ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月23日(金) 8-1. さよならカントリーサイド

いよいよ、すばらしく居心地のいい、カントリーサイドの村ともお別れ。

手づくりの朝ごはんをしっかりいただいて、
路線バスにのって、ロンドン行きのコーチ(長距離バス)の出る町まで向かう。

降りる停留所がよくわからなかったので、
運転手さんに、コーチに乗り換えたいと告げておいて、
無事に、コーチ乗り場まで行くことができた。

↓画像クリックで拡大します。
コーチを待つ、バスストップで。 

今回は、時間がなくて見れなかったけど、
この乗り換えに使う町・Cirencesterも、思い入れのある町だ。

宿も予約せずに飛び出した、はじめてのイギリス旅行で、
はじめて、その日の宿をその日にみつけて泊まった、記念すべき場所。

人口3000人クラスの村とはちがって、ほどよく都会的で、
だけど、ロンドンやチェルトナムのような、疲れるほどの都会でもなくて、
コッツウォルズ的な、味わいある雰囲気も残っていて…。
「いつかイギリスに住むなら、ここに住みたい」と、思っていた町。

あれから、たくさんのイギリスを知って、
もっと好きな町は、他にもたくさんみつけちゃったけれど、
ここには、これからもこうして、立ち寄ることになりそう。
いつかまた、のんびり歩いてみたいな。

↓画像クリックで拡大します。
コーチの車内。

Cirencesterからコーチに乗って約3時間で、ロンドンのVictoriaへ。

13:35 コーチステーションに着いたついでに、
帰国日の空港行きコーチのチケットを買っておく。
軽く20分以上は並んだけど、列は後ろに後ろに伸びていたから、
後ろのほうの人は、もっと待たされただろうなぁ…。

いつも長蛇の列ができているここで、
フライト当日の朝にチケットを買うのは、あまりにこわい。


自分の番が来て窓口へ行き、行き先と時間を書いたメモを渡すと、
とてもフレンドリーな女性スタッフに、
「字がものすごく綺麗ね!」と投げキッスをされた。

「ありがとう」と言う間もなく、隣の窓口の男性スタッフものぞきこんできて、
日本語で、「コンニチハ!いいお天気ですね!」と、
嬉しそうに声をかけてくれた。

外は雨だけど、なんだか嬉しくなって、にっこり。
どんなに混んでてもこんな調子だから、列が伸びるんだけど、楽しいからいいや。


帰りのコーチのチケットを手に入れたので、
近くで予約していたホテルに向かう。

雨がけっこう強くなってきたけど、
片手じゃつらいほど重いスーツケースをひっぱってるし、
折り畳み傘は、南京錠をかけた背中のリュックの中にあるしで、
めんどうなので、ひたすらそのまま歩く。
イギリスでは、傘をさしてる人のほうが少ないぐらいだしね。

↓画像クリックで拡大します。
いつもの、Victoriaのホテル街。

はじめての宿なので、似たような建物の並ぶホテル街の中を、歩いて
一軒一軒、看板を見て、宿を探す。

初日に泊まった宿や、前回の旅で泊まった宿も、その中に。

今回は、この界隈がほとんど満室だったとは言え、随分遠くになっちゃったなぁ…。


14:35 ホテルの部屋に到着。疲れたー!

どんどん強くなる雨に、重すぎるスーツケースに、
でこぼこだらけのアスファルト。

泣きたい気持ちで歩き続けて、やっとついたホテルで、渡された鍵は、
エレベーター無しの建物の最上階、5階の一番奥の部屋!

↓画像クリックで拡大します。
よりによって、最上階。
この階段が、きつい…。

約27kgのスーツケースと、約8kgのリュックサックの重さが、
ものすごーく、こたえた…。

でもここ、駅から遠いだけあって、なかなかいい宿かも!

ドアはちゃんと開くし、
スーツケースだって広げられるし、
シャワーブースも、ぴっかぴかで、
ティートレイまでついてるし!

地価の異様に高いロンドンでは、高いお金を払っても、
スーツケースすらひろげられないほど狭い部屋にあたる、なんてこと、
日常茶飯なのにね。

↓画像クリックで拡大します。
シングルにしては、嬉しい広さ。 これだけ清潔感があるのも、めずらしい。

重い荷物をおろして、おいてあったTetleyの紅茶をいれて、すこし休憩。

ぼんやりと、窓の外を眺めながら、
「今回も、いろんなことがあったなぁ…」なんて、物思いに耽ってみたり。

期待せずに食べた、シシリアレモンのムースの入ったチョコバーが、
爽やかな酸味と香りで、予想以上においしくて、びっくりした。
これ、お土産にしたいぐらい!

↓画像クリックで拡大します。
レモンの香りが、とってもいい! 窓からの眺め。


さて、今日はこのあと、ロンドンの蚤の市めぐりの予定だったけど、
早くも、疲れが限界近い。

もうお金がないから、がんばって地下鉄を乗り継いで
蚤の市に行っても、何も買えないけど、
今後のために、下見はしておきたいし…。

うーん、どうしたものかなぁ。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ