ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月18日(日) 3-6. 買いつけの夜

co-opでは、夕食は買えなかったので、
今日は、Take Awayのファーストフードですませることにする。

ピザ屋さんとケバブ屋さんが並ぶ通りで、少し悩んだけれど、
ケバブのスパイシーさが恋しくなったので、今日はケバブ!

↓画像クリックで拡大します。
イギリスやフランスに行くと、
どこにでもあるのが、ケバブ屋さん。
メニューはこんな感じ。


ヨーロッパ旅行中の日本人が、日本食が恋しくなると中華を食べるような感覚で、
アラブ圏の人は、故国の料理に近い、ケバブを食べると言う。
そして、西欧には、アラブ系の人が、とても多く住んでいる。

そのせいか、イギリスでもフランスでも、
ケバブ屋さんは、たいていどこにでもあって、
安くておいしいものが食べられるので、
地元の人や旅行者にも、人気があるのだ。


DONER KEBAB(ドネルケバブ)に、
LAMB KEBAB(ラムケバブ)に、
VEGETARIAN KEBAB(ベジタリアンケバブ)に、
…SHISH KOFTEHって、なんだろ?

慣れないメニューとにらめっこしている間、
アラブ系の店員さんは、にこにこと見守ってくれる。

ドネルケバブを注文して、サラダがついていることを確認し、
何種類かから選べるソースの中から、ホットソースをお願いすると、
「けっこう辛いけど、だいじょうぶ?」と、とても心配そうな顔をされた。

メキシコ料理が大好きな私なら、たぶん大丈夫だろうし、
せっかくのケバブを、マヨネーズやケチャップでいただくのも、
なんだか気分が出ないし、ここはやっぱり、ホットソースで!

会計の時、小銭がうまく探せないでいる私を手伝ってくれた
優しい店員さんは、Take Awayの容器に包んだケバブサンドと一緒に、
メニューの紙もくれて、「また明日おいで」ってウィンクしてくれた。

あつあつのケバブとメニューが入った袋を持って、
お店の前で写真を撮っていると、外出から戻ってきたらしい店員さんが、
大きく手を振って、ポーズを決めてくれた。
タイミングが合わなくて、写真はうまく撮れなかったけど、
一人旅の寂しさがやわらいで、なんだか嬉しくなった。


ホテルに戻って、早速、大盛りのケバブサンドに、かじりつく。
今日は一日よくがんばったし、成果もあったしで、おなかぺこぺこ!
ホットソースがめちゃくちゃ辛いけど、おいしーい!
こっちに来て一番の、しあわせなごはんに思えた。

↓画像クリックで拡大します。
ケバブサンドと、もらったメニュー。 スパイシーなひき肉が、食欲をそそる。

大きな大きなケバブサンドを食べて、
デザートのいちごムースも、ペロリ。

↓画像クリックで拡大します。
イギリスでの楽しみのひとつ、バラエティ豊かなデザート。

甘いだけじゃなく、酸味もしっかりあって、おいしい!

時刻は、20:55。そろそろ、日も落ちた。
もう一仕事、がんばろう。


22:50 商品の個別包装、完了。
眠気と疲れもものすごいけど、腰が痛い…!
あと、お風呂に入って、今日買いつけた商品の、英語での名称リストを作らなきゃ…。

↓画像クリックで拡大します。
どうか割れずに届きますように。

23:40 お風呂あがり。
もはや、ゆっくりお湯につかっても、腰痛が良くならない。
一日中歩き続けた体での、床に座っての梱包は、腰に来るなぁ。


0:38 本日の仕事、終了。
夕方に買った1Pint(568ml)のミルクが、もうほとんどないや。

明日は箱詰めと発送。
がんばろう。

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ