ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月17日(土) 2-5. 足で探せ

商品を日本へ送るための、大きな段ボール箱を探して、
次はSomerfieldというスーパーマーケットへ。

↓画像クリックで拡大します。
バス停近くのSomerfield。
その後、イギリスのあちこちでみかけた。

さきほど訪れたSainsbury'sと比べると、
お店の広さも数分の一程度で、お寿司もないけれど、
一応オリジナル商品も並んでいるし、
はじめて知ったけれど、どうやらチェーン店みたい。

まずは「お客さん」になるために、軽くお買い物。
Sainsbury'sで、お寿司を買い忘れたことに気がついて、
何か夕食にできるもの…ということで、結局サンドイッチをカゴに入れた。
電子レンジすらない旅行者には、他の選択肢は、ほとんどないのだ。

あとは、バス酔いでさんざんな目にあったから、
気分がすっきりしそうなミントタブレットもカゴに入れる。

他にも、おもしろそうなものをいくつかカゴに入れて、
レジがすいているタイミングを狙って清算をすませ、レジの人に、
「日本へ荷物を送りたいんだけど、大きな段ボールありませんか?」と聞いてみた。

アルバイトらしき若い店員さんは、
つたない英語でも一生懸命耳を傾けてくれ、
すこし考えたあと、年配の男性スタッフを呼んで、相談してくれた。

その結果、このお店でももらえないようだったけれど、
「Storageに行けばあるみたい」と、
現在地からStorageへの地図を描いてくれた。

Storage(倉庫会社)、かぁ。
たしかに、イギリスから日本へ引越しをする人が、
大きな段ボールを探してもみつからなくて、
Storageへ行って買ってきた、という話も読んだことがある。
ここならいけるかも!


Town Centre(町の中心)から少し離れたところにあるStorageまで、
シンプルな手描きの地図だけを頼りに、ひたすら歩く。

地図によると、最初の角を斜めに曲がって、
ひたすらまっすぐ行けばあるはずだけど、
その「まっすぐ」が、とんでもない急斜面の上り坂だった。

もはや、お店なんて一軒もない、静かな住宅地の間を、
息を切らせながら、ひたすらのぼる…とにかく、のぼる。

のぼり坂のせいか、あまりに遠く感じたので、不安に思って、
ようやくすれ違った通行人の女の子に声をかけて、
Storageの場所を聞いてみたけれど、
申し訳なさそうに、「わからないです、ごめんなさい」と言われた。
一瞬、「このあたりのはずなのに、知らないってことは、道が違うのかな」と
不安に思ったりもしたけれど、考えてみれば、倉庫なんて、
一般の人にはあまり縁のない場所だし、当然かぁ。
女の子にお礼を言って、また、坂をのぼりはじめた。

このままみつからなかったら、どこで引き返そうか…と考えはじめた頃、
それまで並んでいたかわいらしい一軒家とはあきらかにちがう、
とても大きな、プレハブ建てのような、シンプルな建物が見えた。

どこにも「Storage」の文字はないけれど、
お客さん用の駐車場がいくつもあって、
ごくごく地味な、受付も一応あるみたい。
でも、今日はもう、閉まっているような…。

建物のまわりを、さんざんうろうろしてみたけれど、
この建物が何の建物なのかすらわからず、
とりあえず、もう少し、付近を捜してみることにした。


と、その大きな建物の敷地から出ると、
このあたりにある施設の共同駐車場があって、
そこに確かに、「Storage」の文字が!

簡単な矢印も示してあったので、
その矢印に従って、さらに坂道をのぼる。
坂は、ますます急になったけれど、足取りは軽い。


無事にStorageの入り口をみつけ、
建物の中に、たくさんの段ボール箱が詰まれていることを確認する。
その中には、明らかに空き箱らしき、大きな段ボール箱も…。
あれあれ、あれが欲しい!!

でも、なんだか妙に静かで、また少し、不安になる。
こんこん、と、受付のドアをノックしてみたけれど、誰も出てこない。

しばらく待っても何の反応もないので、
今度はもう少し大きな音で「ごんごん」と叩き、
何年も前にトトロの英語版で覚えたあのセリフ、
「すみませーん、誰かいませんかー?」を、
大きな声で、何度か繰り返してみる。
でもやっぱり、無反応…。

土曜日の夜と言えば、こんな小さな町では、
お店は、閉まっているほうが自然とも言える時間だ。
未練いっぱいの目で、窓ガラスの向こうに見える段ボール箱をみつめながら、
日をあらためればなんとかなるかもしれない、という希望も抱いて、
のぼってきたばかりの坂道を下りはじめた。

↓画像クリックで拡大します。
そこに見える空き箱が、何より欲しい…。 のぼりは息も絶え絶え、
くだりは、見晴らし最高!
やっとTownCentreまで戻ってきた。


前へ < 旅日記 ホーム > 次へ