ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月18日(日) 3-1. イギリスの朝ごはん

4:00 自然に、目が覚めた。
広大な丘と丘の狭間の澄んだ空気に響く、鳥の声が、素敵すぎる…。

すこし時差ぼけしているのか、うんと早起きしてしまったけれど、
さすがにまだ、空も薄暗く、出窓から見下ろせる通りには、人の影もない。

いまなら、ゴミ捨て場に置いてあった段ボール箱をもらってこれるかなぁ、
でも、CCDカメラがどこにでもついている国だし、
泥棒みたいなことをするのも、やっぱりこわいなぁ…
などと考えながら、昨日のエッグタルトの残りをひとつ、ぱくり。

エッグタルトは、イギリスでの好物のひとつなのだけど、
Somerfirldのエッグタルトは、味にしまりがなくて、いまひとつかも。
やっぱり、M&Sのがおいしすぎるのかなぁ。

すこし食べたら、空腹感を感じたので、
さらに、セロリを3切れほどかじる。
昨日より、体調は回復しているのかも。

とりあえず、明日の朝も段ボール箱に困っていたら、
その時は、ゴミ捨て場に行ってみよう。


9:00 朝食の時間なので、ブレックファーストルームを探す。
それらしき部屋はみつけたけれど、人影はなく、物音ひとつしない。

フロントにも人はいなくて、
「ホテルのまわりの掃除をしているので、御用の方は携帯まで」と
電話番号が添えられたメモがあった。
びっくりするほど高い国際ローミングの携帯を使って電話をするのも
なんだか馬鹿らしかったので、しばらくぼーっとしていると、
掃除からもどったいつもの彼女が、
ブレックファーストルームまで案内してくれた。

ほどなくして、他のお客さんも4組ほどあらわれ、
それぞれに、紅茶やコーヒーが運ばれてくる。

わたしはとりあえず、シリアルを食べながら待つことにする。
フルイングリッシュブレックファーストが出る宿では、イギリス人はたいてい、
朝食がサーブされるまで、シリアルを食べながら待つのだ。
最初は、そのボリュームについていけなかったけれど、
いつの間にか、それが自然に思えるようになっていた。

4種類ほど置いてあったシリアルのうち、
一番おいしそうなシリアルの箱は、からっぽ。
朝一番なのに、残念。

他の人もたいてい、真っ先にその箱を手にしては、
「あれ?」という顔をして、他の箱に手をのばしていた。

↓画像クリックで拡大します。
光が気持ちいい朝食室。
 
まずはシリアルから。

朝食は、昨日受付をしてくれた彼女が、
ひとりひとりに、飲み物のオーダーを聞いて、運び、トーストを届け、
お客さんのやってきた順番などはお構いなしに、
催促されたテーブルから、オーダーを確認して、
随分待った頃に、おそらく彼女がひとりで調理したものをサーブしてくれる、
という、とてものんびりとしたスタイルだった。
(まわりのお客さんは、相当イライラしていたけど)

しばらく勝手がわからず、ぼんやりと待っていたせいで、
9:00に一番乗りで朝食室に着いたわたしに
ようやく朝食がサーブされたのは、9:40だった…。

話し相手もいない一人旅で、40分も待たされるのは、ちょっとつらかったけれど、
今回はじめてのイングリッシュブレーックファーストを前に、
すっかりご機嫌。

↓画像クリックで拡大します。
本当に『フルイングリッシュ』な、
とびきり豪華な朝ごはん。

たっぷりのバターは、
かわいらしく、ココットに。
日本のベーコンとはぜんぜんちがう、
厚みがあって、塩味のしっかりしたベーコン。
イギリスのソーセージは、
ふにゃふにゃで脂っぽい…。

おなかもいっぱいだし、今日はいよいよ、買いつけだ!

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ