ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月22日(木) 7-1. はじめてのマーマイト

イギリスでは相変わらず、早くに目が覚める。
意味もなく早起きして、部屋を片づけてみたり。

身支度を整えて朝食室へ行くと、元気そうなおじいさんが座っていた。
どうやら昨夜は、2部屋しかないこの宿は、満室になっていたみたい。

テムズ川の上流から下流へと、徒歩で下る旅の途中だという彼と、
軽く雑談をしながら、一緒に朝食をいただいた。


一通りの料理を食べおわった後、
彼は、追加の食パンを一枚取り、
ポップアップトースターで両面をじっくり焼いてから、
それはそれはたっぷりのマーマイトをつけて、
嬉しそうに食べはじめた。

私が「噂のマーマイトだ!」と感激しながら、その様子を眺めていると、
彼はニヤリと笑って、「これ知ってる?ベジマイトみたいなものだけど」と、
マーマイトの瓶を差し出して、「味見してみて!」と、にっこり。

↓画像クリックで拡大します。
好き嫌いがハッキリ別れるという、
噂のマーマイト。 

マーマイトは、ビールの酒粕から作られたペーストで、
癖が強く、「この味が好きになれたらイギリス通」と言われるほどの、
イギリス人の中でも好き嫌いがはっきり別れる食べ物…という知識はあるけど、
私は、実際に食べたことは、ない。

ごくごくちょっぴりでいいからね、と言われて、
はじめて口にしたマーマイトは…めちゃくちゃ、しょっぱーい!

思わず顔をしかめた私を見て、
彼は、子供みたいに目をくりくりさせながら、
「どう?どう?」と、感想を求めてくる。

「なんて言うかその…すっごくしょっぱいね!」と、
言葉に詰まりながら答えると、
「で、好き?嫌い?」と、子供みたいな顔で詰め寄ってくる。

苦手でもないけど、好きとは言えない、微妙な感じで、
私が、ものすごーく困った顔をしていると、
彼と、それを見守っていたオーナーが、大笑いして喜びだした。

「イギリス人でも、これは苦手な人多いから、気にしなくていいからね」と言いつつ、
とっても満足したご様子。

きっと、外国人のこの、変な反応が見たかったんだろうなぁ。


マーマイト、実は昨日、自分へのお土産用に
一瓶買っちゃったんだけど、食べきれる自信がなくなってきた…。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ