ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
買いつけの旅は、ツアー旅行にもガイドブックにも頼れないから、
大変なことも多いけど、そのぶん、どきどきするような出会いもいっぱい。

手探りの旅で出会った、とっておきの景色や、しあわせな思い出を、
のんびり少しずつご紹介します。


英国・コッツウォルズ地方
 
Bourton on the Water (ボートン・オン・ザ・ウォーター)

コッツウォルズ地方をまわる時にいつも拠点にする、人口約3000人の小さな村。

↓画像クリックで拡大します。
やわらかな朝の光に包まれた
ライムスートンの建物たちに、うっとり。
FISH and CHIPS屋さんは
いつも笑い声でいっぱい。 
この川沿いをのんびり歩いていると、
すれちがう人みんなと笑顔で挨拶できる。

「コッツウォルズのベネツィア」とも呼ばれるボートン・オン・ザ・ウォーターは、
村の中心を流れるウィンドラッシュ川に寄り添うようにして、
『ライムストーン』というこの地方の石で作られた愛らしい建物が立ち並び、
朝も夜も、とても表情豊かな色合いを見せてくれる、絵になる村です。

↓画像クリックで拡大します。
絵はがきやティーポットなど、お気に入りを探して 
小さなお店を見てまわるのが、楽しい。
テイクアウトもできる、
かわいいアイスクリーム屋さん。
日本へのポストカードに、
たっぷりのどきどきをこめて。

裏通りのパン屋さんには、
観光客の姿もなく。
ハイストリートからはずれると、
ここで生活している人たちの
息づかいを感じる。
朝もやにかすむ村、夕日にたそがれる村、
どちらも本当に、趣がある。

それぞれに愛らしく、昔のままの雰囲気を残すコッツウォルズの村々の中でも、
ボートン・オン・ザ・ウォーターはとりわけ、いい意味で今っぽさがない、いごこちのいい村。

カメラを片手に、ハイストリート沿いをのんびり歩いて、
気になったお店をぷらりとのぞいて、
おなかがすいたら、フィッシュ&チップスを買い食いして…。
プランなんか何もなくても、自然とコッツウォルズの休日を満喫できちゃう。

ファーストフードっぽくて気軽に食べられる
フィッシュ&チップス屋さん。
ここのフィッシュ&チップス、
いままで食べた中で一番おいしかった!
チキンとマッシュルームのパイも、
イギリスらしい、いい味。

ふらりと訪れたこの村が気に入ったなら、
インフォメーションで、こじんまりとしたB&B(民宿)を確保して、
好きなだけ、このしあわせだらけの村を、満喫。

ウィンドウショッピングや、買い食い、パブでのディナー、
村全部を1/9サイズで再現したモデルヴィレッジの観光、
バードランドでの野鳥やペンギンとのふれあいなど、
村の中心部での遊びをひととおり楽しんだあとは、
地元の人がするように、フットパスをお散歩するのも楽しい。

朝のやさしい光をあびるウィンドラッシュ川のきらめき、
夕方の切ない光に照らされた歴史ある石造りの民家、
大きな木の下に身をよせあって雨宿りするひつじたち…。

忙しい日常の中で忘れかけていた、生きる喜びを、胸いっぱいに感じるはず。
 
こころをゆさぶられる、
夕暮れの裏通り。
川沿いの芝生をよちよちと歩くカモ、
踏んづけないように気をつけないと。
カモに注意、の標識がかわいらしい。

誰でも歩ける、バプリックフットパスは、
あまりに贅沢な散歩道
すぐそばに、のんびり草をはむ
ひつじの姿が。
フットパスをたどって、自分だけの
とっておきの景色をみつけるのが楽しい。