ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月24日(土) 9-3. ポートベロー・マーケット 2

ヨーロッパ最大とも言われる、ポートベローの蚤の市。
てくてく歩いて、次の買いつけのための下見を。

これだけ大きな蚤の市、いたるところにかわいい物があるのかと思ったら、
意外と、そうでもない。

とにかく、売っているものの幅が広いので、
日本ではつけている人を見ないような、派手すぎるデザインのアクセサリや、
戦時中に使われていたガスマスクや武器やヘルムなどのミリタリーグッズ、
イギリス歌手のブロマイド、ぼろぼろすぎる皮バッグなど、
はっきり言って大半は、うちのお店には関係なさそうな物なのだ。

ほとんどのお店は、一目見るだけで「違う」と感じるので、
そういうお店はどんどん通り過ぎて、
少しでも惹かれるもののあるお店を探して、歩く、歩く。

そうしているうちに、突然、まるごと日本に持って帰りたいような
愛らしい物だらけのお店に出会える。
その瞬間が、最高に楽しい。


古道具屋さん、印刷小物屋さん、コレクティブル雑貨屋さん、
ポット屋さん、古地図屋さん、家具屋さん…。

膨大の数のお店の中からやっとみつけた、ほんの数軒の「好みのお店たち」。
数は少なくても、一軒一軒が、眺めているだけで時間を忘れてしまうほど、楽しい。


田舎のアンティークショップでときどきみかける、
折りたたみ式のアンティークルーラーは、ここに来ればいつでも買えるみたいだけど、
現地で買ってもこれだけ高いなんて、日本での販売価格を考えると、
一番安いものでも、なかなか買いつける勇気が出ないなぁ。

田舎では見かけたことのない、凝ったデザインのものがあったので、
手に取ってみたら、日本円にして3万円を越える価格の値札がついていた。
たしかにかわいいけど、手が出ないよー!


ママレードポットや、ミートポットなどのコレクティブル系ポットは、
ちょっと外れたところにあるアーケードの中で、とてもいいお店をみつけた。

店主のおじさんが、とても親切な人で、
商品の価格や、ダメージの状態を丁寧に説明してくれるのはもちろん、
こういったポットはどこから来たのかなど、商品にまつわる話まで、
何度も何度も、わかるまで話して聞かせてくれた。

こういうポット類は、いわゆる「ジョージアンアンティーク」
または「ヴィクトリアンアンティーク」と呼ばれる、1890年から1910年頃のもので、
1906年にアメリカから、陶器ポットより安価なガラス容器を作る機械が入ってきて、
その歴史が終わったのだそう。

当時、こういった使用済みのポット類は、
割ったり捨てたりせずに、土に埋める習慣があったので、
それを土の中から掘り返したものが、こうしてアンティークとして取引されているのだとか。
だからイギリスには、100年も前の割れ物が、綺麗な状態で残っているのだ。

たくさんお話を聞いて、今までより親しみがわいた、ポットたち。
おじさんがひとつひとつ手に取って、説明をしながら見せてくれた中から、
この旅行ですっかり好きになった、Sainsbury'sのミートポットと、
CO-OPのミートポットを、ひとつずつ、購入した。


ポット屋さんの近くで、ビクトリアンインクボトルの安いお店もみつけたけれど、
インクボトルは既にたくさん買いつけてしまっていたし、
手荷物で、そんなにたくさんの割れ物を運ぶ自身がなかったので、
今回は、見送ることに。


たくさん見て、たくさん話して、ちょっと疲れてきちゃった。

ぷらぷらと歩いていると、さっきは長ーい列ができていたクレープ屋さんの列が
すこし短くなっていたので、休憩がてら、列に加わることにした。

並んでいる間中、メニューとにらめっこ。
フルーツや生クリームを使った、甘いクレープがほとんどだけど、
数種類だけ、食事になりそうなクレープもあるみたい。

私の前に並んでいた人たち全員が、バナナとチョコレートのクレープを注文していたので、
「そんなのおいしいの!?」と、かなり気になったけれど、
お昼時だし、デザートよりごはんが食べたい気分だったので、
ハムとチーズのクレープを注文した。

クレープを焼いてくれたお姉さんに許可をもらって、
折りたたむ前のクレープを、パチリ!

↓画像クリックで拡大します。
みんなバナナ&チョコを頼んでる。 ハラペコな私は、ハム&チーズ!

私は、ヨーロッパの、強い味のチーズが、何よりの好物。

ドイツのホテルの、ビュッフェスタイルの朝ごはんで食べたチーズも、
フランスのヴァンヴの蚤の市の屋台で食べた、カスクートサンドのチーズも、
フランクフルトからロンドンへ向かう小さな飛行機の中で食べた、チーズサンドのチーズも、
イギリスのスーパーのサンドイッチのチーズも、
とにかく、味がしっかりしていて、おいしかった。

このクレープのチーズも、例に漏れず、しっかりした塩気と、チーズのにおい。
うーん、おいしい!

列を外れて、いただきまーす! 食べ応え満点!

軽食のつもりだったのに、チーズたっぷりに大判ハム2枚のクレープ一枚で、
すっかりおなかいっぱいになってしまった。


ちょっと重過ぎるぐらいのおなかを抱えて、露店めぐりを、再開!

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ