ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
2008年5月16日〜26日、イギリスへ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけ旅行の様子を、ご紹介します。

 
2008年5月16日(金) 1. Osaka → London

前日、ギリギリまで資料整理をしていたせいで、少し寝不足なまま、
スーツケースの中に、詰められるだけの『ぷちぷち』と、
50kgまで運べるキャリーカートを詰め込んで、
朝一番のバスで、関西国際空港に向けて出発。
24時間+8時間という、長い長い一日のはじまり。

朝ごはん用に、コンビニで、おむすび3つを購入。
普段なら、おむすびは2つしか食べないのに、
直前に、映画 『かもめ食堂』を見たせいか、
おむすび=3つセット、というイメージになってしまって。

空港へ向かうリムジンバスの中で、まずひとつ、ぱくり。
空港へ着いて、落ち着いてから、もうひとつ、ぱくり。
ここで、おなかいっぱい。
うーん、やっぱり3つは、多すぎたかなぁ。


移動中は、連日の渡航準備作業でいためた腰がつらくて、
服の上からコルセットを巻いて耐えた。

今回は、直行便を利用したので、フライト時間はいつもより短い、12時間。
いつもより短いとは言っても、やっぱり、かなり長く思える。

↓画像クリックで拡大します。
今回は、現地での時間を
できるだけ有効に使うため、
JALの直行便での渡航です。
スーツケースを預ける時は、
重量オーバーしないか、いつもどきどき。
機内食を食べたあと、
国内でできなかった準備の続きを。

機内ではまず、2台持ち込んだデジカメの時計を、現地時刻に補正してから、
現地で使うお金を計算して、両替のスケジュールを組み、
電子辞書片手に、発送作業に必要な英単語リストを作ってから、
少し仮眠して、あとはのんびり、映画を見て過ごす。

朝から少しあった頭痛が、どんどんひどくなってくるので、
不安に思いながら…。


14:30 ヒースロー空港到着。

トラベラーズチェックをすこし現金化し、
London市内へ向かうコーチ(長距離バス)のチケットを買ってから、
『WHSmith』というコンビニで、今夜の夕食用に、
サンドイッチと、好物のブラックカラントジュースと、
おなかがすいた時用のオーツ麦ビスケットを購入。

London到着日は、一日が長い上に、疲労もたまっているので、
夕食はこうしてあらかじめ用意しておかないと、
「ごはん食べに行く気力もないし、もういいや…。」となって、食べられなくなるのだ。

チケットを買っておいたコーチが、定刻を15分過ぎても来ないので、
スタッフに問い合わせると、別のコーチに乗せてもらえることになった。
言うことは言わないと何もできない、イギリス生活のスタートを実感。

↓画像クリックで拡大します。
コーチ乗り場近くのコンビニ。
いつもお世話になってます。
日本の感覚のまま薄着で来ると、
このコーチ乗り場での待ち時間が、寒くって!

コーチの車内では、睡眠不足からくる頭痛と車酔いが、どんどんひどくなって、
本気で泣きそうに…。


17:10 London中心部 Victoria Coach Station到着。

徒歩12分の場所にあるエコノミーホテルまで歩き、4階の部屋の鍵を渡されて、
約16kgのスーツケースと、重いリュックを、階段で4階まで運んだはいいけれど、
部屋があまりに狭すぎて、ドアがほとんど開かず、スーツケースが入らない!!

私自身も、リュックを背負ったままではドアを通れないので、
リュックを外して、横向きになって部屋に入り、
ベッドの上から、リュックを室内にひっぱりこんで、
スーツケースをなんとか室内にひきずりこんだのが、18:00。

あまりに不思議に思って、持っていたメジャーでドアの隙間を測ったら、
たったの33cm…。
火事になったら、絶対に逃げ遅れそうな部屋!

Londonはとにかく物価が高いので、
この、2畳程度のスペースにベッドを無理矢理置いたようなシングルルームでも、
田舎の、ファミリー用のバスタブつきの豪華なお部屋よりも、ずっとずっと高い。

↓画像クリックで拡大します。
ロンドン中心部のホテルは、とにかく狭い!
歴史ある建物なので、エレベーターもなし。
ドアは33cmしか開かない。 荷物を取り出すのも、大変。

18:15 あまりの頭痛に耐え切れず、最後のおむすびを食べて、
鎮痛剤を飲んで、少し横になることに。
シャワーも浴びたいし、荷物の整理もしたいけど、
最悪、明日の長距離バスにさえ乗れれば、もうそれだけでいいや。

20:00 90分ほど仮眠を取ると、頭痛はおさまっていたので、
サンドイッチを一口食べてはみたものの、
体調不良のせいか、どうしても、それ以上は食べられなくて。
日本から持参していた、食べなれたお菓子があったので、
それを食べて、荷物の整理だけすませて、再び仮眠。

↓画像クリックで拡大します。
空港で買っておいた夕食。

21:50 頭痛が完全におさまっていたので、
今日やるべきことをひととおり終えて、なんとか就寝。

イギリス生活初日の、長い長い一日が終わった。

  旅日記 ホーム > 次へ