銀行へ。
昨日の買いつけでお金を使いすぎてしまって、今日の分の買いつけ資金が足りないのだ。


外国でATMを使うのははじめてでドキドキしていたけど、
いざカードを入れてみると、フランス語表示しかなくても困らないくらい、
ものすごくスムーズに、お金を下ろせた。
なんだこれ、日本のATMより簡単じゃん…!

これなら、次回からは、不便すぎるトラベラーズチェックは、必要なさそう。

いよいよ、使い慣れたメトロに乗って、はじめてのクリニャンクールへ。

↓画像クリックで拡大します。
メトロに乗って、蚤の市へ出発! パリの地下鉄は治安が悪いと言うけれど…。

モンパルナスからクリニャンクールへは、メトロの4番線で一本、約30分。
北駅を過ぎたあたりから、急に移民が多くなって、
ちょっと馴染みにくい雰囲気にはなるけれど、
終点まで、とくにトラブルもなく乗り続けることができた。

でもこれ、椅子に座っていたからいいけれど、
混雑した扉付近に立っていたら、もっと緊張しただろうな。
メトロはスリが多いって言うし。


Porte de Clignancourtの駅の付近は、噂どおり、ちょっと雰囲気がこわくて、
黒人の人が大きな音量で音楽を流しながらTシャツやアクセサリーを売っているような、
アンティーク目当ての観光客は敬遠してしまうような雰囲気の露店が続いていた。

「コンニチハ!ジャポネーゼ?」などと声をかけられても
遠いところをみつめたまま、とにかくスタスタと歩いていく。

赤信号の横断歩道で立ち止まると、
おなじく赤信号で停車した車に、移民系の子供たちが群がって、
チップ目当てで洗車をしようとし、
クラクションで追い払われている現場に出くわした。

子供たちは、慣れた様子で散っていく。
ああ、ここは外国なんだな、と、しみじみ思う。


そうして高架を超えた所から、本当の蚤の市だ。
…と聞いてはいたのだが、高架を超えても、あるのはジーンズショップや、
シルバーアクセサリー屋や、パリ土産のお店ばかり。

どうやら、高架を超えてから入る道を、一本間違えていたらしい。
目的の道まで通り抜けできそうなアーケードがあったので、
そこを通って、軌道修正することにした。


ほとんどのお店のシャッターが閉まっている、
そのアーケードを通り抜けようとすると…あった、あった!

静かなアーケードの中で、ぽつん、と営業している、
アンティークの手芸用品専門店!

早速、びっしりと並んだ小さな箱に入れられた、
デッドストックのボタンや手芸道具、刺繍のパターンサンプルなどを眺めては、
「すごーい!」の連発。

日本でも、こんなデッドストックの手芸用品は人気があるんだよなぁ〜…と思いつつ、
手芸関係に疎い私は、見るだけで満足してしまった。


それにしても、そっか。
噂には聞いてたけど、クリニャンクールの蚤の市は本当に、
露店が並んでいるような、一般的な蚤の市のイメージとは違って、
ちょっとしたショッピングセンターみたいな、アーケードになっているんだ。

知ってはいたけれど、でもやっぱりなんだか、しっくりこないなぁ。

↓画像クリックで拡大します。
「これがほんとに蚤の市?」と、
ちょっと拍子抜けしちゃう、立派な建物。
たしかに、アンティークはたくさんある。

いくつかのアーケードを見てまわり、金ピカの家具や、絵画、大きなシャンデリアなど、
好みではないものや、とても買えそうにないものが大半だとわかってきた。

規模はヴァンヴの何十倍とあるけれど、アンティークの小物専門というわけでもない分、
探しているものをみつけるのは、ちょっと大変みたいだ。

でも、何しろお店が多いので、まだ見ぬ出会いに期待してしまう。


地理もよくわからないままにふらふらと歩いていると、
日本でよく名前を聞く、『ヴェルネゾン(Vernaison)の蚤の市』をみつけた。
ここは、かわいい小物が多いと聞いていたので、わくわく!

↓画像クリックで拡大します。
こちらは、ちょっとごちゃごちゃしてそうで、
わくわく!
この路地裏感が、たまらない!

ここは他のエリアとは違って、アーケードと言うよりは、
ちっちゃなほったて小屋が集まったような、独特のつくり。

しかも、三角形をしたエリアの中に、小さな道が網の目のように交差しているので、
どこを歩いたのか、すぐにわからなくなってしまう。
このゴチャゴチャ感がまた、いい!


何件かのお店をチラリとのぞいたところ、
好みの物ばかりのお店こそないけれど、
KOKON*のお店に並べたいな、と思えるようなアイテムがいくつかみつかって、
一気にテンションがあがってきた。



 Le Marche aux Puces de St-Ouen (クリニャンクールの蚤の市)

 パリ市の北にある、常設店舗中心の、いくつものアーケードが集まった、とても大きな市場。
 地元の人には、「サントゥアンの蚤の市」と呼ばれている。
 登録店のみでも2500店以上、という、とにかく巨大な蚤の市。
 大きな家具から、ホーローキャニスター、キーホルダーまで、何でも有り。
 開催は、土・日・月曜の、午前10時頃〜夕方頃まで。
 スリが多発しているそうなので、注意。
 地下鉄4番線の北の終点・Porte de Clignancourt(ポルト・ドゥ・クリニャンクール)から、徒歩5分。

 http://www.parispuces.com/ (英・仏)


前へ < 旅日記 ホーム > 次へ