ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月24日(土) 9-2. ポートベロー・マーケット 1

地下鉄のNotting Hill Gate駅から出て、人の流れについて歩く。

最初は、妙に人が多いけれど、静かな裏通り。
少し歩くと、ブリキの看板がたくさん並ぶ、蚤の市らしいお店に出会える。
さらに歩いて、「PORTOBELLO ROAD」の看板を越えた頃、
にぎやかな蚤の市が、目の前にひろがる。

↓画像クリックで拡大します。
最初は、人が多いだけの裏通り。 すぐに、にぎやかになってくる。 この通り沿いに蚤の市が。

ヨーロッパ最大とも言われる、このポートベローの蚤の市は、
いわゆる、露店だけが並ぶ、お祭りのような蚤の市ではなくて、
その露店の裏に並ぶ商店までもが、巨大な蚤の市の一部。

最初は、そのことに気がつかなくて、
通りの両側に並ぶストール(露店)だけを見て歩いていたけど、
ふらりと商店に入ってみて、入り口の見た目からは想像できない
広さと、品揃えの多さに、びっくり。

小さな商店に見える建物が、何軒ものアンティークショップが入った
アンティークアーケードだったりするのだ。

アーケードは、表のストールと比べて、お客さんの数も少なくて、
落ち着いてのんびり見られるのも、嬉しいところ。

豪華なデザインが施されたシルバーの蝋燭立てなど、高級品を売るお店も多いけれど、
マーマレードポットや、トゥースペーストポット、ビクトリアンインクボトルなどの割れ物は、
ストールよりも品揃えが良くて値段も手ごろな専門店があったりするから、
時間さえあれば、片っ端から見ていきたくなる。

アーケードの他にも、陶器製のドアノブやデザインタイルばかりを売る専門店、
大きな皮製トランクや古い地球儀など、大型インテリア雑貨の専門店など、
お店ごと買い占めたくなるような、個性的なお店もたくさんある。

↓画像クリックで拡大します。
人気のお店は、人だかりですぐにわかる。 どこまで歩いても、とにかく人だらけ。 視線を上げて、建物を眺めると、
外国にいるんだと、あらためて感じる。

 Portobello Market (ポートベロー・マーケット)

 南北約2kmにわたって、1500以上のディーラーが出店する、ロンドン最大の蚤の市。
 露店が出るのは、毎週土曜日。(早朝〜夕方4時頃まで)
 地下鉄Notting Hill Gate駅から、徒歩10分。

 http://www.portobelloroad.co.uk/ (日本語あり)


今回は、お金もほとんど残っていないので、下見中心。

いつも行く田舎のアンティークショップにはない物を探したり、
定番商品の、より安いお店を探したり。

時間の限られた海外買いつけでは、
こうして足で得た知識が、何より大事なのだ。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ