ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月17日(土) 2-2. 路線バスで小さな町へ

15:30 コーチを降りた町で、今度は路線バスに乗り換え。
イギリスの路線バスは、バス停のアナウンスもないし、
お客さんの希望がなければ、バス停にも止まらないしで、
とても難しいと聞いていたので、どきどき。

下調べで、何度も何度も地図を見ていたおかげで、
目的地周辺の道の名前がわかっていたので、無事に降りられた。


降りる町は合っていたけれど、どうやら、
予定していたのと少し違うバス停に着いたみたい。
イギリスのバスは、同じルートで複数のバス会社が運行していて、
バス会社によって、使うバス停が違ったりするので、ややこしい。

はじめての町でこれじゃ、どっちに向かって歩けばホテルに着くのかが、わからない。
コンパスは持ってるんだけど、現在地が微妙にわからなくて…。

こっちかな、と思って歩きはじめたけど、やっぱり不安になって、
バス停の前のベンチで井戸端会議をしていた人の良さそうなおじいさんに、
地図を見せて、現在地を聞いてみた。

どこへ行きたいのか聞いてくれて、丁寧に、
「今いるのがここで、この道をまっすぐ行って、あの橋を渡ったらこの道で、
 だから君が行きたいのは、あっちだよ」と、教えてくれる。
あやうく逆方向に行くところだったみたい。
ありがとう、おじいちゃん!


重いスーツケースをひっぱって歩き、予約しておいたホテルへ。

ガイドブック 『ロンリー・プラネット』にも載っていない、
この、観光客は訪れないような小さな町に、たったひとつのホテルは、
昨日のロンドンのホテルよりもずっと安いのに、
豪華なバスタブつきの、ひろびろダブルルーム!

↓画像クリックで拡大します。
窓からの光と、アンティーク家具の優しさが
とても居心地のいい部屋。
バスルームのタイルがオシャレ! バスタブつきは、やっぱり嬉しい。

大きな出窓からは、イギリスの田舎の町らしい、
ゆったりとした、だけど歴史を感じられる、素敵な眺め。
そして、何より嬉しい、たくさんの鳥たちの声。
なんて安らかな気持ちになれる部屋なんだろう。

他に宿もないし・・・と、最低限の設備しか期待していなかった私にとって、
これは、想定外の居心地のよさだ。
こんなところに3泊もできるなんて、しあわせ!

↓画像クリックで拡大します。
大きな出窓からの眺めも、素敵。 イギリス2回目のサンドイッチ。 
今度は、ハムチーズレタス。
出窓の隙間からのぞいた、
イギリス中部の小さな町。

16:30 コーチで食べる予定だったサンドイッチで、遅めのランチ。
今度は、ハム&チーズ&レタスサンド。
気が張っているせいか、空腹感はないけれど、ソースがしっかりした味で、おいしい!

田舎の町はずれだから不安だったけど、携帯の電波も、ちゃんと届くみたいだし、
お店も多いし、思ったよりはずっと、過ごしやすそうなところみたい。
ここで4日間、がんばるぞー!

前へ < 旅日記 ホーム > 次へ