ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月20日(火) 5-1. 長距離列車の旅

6:00 自然に目が覚めた。
今日は、大移動の日だ!

ホテルの朝食をのんびり待っていたら、
2時間に一本の電車に乗れなくなってしまうので、
朝食は、昨日スーパーで買ったものですませることにした。

スモークサーモンのシーザーサラダに、
プラウンカクテル(小エビのマヨネーズあえ)のサンドイッチ、
牛乳に、レアチーズケーキの残り。

プリプリとしたエビがおいしくて、朝からしあわせ。

↓画像クリックで拡大します。
キッチンがなくても、しあわせごはん。
 
重い重い荷物を持って往復した、
思い出の階段。


今日は本当は、電車を3本乗り継いでから
バスに乗り換えて移動しようと思っていたのだけど、
最寄り駅は、無人駅で、自動券売機もなく、
車内販売でも、遠距離の切符は買えないようなので、
まずは、大きな駅まで、路線バスで行くことにした。

8:20 最寄の地方都市行きのバスに乗る。
朝のラッシュのバス停で、どのバスに乗ればいいのかわからなくて
隣にいた女性に聞いたら、おなじバスだったらしく、親切に教えてくれた。

今回降りるバスストップは、終点ではない上に、リクエストがないと停まらなくて、
それを逃すと、さらに30分ほど走った先の別の町に連れていかれるから、
どきどきしたけど、ひとつ前のバスストップで降りるその女性が、
降りる時に「あなたのバスストップは次よ」と声をかけてくれた。
見覚えのある景色なので、一人でもなんとかなったとは思うけど、嬉しかった。


駅で切符を買って、電光掲示板の案内を見ながら、
自分の列車が来るホームを目指す。
階段の連続で、スーツケースの重さがこたえる…。

↓画像クリックで拡大します。
出発ホームは直前までわからないので、
掲示板をしっかりチェック。
定刻通り、電車がきた。

車内に入るとまず、荷物置き場にスーツケースを置いて、
スーツケースが目に入る席に、予約が入っていないことを確認して、席についた。

イギリスの長距離電車は、特別に予約席があるわけではなくて、
予約が入っている席には、予約席であることを示す紙がはさんであるか、
席の上の電光掲示板に、予約済みであることが書いてある、というシステムなのだ。

座ってから、このあたりの座席はすべて、後ろ向きに進むことに気がついて、
景色が見づらくて、ちょっぴりがっかり。
日本の電車みたいに、座席の向きを変えられたらいいのに。

私はしばらく、通路側の席で、きょろきょろしていたけれど、
窓際の席が開いたので、そちらに移動して、
快晴の景色を楽しみながら、お昼ご飯のサンドイッチを食べることにした。
今日は、イギリスらしく、具沢山のチキン&ベーコンサラダのサンドイッチ。
イギリスのベーコンサンドは、本当においしい。

↓画像クリックで拡大します。
後ろ向きに座ってまーす。 
 
スーツケースと、送れなかった
大きな大きなフレームを連れて。 
今日は豪華に、チキン&ベーコンサラダの
ボリュームサンドイッチ。

路線バスの臨場感にはかなわないけれど、電車の窓から見る景色も、いいなぁ。
何もない、広い牧草地を通り抜ける瞬間が、とくに素敵。

↓画像クリックで拡大します。
遠ざかっていく、のどかな田園風景。 牛、発見!
 
ちっちゃいけど、ひつじも! この季節のイギリスの色は、黄色。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ