ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月21日(水) 6-4. さんぽ

予定より早く作業が終わって、ぽっかりとできた、フリータイム。
まだ日も高いので、コッツウォルズ地方の中でも、
日本人にはあまりなじみのないこの村を、すこし散策することにした。


まずは、オーナーの好意に甘えて、宿泊しているB&Bの裏庭を見学。

この宿は、とくにガイドブックにのっているわけでもない、
ごくごく普通のおうちなのだけど、
地味だけど愛らしい花の数々に囲まれて、
アンティークボトルがさりげなく飾られていたりして、
人目にも触れないバックヤードが、とても居心地のいい空間になっていた。

↓画像クリックで拡大します。
裏庭へ、お邪魔しまーす。
 
派手ではないけど愛らしい花が多かった。
むこうに見えているのが、B&B。
 

ここのお庭で、ちょうど買いつけたばかりの大きな陶器ボトルが、
ガーデニングのアクセントとして使われているのを発見。

↓画像クリックで拡大します。
ガーデニングライトスタンドとして。 こちらは、緑に隠れるようにして、
ひっそりと置いてある。

ひとつは、ガーデンライトをさすスタンドとして、
もうひとつは、さりげない装飾品として使われているみたい。
緑いっぱいのお庭の、いいアクセントになってるなぁ。

↓画像クリックで拡大します。
お花いっぱい、というよりは、
緑いっぱいのイングリッシュガーデン。
すぐそばのテムズ川に住む白鳥が、
遊びにきていたみたい。

私が見た、田舎の素朴なイングリッシュガーデンはどれも、
色とりどりのお花が咲き乱れる感じではなくて、
グリーン中心のお庭に、白や薄いブルーや薄いピンクの、
派手ではないけれど愛らしい、繊細な感じのお花がたくさん咲いていた。

ここの宿も、それは例外ではなくて、
見惚れる、と言うよりは、毎日の暮らしの中で、
心がほっと和むような、普段着感覚の空間になっていた。



等身大のイングリッシュガーデンを楽しんだあとは、
そのまま、すぐそばにある、テムズ川へ。

テムズ川は、その源流から、ロンドン市内を通って海に流れ出るまで、
すべての流域が、パブリックフットパス(誰でも歩ける遊歩道)になっている。

ロンドン近くでは、水の色も濁り、大きな橋がかけられて、
都会的で気難しい感じのするテムズ川も、
上流のほうまで来れば、白鳥がのんびりと泳ぎ、
川沿いで家族連れが鴨に餌をやるような、
とてものどかな光景にかわる。

↓画像クリックで拡大します。
小さな橋の上から眺めた、
夕暮れのテムズ川。 
ここの白鳥は、とても人懐っこい。


テムズ川の中は、免許のいらないレンタルボート「ナローボート」で
誰でも通行することができるので、この日も、数台のナローボートが
一日の旅を終えて川岸に係留されているのを見ることができた。

↓画像クリックで拡大します。
一日の旅を終えたばかりのナローボート。  フットパスで遊ぶ、親子連れ。

このレンタルナローボートは、時速5kmほどでゆっくりと進むので、
テムズ川の端から端までを進むには、かなりの日数がかかるのだけど、
生活に必要な施設はすべて整っているから、
外国人旅行者でも、誰でも気軽に、キャンピングカーならぬ
キャンピングボートの旅が楽しめるというシステムなのだそう。

川岸を歩いていたら、ナローボートの中から出てきたおじさんと目があって、
どちらからともなく、にっこり笑って、「Hello!」と挨拶。
とても、イギリスらしい瞬間。


↓画像クリックで拡大します。
テムズ川にかかる橋。
 
橋の下を通って、さらに向こうへ。
おなじく散歩中のわんちゃんと、Hello!  フットパスを歩く、鴨。  黄色い対岸に、
村の教会が見える。


澄んだ空気に、風が木々を揺らす音と、鳥のさえずりが響き渡る、
最高にしあわせな時間を堪能してから、
スーパーに寄って、夕食の買い物をして、宿へ戻った。


今日の夕食は、紅茶と、ミックスサンド。

↓画像クリックで拡大します。
どれにするか選べない時は、
いろいろ入ってるミックスサンドで!
チキンに、ツナに、ベーコン。
どれも、具沢山。

炒めタマネギで作ったような、すこし甘くて濃厚なソースが、たまらなくおいしい。
さすがサンドイッチの国、ほんとうにたくさんの種類のサンドイッチがあって、
なかなか飽きないや。


ごはんを食べながら、ここまでの旅をふりかえって、
次の旅へ繋げるためのレジュメを作ったり、
日本での販売価格の試算をしたり。

自分へのお土産も、随分増えてきたので、荷物を少し整理。

↓画像クリックで拡大します。
自分へのお土産は、たいてい、
食べ物か、バスグッズ。

一人きりの旅先の夜は、ネットも何もなくても、不思議と退屈しない。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ