ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月25日(日) 10-1. ロンドン水族館

ロンドン最後の朝は、激しい雨音ではじまった。

昨夜2時頃まで続いた隣室の話し声のせいでなかなか眠れなかった上に、
4時頃からは、エコノミーホテル街の屋根をたたく、大粒の雨音。

眠い目をこすりながら、テレビをつけ、天気予報を探すと、
真っ赤な文字で映し出された、「WARNING : HEAVY RAIN」の警報。

今日は、午後のフライトの時間まで、ロンドン動物園で
動物の写真でも撮って過ごそうかと思ってたのに、まいったなぁ…。


近場で、雨でも楽しく過ごせそうなところは…と、
ホテルでもらった地図を眺めてみて、
地下鉄で2駅の、ロンドン水族館に行くことにした。


10:20 ホテルをチェックアウト。

送りきれなかった商品などを詰め込んだスーツケースが重すぎて、
駅までの約1kmがどうしても歩けず、路線バスに、1駅分だけ乗車した。

バスが揺れるたび、あっちこっちへ転がりそうになるスーツケースにふりまわされながら
なんとか立っていると、近くの席に座っていたおじいさんが、
「危ないからこの席に座りなさい」と席を譲ってくれた。
ほんの数百メートルだけど、ありがとう!


ヴィクトリアコーチステーションの手荷物預かり所で、
スーツケースとリュックサックを2つとも預けて、
貴重品やメモを入れた斜めがけポーチと、
ガイドブックなどを入れたCO-OPのエコバッグだけの軽装になると、
たちまち気分も軽くなった。

これなら、階段の多い地下鉄だって、らくちんだ。


ヴィクトリアから、地下鉄で2駅、ウェストミンスター駅で下車。

人の流れについて、地上へ出ると、観光客らしき人たちが、
橋の上から、写真を撮りまくっている。

ロンドンへは何度も来ているものの、まともに観光をしたことのない私も、
なんとなく嬉しくなって、お気に入りのカメラを構えた。

↓画像クリックで拡大します。
テムズ川のむこうに見えるのは、
有名な観覧車・ロンドンアイ。
曇り空にロンドンバスにビッグベン、 
これぞロンドン!?
ビッグベンと、ウェストミンスター宮殿。

ビッグベンとロンドンバスを同時に写したくて、
バスが通り過ぎるたびに、何枚もシャッターを切る。
たまにはこういうのも、楽しいかも。


旧ロンドン市庁舎を利用してできたというロンドン水族館は、
世界最大の観覧車・ロンドンアイの足元にあった。

↓画像クリックで拡大します。
間近で見ると、大きい! こちらがロンドン水族館。


ロンドン水族館へは、ほとんど並ばずに入ることができた。
親子連れがほとんどで、一人で来ている人は、他にはいないみたい。

いつもなら、こんなところは、人の何倍もの時間をかけてのんびりまわるのだけど、
外国の水族館なんてはじめてで、全部まわるのにどれくらいかかるかわからなかったし、
空港行きのコーチに乗り遅れないか不安だったので、
今日は、じっくり見るのはあきらめて、「水族館体験」のつもりで、早足でまわることにした。

写真の練習を兼ねて、気になった水槽ではカメラを構えながら、順路に沿って進んでいく。

↓画像クリックで拡大します。
ボディラインが美しい、小型のサメ。 片腕のない、ケンカ好きの蟹。 地味な色の魚が多かった。
 
 
大好きなミズクラゲ。
ロンドンの子供にも、人気だった。
展示する生物ごとに、水槽のデザインが
工夫されているのが嬉しい。
 

日本の水族館と比べると、熱帯魚などの色鮮やかな魚や、
大型の魚がいない分、全体的に、ちょっと地味な印象かも。

かわりに、テムズ川に落ちているゴミが展示されていたり、
環境教育には力を入れているように感じた。

↓画像クリックで拡大します。
海の底から眺めているような気分。 ゆっくり泳いでくれる魚は、いい被写体。 ライトアップが綺麗。


早足で歩いたせいか、50分ほどで、出口に着いてしまった。

特に目玉となる展示があるわけでもなく、
13.25ポンド(約2800円)も払った割には、こんなもの!?と、
日本の海遊館などと比べて、すこしびっくりしてしまったけれど、
これは単純に、物価が高いだけかなぁ。

それでも、コーチステーションの冷たいベンチで
3時間をつぶすよりは、ずっと有意義だった。
人には勧めないけれど…。

出口にあった小さなお土産物屋さんで、
私のイギリスでのニックネーム・「AMY」の名前が入った
トロリーコインのキーホルダーをみつけたので、記念に買った。

↓画像クリックで拡大します。
 
なんだか嬉しかったので。。    

これがあれば、デポジットの1ポンド硬貨がないと借りられない
空港のトロリーを借りる時に便利らしいけれど、私にとっては、これはお守り。

残金が10ポンドぐらいになっちゃった。
外国でこんなギリギリになっても平気だなんて、随分図太くなったものだ。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ