ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月22日(木) 7-3. 気ままに街歩き

なんとかたどりついた郵便局は、
大型文具店のお店の一角に
両替所と、郵便局のカウンターがある、という、
イギリスではよくあるスタイルの郵便局だった。

ここなら確かに、郵便局が必要な用事は、すべてすませることができるけど、
売られている箱は、POST OFFICEのロゴが入ったものではなくて、
この文具店が提携しているメーカーのものだからか、
POST OFFICE純正品の2倍以上の価格になっている。

ただでさえ、日本の約2倍の物価のイギリスで、
割高な商品を買わされるなんて、納得がいかないけど、
とりあえず、ないよりは、いいかぁ…。


この街での大きな目的を果たしたので、
あとは気楽に、フリータイム!

イギリスには何度も来てるけど、
目的もなく、こんな都会を散策するのなんてはじめてだから、
なんだかわくわく!


まずは、通りでみつけた1ポンドSHOPに入って、
チープなイギリス雑貨を物色。

↓画像クリックで拡大します。
100円ショップに、1ユーロショップに、
1ポンドショップ…どこにでもある、こんなお店。 

ガーデン用のライトや、スコップなど、
店舗の規模の割にガーデニンググッズが多いのは、お国柄かな?

日本の100円ショップと比べて、
ガーデニングコーナーやアウトドアコーナー、お菓子コーナー中心に、
真剣に商品を探している男性客が多いのにも、びっくり。

店内をぐるりと一周して、
バニラシュガーの香りのマッサージクリームと、
ココアの香りのボディバター、
レトルトの蒸しプディング、
ヨーロッパ式の配列がかわいい、くるくるまわる日付のスタンプなど、
日本では手に入らない物が気軽に買えて、大満足!


↓画像クリックで拡大します。
ファンなら一目でわかる、この外観。

お次は、日本でもお世話になっている、
イギリス初の、ナチュラルなスキンケアグッズのお店 『LUSH』。

いま滞在している宿には、バスタブもないし、
本家イギリスの品揃えを見るだけ…と思っていたのだけど、
日本では高すぎて手がでなかったバスボム(固形入浴剤)が
日本円に換算しても半額程度の値段で売られていたので、
日本にもどったら試してみようと、ひとつだけ購入。

リリーの香りの石鹸のサンプルももらって、さらにご機嫌に。


何度も迷子になりながらのウィンドーショッピングで、
たくさん歩いて、おなかもすいてきたので、
歩行者天国の隅っこにある屋台で、軽くお昼ごはんを食べることに。

チキンとマッシュルームのラップサンドと、ホットチョコレートをオーダーして、
行き交う人たちのファッションを観察しながら、一人でのんびり、ランチタイム。

↓画像クリックで拡大します。
手軽に食べられる、ファーストフード屋さん。
事務服姿の女の子が立ち食いしてたのが、
かわいかった。
 
炭焼き風のチキンがたっぷりで、
食べ応えのあるラップサンド。 
味付けは、しっかりめのケチャップ味。  クラシカルな雰囲気の屋台が、なんだか素敵で。 

何度来ても相変わらず、
レストランで渡すチップのことはよくわからないけど、
小食なわたしには、こんな軽食で十分だし、
この先も、チップで悩む機会って、あんまりないのかも。

抜けるように明るい、イギリスの空の下で食べるごはんは、
お手軽なファーストフードでも、すっごくおいしい。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ