ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月18日(日) 3-3. バスにのって

11:35 少しだけ乗りなれた路線バスに乗って、
半年前に訪れたアンティークショップのある、小さな町を目指す。

イギリスの田舎の路線バスは、たいてい、
行き先によって運賃が違うので、
乗車時に、運転手さんに、行き先と、
シングル(片道)かリターン(往復)かを告げて、
チケットを発券してもらう仕組みになっている。

でも、ここがイギリスのバスの不思議なところで、
シングル1枚と、リターン1枚が、ほぼ同じ値段なこともあれば、
リターン1枚より、シングル2枚の方が安いこともあったりもして。

その上、前述の通り、おなじ区間でも、
複数のバス会社が運行していたりする上に、
別のバス会社の便で帰るなら、往復チケットは使えなかったりするから、
ほんとにややこしい。
たいていは、運転手さんが、
なるべく安くなるように考えてくれるから、心配はいらないのだけど。

今回は、スケジュール的に、帰りのバスは
別のバス会社の便になる可能性も高かったので、
シングルチケットを購入して、念のために、
「目的地についたら、教えてください」と言って、
運転手さんからよく見える席に座った。

シングルチケット 2.8ポンド(約 609円)で、
片道40分の旅に、出発!

↓画像クリックで拡大します。
前に見えるのが、切符売り場つきの運転席。 イギリスは、車窓からの眺めが素晴らしい。

レンタカーの車窓から見るイギリスの田舎の景色が大好きな私にとって、
レンタカーを使わない今回の旅は、あののんびりとした風景が見られない、
寂しいものになると思っていたのだけど、
バスに乗って10分もすれば、窓の外は、丘、丘、丘!!

レンタカーを使わなくても、このしあわせな景色を見れたんだ!
ちょっと不便な路線バスの旅が、大好きになっていく。


路線バスは、日本では考えられないような速度で、
広大な丘の間を、村から村へと、走りぬけていく。

日曜だからか、乗客はまばらで、
小さな村のはずれや、牧草地と牧草地の間の、
どこから人が来るのかわからないようなバスストップで、
人が乗ったり降りたりする程度。


小さな村のバスストップで、ステッキとハットの似合う、
ちょっと発音の聞き取りにくい、気難しそうな老紳士が乗車してきて、
わたしの前の席に、姿勢よく座った。

しばらくすると、今度は、とても大きな犬を連れた女性が乗ってきた(!)。
とことこと車内に乗り込んできた、その大きな犬は、
慣れた様子で、老紳士の斜め前の、車椅子用のスペースに、
ぺたり、と座り込んで、くつろぎはじめた。

と、その途端に、老紳士が体を大きく乗り出して、
目を細めて、犬に話しかけ、頭をなで、
初対面らしき飼い主の女性と、それはそれは楽しそうに談笑しはじめた。

日本から来たばかりのわたしは、
路線バスに、盲導犬でもない、普通の犬が乗車してくることにも、
それを見守るまわりの人たちのあたたかい視線にも、驚いた。
知識としては知ってはいたけれど、イギリスは、ほんとうに犬の国なのだ。


犬と飼い主が下車してから、手持ち無沙汰になったらしい老紳士は、
今度はこちらを振り返って、「どこから来たの?日本?中国?」と、
わたしに話しかけはじめた。

そこから彼は、いろいろ話をひろげようとしてくれるものの、
英語がそれほど堪能ではない私には、
彼の、老人特有の、子音のはっきりしない発音が、うまく聞き取れなくて、
何度も聞き返してしまい、さっきの女性のような、
楽しい話し相手になることはできなかった。


路線バスならではの、のんびりとした雰囲気を堪能した頃、
車窓から、見覚えのある景色が見えてきた。

この道、覚えてる!
私はあわてて、下車を知らせるボタンを押して、
無事に、目的地のバスストップで降りることができた。

さあ、まずはスーパーへ寄って、段ボール箱探しだ!

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ