ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月20日(火) 5-3. また段ボール箱さがし

宿に荷物を置いて、早速、段ボール箱探しへ。

前の町で、段ボール箱探しにはとっても苦労したので、
今度こそ、前もって探しておけるように、
予定より2時間も早く、こちらに来たのだ。


とりあえず、村にひとつの郵便局へ行ってみたけれど、
小さな郵便局だからか、やっぱり、
あまりに小さすぎる箱しか、置いていなかった…。

しかも、その小箱も、在庫が3つしかないので、
たくさん買って組み合わせることすらできない。

ダメモトで、局員さんに聞いてみると、
「大きな箱だったら、スーパーでもらえばいいんじゃない?」と言われた。

それはわかってるんだけど、そううまくも行かないんだよなぁ…と思いつつ、
お礼がわりに、梱包に使うクラフト紙だけ買って、村にひとつのスーパーへ。

↓画像クリックで拡大します。
小さな村の、小さな郵便局。  村ひとつのスーパー。 

大き目のコンビニ程度の広さのそのスーパーは、
村にひとつのスーパーだけあって、ドッグフードから靴下まで、
一応、生活に必要そうな一通りのものが並べられていた。

また断られる覚悟で、レジの女の子に聞いてみると、
「段ボール?そこにあるから持って行っていいよ」と、
目立たないところに詰まれていた段ボールの山を指差してくれた。
やったー!!

大喜びで、使えそうな箱を分けてもらい、
前が見えないほどの箱の山を抱えて、宿に向かった。

↓画像クリックで拡大します。
段ボール箱を確保できて、一安心。

部屋に箱の山を置いて、ほっと一息。

やっぱり、事前に箱を用意できると、気分の軽さが違うや。
通気穴の開いた箱や、蓋のない箱ばかりだから、このままでは使えないけど、
とりあえず、材料さえ確保できれば、夜にでも工作すればいいしね。


今日の予定は無事こなせたし、おなかもすいたので、
散歩がてら、村を散策。

この村は、有名なコッツウォルズ地方にあるとは言え、
駅もなければ、とりたてて観光スポットがあるわけでもない村で、
日本からは、わざわざ路線バスに乗って訪れる人はほとんどいないようだけど、
それでも、近隣からの観光客目当てらしいお店が、2-3軒、あるみたい。

ドールハウス専門店や、クリスマスグッズ専門店、小さな小さなギャラリーなどの
小さなショーウィンドウをのぞいている間に、ハイストリートを歩き切ってしまった。

これで、この村の、住宅地以外の場所のことは、ほとんどわかったはず。

↓画像クリックで拡大します。
どんな村にも必ずある、教会。 
 
ドールハウス専門店のショーウィンドウに、ため息。

昼下がりのこの時間でも手軽に食事がとれそうなお店は
どうやら一軒しかないようだったので、
今来た道を引き返して、小さなカフェに入った。


お世辞にも、洗練されているとは言えない、古い雰囲気のカフェの店内には、
なじみ客らしいお客さんが、一人だけ。

メニューにあるのは、ハンバーガーに、パニーニサンドに、
ジャケットポテトに、タイカレーとライスのセット・・・?
随分悩んだけれど、チーズナチョスつきのビーフバーガーと、
ホットチョコレートをオーダーした。

まずは、あの生クリームたっぷりの、ホットココア。
最初の頃は、甘すぎてなじめなかったけれど、
今では、疲れている時にこれを飲むと、ほっとする。


今日も、4時間以上もかけて大移動した後に、
休む間もなく歩きまわっていたせいか、かなり疲れてるなぁ。

店内をぼんやり眺めていると、
確かに、ビニールクロスは時代遅れですっかり色あせているし、
冷蔵ケースの中には、ケーキと一緒に、丸ごとのレタスが入っていたりもするけれど、
ところどころに、アンティークらしい雑貨も置いてあったりで、
きちんと片づければ、いい感じのお店なんだろうな、という感じがする。

壁にかかってる、アンティークの地図フレームは、
わたしが買ったものの、バージョンちがいみたい。
コッツウォルズの地図のもあるのかぁ、欲しいなぁ…。

…なんて考えながら、しばらく待った後、 運ばれてきたのは、
あのバーカーキングのハンバーガーもびっくりな、
特大サイズのハンバーガー!

↓画像クリックで拡大します。
カフェで、ほっと一息。
クリームたっぷりココアはイギリスの定番。 
店内にさりげなく飾られた
アンティークを眺めながら…。 
びっくりサイズの、ハンバーガー!
まわりに敷いてあるのは、チーズナチョ。

パンはふかふか、ビーフもとってもジューシー、
チーズは、味が濃くて、とろっとろ。

日本で食べるハンバーガーより、ずっとずっとおいしいのは間違いないけど、
とにかく大きくて、分厚くて、1/3も食べられなかった。

おなかもいっぱいだし、まだ宿に戻るには早いし、
散歩がてら、明日行くアンティークショップの下見でもしようかな。
どんな品物があるのかを見ておけば、
箱づくりにも役に立つかもだしね。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ