ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2009年1月30日〜2月11日、フランスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2009年1月30日(金) 1-1. 不安だらけの出発

今回のフランス買いつけほど、周囲に反対された旅はなかった。


もともと、一週間前の航空券を取っていたのだが、その時期は、
滞在予定の村唯一の、英語が通じるホテルが、冬季休業中だということで、
いくら探しても他に泊まれそうなホテルがなく、
泣く泣く、高い手数料を払ってフライトを一週間後ろにずらしたのだった。

そうしてやっと決まった日程だったのだけど…。

旅行直前になって、私の渡航の前日に、
フランス全土で、全国的な超大規模ストライキが決行されることになり。

その日は、電車や飛行機、空港、タクシー、バス、郵便局、学校など、
フランス中のありとあらゆる機関が、マヒしてしまうことになった。

その上、ストライキに参加している大きな労働組合のいくつかは、
無期限ストライキを提案しているとか…。

以前も、一ヶ月もの間、地下鉄が動かなかったこともあるという『スト大国フランス』、
利用者の利便のためにストライキが回避されるなんてことは、まず、考えられない。

前回の渡仏でも、エールフランス航空のストライキで散々な目にあったので、
何も、またそんな時期に行かなくても…と、いろんな人から、心配されてしまった。


その上、今年のパリは、例年にない寒さで、
インフルエンザや、ウイルス性の腸炎が流行しているのだとか。

一日中、氷点下の気温が続くこともあるこの時期に、
両手いっぱいの荷物を抱えたまま、
交通機関がマヒしていたら、どうすればいいのやら…。


周囲の反対に流されそうになりつつも、
航空券の再変更手数料、ホテルのキャンセル料、払い戻し不可の長距離電車代…と、
計算していたら、やっぱり、行くしかない、と思った。

だって、経費がかかればかかるほど、商品の価格が高くなってしまうのだから。


何がどうなっていても、自分でなんとかするしかない。

たくさんの使い捨てカイロと、
スト情報を調べるためのノートパソコン、
50kgまでの荷物を運べるキャリーカート、
160ページ分びっしりと情報をかきこんだ、お手製の、旅のしおり。

着替えや洗面道具は、限界まで軽くして、
スーツケースの片面には、梱包用のぷちぷちを大量に詰め込んで、
17.2kgのスーツケースと、大きなリュックサックを連れて、
乗りなれた、関西国際空港行きのバスに乗り込んだ。

  旅日記 ホーム > 次へ