ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月20日(火) 5-2. 次の町へ

11:54 時刻表どおり、乗換駅に到着。
次の列車のホームがわからなかったので、駅員さんに聞いて、
ホームを移動しようとすると、黒人の女の子が追いかけてきて、
「私もあなたと同じ駅に行きたいんだけど、どこに行けばいいの?」と聞かれて、
乗り換えホームまで一緒に行くことに。

乗り継ぎの電車は、少し遅れているようだったけれど、
ホームの電光掲示板には、「約5分遅れ」と出ているから、
そう心配することはなさそう。

↓画像クリックで拡大します。
乗り換え駅のホーム。 

時間になっても、電車が来ないので、
一緒にいた女の子は、かなり不安になってきたらしく、
何度も、「ほんとにここでいいの?」「どこ行きに乗るの?」
「電車はいつ来るの?」「今は何時?」と、質問してくる。
私が日本でプリントアウトしてきた、英語のスケジュール表を見せて、
一通り説明してあげると、少し安心したようだった。

大きな大きなスーツケースにつけられたままの、航空会社のタグから考えて、
彼女も、イギリスの人ではないらしい。
どこ行きの電車に乗ればいいのかも知らず、
時計も持たずに、外国で電車の旅をしちゃうなんて、すごいなぁ、と思った。


11:54 予定より5分遅れで、乗り継ぎの電車が到着。
乗客はみんな、少しあわてたように、電車に乗り込んでいく。

私と女の子が、最後尾で電車に乗り込むと、
列車はすぐに動き出した。


12:32 駅に到着。バスの出発時刻まで、あと12分しかない!
さっきの女の子とお別れして、私は、競歩みたいな早足で、
バスステーションを目指した。

とは言え、はじめて来る町なので、バスステーションの位置が、はっきりわからない。

地図を取り出して、じっくり見ている時間もないので、
何度も見ては頭に叩き込んだ地図をもとに、
できる限りの早足で、ひたすら歩く。

ところどころにある案内板を見逃さないように目をこらしつつ、
人の流れを追いかけるようにして、なんとかバスステーションに到着。

休む間もなく、2ケタはある乗り場から、自分の乗り場を探さなきゃ!
20kgを軽く超えるスーツケースと、大きなフレームを抱えて、
石畳の上を、行ったり来たり。

その様子を見ていたおじいさんが、
声をかけてくれて、乗り場を教えてくれて、
なんとか、2時間に一本のバスに乗ることができた。

↓画像クリックで拡大します。
バスの座席に座って、ほっと一息。
大きなバスステーションを眺めて
バスのチケットの説明。


13:30 目的地の、小さな町に到着。
半年前に来たばかりの町なので、バスの降車ボタンも、すんなり押せた。

目指す宿の住所は、「ハイストリート沿い」、としか教えてもらっていない。
田舎の町には、番地ってものがないのかなぁ。
重いスーツケースを引きずって、ハイストリートの端から端まで、
一軒一軒、建物の名前を確認しながら歩く。

逆方向から探しはじめたので、しばらく時間がかかってしまったけれど、
宿は、半年前にも来たアンティークショップの隣にあった。
なんて素敵な立地条件!

↓画像クリックで拡大します。
ひたすら続く、ハイストリート。 
 
真っ赤なドアがかわいい、
今回お世話になるB&B。 

玄関のベルを押すと、真っ白な髪の、優しそうな女性が出迎えてくれた。
彼女は私の顔を見るなり、「あら、予定より2時間も早かったのね!」と驚きながらも、
リビングに通してくれて、「お部屋の仕上げをしてくるから、少し待っててね」と、
2階にあがっていった。

今回の宿は、B&B。
それも、最近よくある、「小さな民宿」という感じのB&Bではなく、
昔ながらの、「自分の家のあいている部屋を提供する」といったスタイルの
古典的なB&Bで、ゲストルームの数も、2部屋しかないのだそう。

だから、暖炉のあるリビングには、読みかけの雑誌が置いてあったり、
テレビやDVDやぬいぐるみといった、カントリーらしくない雰囲気のものもあって、
オーナーの普段の暮らしの様子が、そのまま感じられる。

↓画像クリックで拡大します。
ふかふかのソファの脇に置いてあった
時計が、とっても素敵だった。

今回の部屋もなぜか、ダブルルームのシングルユース。
…と聞いていたのだけど、通された部屋は、どう見てもトリプル!
清潔感があって、居心地よく整えられた、素敵なお部屋に、思わずにっこり。

↓画像クリックで拡大します。
入り口からの眺め。 ドアの奥が、バスルーム。
 
イギリスの洗面台は、だいたいこんな感じ。  出窓からの眺めも、素敵。

ここで3日間、がんばるぞー!

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ