ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月21日(水) 6-3. 発送 2

13:00 昼食を終えたので、作業再開。

まずは、どこで何を買いつけたのメモを兼ねて、
すべての商品を撮影してから、
持参したノートに、商品のリストを作り、
買いつけ価格をメモしてから、
ひとつひとつを、新聞紙で梱包していく。

とは言え、レシートすらないアンティークセンターで
何十個もの雑貨をまとめ買いしているので、
ひとつひとつの買いつけ価格のメモ作りは、記憶力頼り…。

税関への申請や、日本での確定申告も絡んでくるから、
正確に書かなくちゃいけないんだけど、
正直言って、ものすごーくむずかしい…。


15:00 商品の個別包装まで、終了。
サイズ的には、用意した箱におさまりそうだけど、
重量が、オーバーしてそう。

ひとつ2kg以上あるアイロンだとか、これまた重さのあるブレッドボードだとか、
気がつけば、重い物をたくさん買いつけてしまっていたのが敗因か。

箱詰めする体力がなくなってきたので、
スーパーのクレームブリュレと紅茶で、ちょっと休憩。

↓画像クリックで拡大します。
ハードな旅の楽しみのひとつは、
うんと甘い、イギリスのデザート。
 
イギリスは物価が高いけれど、
お茶に合うお菓子は、意外と安い。
卵たっぷりの、しっかりした黄色が嬉しい。 本当は、ブラウンシュガーをかけてから、
オーブンで焼くんだけど…。

こっちは相変わらず、デザートのレベルが高い。

2個で1.69ポンドのクレームブリュレだって、ガラス容器に入っていて、
グリルで仕上げるためのお砂糖までついている、本格派。
オーブンもバーナーもない旅行者には、ちょっと悲しいけれど、
でも、お砂糖を焦がせなくたって、十分おいしい。


甘いものを食べて、すっかり元気になったので、
一気に箱詰めを済ませてしまった。

さあ、あとは、このとんでもなく重い箱を、
郵便局まで運ぶだけだ!

宿の階段は、ものすごく細い上に、
雑貨がたくさん飾ってあるから、慎重に運搬しないと。

↓画像クリックで拡大します。
小さな商品中心に買いつけているので、
この箱ひとつに、何百個という商品が入る。
 
B&Bの、細い細い階段。
大きな荷物を運ぶのは、どきどき。

箱の蓋は開けたままで、郵便局に行き、
まず、荷物の重さだけ量らせてもらったところ、
やっぱり、「30kgまで」の規定を、オーバー!

4kgほど減らせば、ギリギリいけそうだったので、
アイロンを2つぬいて、なんとか送れる重さになった。

その場で、税関用の内容物リストを書いて、
無事に発送完了!

発送は明日の予定だったのに、まるまる一日、予定が開いちゃったや。


とりあえず、送りきれなかった商品を持って宿に戻り、
段ボール箱の残骸を片付ける。

↓画像クリックで拡大します。
役目を終えた、穴あき段ボールたち。

この旅での発送は、これで終わり。
送りきれなかった分と、ロンドンで買いつける分は、
自分で持ち帰ることになる。
飛行機の規定重量をオーバーしてしまいそうで、ひやひやだけど…。


時刻は、16:00。
まだまだ外も明るいし、ちょっと、お散歩でもしてこようかな。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ