ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月17日(土) 2-3. 段ボール箱を探しに

遅めのお昼ごはんを食べ終えると、時刻は17:00前。
スーツケースの荷解きもそこそこに、必要な物だけをリュックに詰め込んで、
事前に調べておいたスーパーマーケットに向けて、出発!

目的は、買いつけた商品たちを日本へ送るための、
大きくて丈夫なダンボール箱探し。

前回の買いつけ旅行でも苦労したのだけど、
イギリスでは、日本のホームセンターような、
大きな段ボール箱を売っているお店、というのが、なかなかないのだ。

小さな村の郵便局にあるのは、
雑貨をほんの2-3点詰めるともう、いっぱいになるような、
それはそれは小さな箱だけだし、
大きなホームセンターにも、「段ボール箱」という商品はないし。

イギリスの人はみんな、
「段ボール箱が欲しいなら、スーパーでもらえばいい」と言うので、
わたしもイギリス人にならって、スーパーへ行ってみることにした。


買いつけの旅で一番不安なのが、この、
「ちょうどいい大きさの箱が、必要なだけ手に入るか」ということなのだけど…。


駅の向こうにある大手スーパー 『Sainsbury's』を目指して、
さっきは大きなスーツケースを抱えて歩いてきた道を、
今度はいくぶん身軽になった体で、すたすたと歩く。


わたしは、外国の町を歩く、という行為が、とても好きだ。
と言うより、自分の足で歩かないと、その土地と仲良くなれた気がしないのだ。

タクシーより、地下鉄より、レンタカーより、自分の足で歩くことが、
何より、その町や村を、感覚として理解することにつながると思う。
一度歩きたおした場所は、一年後に訪れても、
地図も見ずに、すたすたと歩ける。

その角を曲がると、遅くまでごはんが食べられるケバブ屋さんがあって、
その向かいには、ガムテープや梱包材の揃う、小さなよろず屋があって、
その先のパン屋さんの、あま〜いプリンが、疲れた時には、たまらなくおいしくて…。

そんなことを知っていると、一人で外国に行く、ということも、不安ではなくなる。
よく知ったあたたかい場所に、また戻る、という気持ちになれるから。

今日はじめて訪れるこの小さな町も、
きっとこの先、何度も来ることになるだろうから、
たくさんたくさん歩き回って、できるだけ仲良しになっておきたくて。


たくさん目を見開いて、きょろきょろしながら歩いた夕方の町は、
Town Centre(町の中心)近くを流れる川の音と、たくさんの鳥たちの声をBGMに、
ヨーロッパの田舎らしい、小さいけれど愛らしい商店たちが立ち並ぶ坂道に、
この時期のイギリスの、夜8時頃まで明るい日の光が差し込んで、
それはそれは、美しかった。

↓画像クリックで拡大します。
流れる川の音が素敵な端のむこうに、
町の中心と、丘の上へ続く坂道が見える。
近くを通るだけで涼しく感じるような、
透き通った流れの美しい清流。
TownCentre(町の中心)にある、
小さなラウンドアバウト(ロータリー)。

イギリスの田舎は本当にどこも、「行けば都」だと思う。
ガイドブックにも載っていないような小さな町だって、
ひとつひとつが、本当に愛らしい。

目的なんてなんでも良くて、目的地さえどこでも良くて、
とにかく、行けば、そこに、「絵葉書のような風景」がひろがっている。
それが、イギリスだと思う。


土曜日だから早く閉まってしまった、
小さなお店のショーウィンドウたちをのぞきながら、
石造りの橋で、川を越え、電車のレールも越えて、
野鳥の声だけが響く、涼しい木立を抜けたところに、
目的のスーパーマーケットが見えた。

↓画像クリックで拡大します。
野鳥の声だけが響く木立を抜けると、
そこにスーパーがある。
閉店後のアンティーク店でみつけた、
古いレコードプレーヤー。素敵…。
SALE価格でも、今回はちょっと
手が出せないお値段で、残念。


前へ < 旅日記 ホーム > 次へ