ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年1月31日(土) 2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ

5:45 自然に目が覚めた。外はまだ、完全に、夜。
時差ボケのせいか、頭がガンガンするので、鎮痛剤を飲む。

まだシャッキリしない体を引きずって、なんとかお風呂に入り、のろのろと身支度…。

7:55 朝ごはんは、前日の夜に買っておいた、スーパーのサンドイッチ。
パンがパサパサとしていて、なかなか喉を通らない。
フランスのスーパーのサンドイッチは、イマイチなのかなぁ。

8:25 部屋を片づけて、あちこちに小分けにして現金を持ち、でかける準備は完了。
今日は、蚤の市だ!

↓画像クリックで拡大します。
冬のパリの朝は、ちょっとお寝坊さん。
朝市が立ちはじめた。
ようやく明るくなってきた街を歩いて、
蚤の市へとむかう。


メトロ(地下鉄)のモンパルナス駅は、相変わらず、広すぎる。
おなじモンパルナス駅で別の路線に乗り換えるよりも、隣の駅まで歩いたほうが早いぐらい。
とにかく利用者が多いので、切符を買うのにも、一苦労だ。

今回の旅では、クレジットカードでの支払い中心でいこうと思って、
現金はあまり多くは用意してこなかったのだけど、
メトロの窓口でいきなり、「そのカードは使えない」と言われた。
不安すぎる…。


モンパルナスからヴァンヴへは、地下鉄に乗ってしまえば、すぐだ。
とくに『蚤の市はこちら』と大きく書いてあるわけでもないので、地図を見て考えている観光客もちらほら。
こういう不親切さが、フランスらしいと言えばそうだけど。

↓画像クリックで拡大します。
すっかり明るくなってしまったヴァンヴ。
完全に、出遅れた!
冬のパリは、哀愁があって。 ヴァンヴ名物・オルガン弾きのおじいさん。

すこし出遅れたせいか、1年ちょっとぶりのヴァンヴの蚤の市は、
思ったほど、買いつける物がなかった。

かわいい物は、それなりにあるのだけど、高くて手が出ない。
なんだか、ずいぶん値上がりしたような気がする。

そう言えば、蚤の市を見ている間じゅう、ずっと、
どこからか、日本語が聞こえ続けていた。
それくらい、日本人のお客さんが多いのだ。

わたしは、話す相手もいないけれど…。


掘り出し物だらけ、というわけではないけれど、
それでも、じっくり見ながら歩いていくと、
すこーしずつ、荷物が重くなっていく。

蚤の市っていつも、こんな感じ。


カタコトのフランス語で一生懸命話しかけると、
お店の人はたいてい、とても優しく、つきあってくれる。

英語が通じるお店は、そう多くないばかりでなく、
簡単な数字さえ、英語では通じないお店も、まだまだ多いのだ。


今回は、決して安くはなかったけれど、
1800年代の貴重な古書が何冊か手に入った。

でも、フランスでも、こんな古書は、どんどん手に入りづらくなってきているそうだ。
アンティークって、減る一方だからなぁ…。


今回の旅では、お客様から、「ぜひカチコチ時計を探してきてほしい」と頼まれていたので、
時計を売っているお店はないかと探しながら歩くが、意外とみつからない。

でも、時計専門のお店はないけれど、じっくり探せば、
いろんなアンティークが並んでいるお店の片隅に、ひとつふたつ、
小さな時計が並んでいたりして。

そう言えば、前回もこんな風に、素朴な家庭用品がたくさん並んでいるようなお店の片隅で、
かわいい時計をみつけたんだったっけ。

本当は、チェコスロバキアかドイツ製の時計を探していたのだけど、
みつかるのは、フランス・JAZ社製の時計がほとんど。
JAZ社の時計って、よく見ると、とんでもなくかわいいかも…。

ほとんどの時計が、もう動かなくなっていて、オブジェとして売られている中、
ひとつだけ、かわいくって実用もできそうな時計をみつけたので、
大事にくるんで、日本へ連れて帰ることにした。


長さ1km弱の蚤の市とは言え、何往復もすると、けっこう疲れてくる。

商品を手に取って見るために、手袋を外していたので、
指先が冷えて腫れあがって、動きにくくなってきた。

手をあたためたくて、あったかいコーヒーと、焼きたてのチーズサンドイッチを買った。

↓画像クリックで拡大します。
パリッと焼けたチーズのにおいに、敗北!

パリで食べるサンドイッチって、どうしてこんなにおいしいんだろう!



 Marché aux Puces de la Porte de Vanves (ヴァンブ/ヴァンヴの蚤の市)

 パリ市の南のはずれで毎週開催される、アンティーク中心の蚤の市。
 出店数は、プロのストール(露店)が380店ほど。素人出店のガラクタもすこし。
 露店が出るのは、毎週土曜・日曜のみ。(朝8時頃〜お昼過ぎまで)
 地下鉄13番線の南の終点・Porte de Vanves(ポルト・ドゥ・ヴァンヴ)駅すぐ。

 http://pucesdevanves.typepad.com/ (日本語メッセージあり)

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ