ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
買いつけの旅は、ツアー旅行にもガイドブックにも頼れないから、
大変なことも多いけど、そのぶん、どきどきするような出会いもいっぱい。

手探りの旅で出会った、とっておきの景色や、しあわせな思い出を、
のんびり少しずつご紹介します。


英国・コッツウォルズ地方
 
Bourton on the Water (ボートン・オン・ザ・ウォーター) のパブ

イギリスの田舎の村の例に漏れず、ボートン・オン・ザ・ウォーターでも、
夜になるとほとんどのお店が閉まってしまうので、
必然的に、夕食はパブでとることになりました。

最初にふらりと入ったパブで、食事を注文しようとして、
「うちは、夜はお酒しかやってないから、
 食事がしたいなら、あの店に行くといいよ」と
親切な店員さんに教えられてたどりついたのが、
夜でもごはんが食べられる、『THE KING'S BRIDGE INN』。

村の真ん中、ウィンドラッシュ川のほとりにあるので、
簡単な道案内をもとに、すぐにみつけられました。

今回は、村の郊外にあるB&B(民宿)から、車で村に来ていたので、
残念ながらお酒は注文できなかったけれど、
ソフトドリンクと食事だけでも十分楽しめる、
とてもカジュアルな感じのお店でした。


まずは、カウンターのドリンクコーナーに並んで、
オーダーを…と思ったら、メニューがない!
「何があるの?」と聞いてみたら、「何が飲みたいの?」と聞かれる。

日本でも飲み屋さんには円がない上に、パブ初体験の私は、
何ならあるのかがさっぱりわからず、
「何かジュースはありますか?」と聞いて、
「オレンジジュースならあるけど、それでいい?」と言われ、
値段も聞くことなく、オレンジジュースを手にすることに。

でもとりあえず、日本では見たことないジュースが手に入ったし、満足!


その後も、オーダーの仕方がわからなくて店員さんを困らせたりしながらも、
フィッシュ&チップスと、ボロネーゼパスタのセットを、なんとか注文。

↓画像クリックで拡大します。
ビールは飲めないけど、
食事でも十分楽しめる。
とりあえず、フィッシュ&チップス!  こちらは、ボロネーゼパスタ。
日本のものとは、かなり印象が違う。

ボートン・オン・ザ・ウォーター自体は、
日本で発行されているガイドブックにも必ず載っているほど、
日本人にも人気の観光地なのだけど、
英語が母国語でない人がパブにまで来るのはめずらしいのか、
言葉の通じにくい私たちに、
店員さんは、困りながらもとっても親切に対応してくれました。

お料理は、私には少しこってりしすぎていて、
「めちゃくちゃおいしい!」ってことはなかったけれど、
外国の料理が味わえること自体が嬉しいし、
パブのにぎやかな雰囲気がとても楽しいしで、
とってもいい夕食になりました。

↓画像クリックで拡大します。
 
とにかくにぎやかに飾りたてられていて、
内装を見ているだけでも、飽きない。
夜遅くまでにぎやかなのは、パブだけだから、
はじめての村でも、探せばすぐにみつかる。
 

外観は内装も、とっても雰囲気のある、いいお店だった〜。