ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月18日(日) 3-4. 買いつけ 1

12:15 目的の町の、バスストップに到着。

まずは、イギリスで1-2を争う、大型スーパーマーケット『TESCO』に行って、
段ボール箱が売っていないか探す。

↓画像クリックで拡大します。
イギリスで一番大好きなスーパー、TESCO!

さっそく、段ボール箱が置いてありそうな、
文房具やギフトのコーナーに行ってみると、
ギフトカードだけでも100種類はありそう!

かなりの大型店舗なので、期待しながら探したけれど、
残念ながら、段ボール箱は売っていない模様。

一応、Informationへも足を運び、
笑顔が優しい、高校生ぐらいの男性スタッフに聞くと、
「どれくらいの大きさのがほしいの?」と聞かれたので、
言葉に詰まって、「大きいやつ…」と言いつつ、手で大きさを作って示す。

彼は、にっこり笑って、「ちょっと待ってね」と言い、
Infomationコーナーのリーダーらしき女性に事情を話してくれた。
ところが、ここでもやっぱり、断られる。

聞いてくれた男の子も、びっくりした様子で食い下がってくれたけれど、
リーダーらしき女性は、「2ヶ月前からダメになった」というようなことを言っている。

しばらくやり取りが続いた後、彼は、とっても申し訳なさそうに、
「ごめんね、スーツケースとか、トロリーなら、あるんだけど…」と、
代用になりそうなものを、提案してくれた。

こちらもなんだか申し訳なくなってしまって、
「それじゃだめなんです、ごめんなさい」と謝りつつ、
「大きな段ボール箱って、どこに行ったら、売ってるんですか?」と聞いてみたら、
「郵便局にはあると思うよ…今日は閉まってるけどね」と教えてくれた。

郵便局によっては、大きな箱もあるのかな。
私は、親切にしてくれた彼にお礼を言って、
TESCOで買いたかったものを買ってから、お店を後にした。



12:40 アンティークセンター到着。
外国人なんて訪れないような、宿泊施設さえない、小さな町だからか、
品揃えもお値段も、とってものんびり感じなのが、気にいっている。


まずは、わたしの好きな雰囲気のものがたくさんある、2階へ。

いまだに大きな箱がみつかっていなくて、発送に不安があるので、
今回はなるべく、小さな物を中心に。

こんな田舎のアンティークセンターには、
特にショッピングバスケットなどが用意されているわけでもないので、
すぐに、両手がふさがってしまうけれど、
半年前とおなじように、2階担当の、優しそうな男性スタッフが、
どんどん商品を預かっては、階下のレジまで運んでくれた。

半年前とおなじように、鍵のかかったショーケースを開けてもらう時や、
商品を渡す時に、少し雑談もしながら。

「このお店にまた来るために、日本から来たの」と言うと、
彼はとっても驚いて、それから喜んでくれた。

2階では、小物ばかり探していたはずなのに、
前回あきらめた、大きな地図のフレームをみつけてしまい、
思わず手にとってしまった。
もう、こうなったら、大物も買っちゃえ!
箱は、作るしかない。


買い足したかった物が、なくなってしまっていたり、
半年前からある物が、まだそこにあったり。
はじめてじゃないお店は、なんだか楽しくて優しくて、ほっとする。

2階に続き、1階もしっかりチェックしてから、
私がショッピングをしている間ずっと会計作業をしてくれていた、
レジ担当の、優しそうな女性スタッフに、お金を払う。

彼女から、両手に持ちきれないぐらいのたくさんの袋を渡されて、
「だいじょうぶ?車で来たの?」と聞かれたので、
「バスで来ました」と言うと、とても心配そうな顔をされた。

私が、背負っていたリュックサックから、
大きな旅行カバンと、キャリーカートを取り出して、荷造りをはじめて見せると、
彼女は、「わぁ、それはいいわね!」と言いながら、手伝ってくれた。

いつも、このお店の人たちは、本当に親切。

私は、そこでふと思い出して、
「この荷物を日本に送るのに、大きな段ボール箱を探してるんだけど、
 心当たりはありませんか?」と聞いてみた。

するとまたまた、「TESCOでもらえばいいんじゃないかな?」と言われたので、
「TESCOで断られたの」と言うと、彼女は意外そうな顔をして、
「じゃあちょっと待ってて、上を見てくるわ」と、探しに行ってくれ、
なんと、大きなバナナの箱をひとつ、持ってきてくれた!

私は大喜びでお礼を言って、早速その箱にも荷物を詰めて、
イギリスに来て以来、一番明るい気持ちで、アンティークセンターを後にした。

↓画像クリックで拡大します。
大満足の成果!

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ