ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
買いつけの旅は、ツアー旅行にもガイドブックにも頼れないから、
大変なことも多いけど、そのぶん、どきどきするような出会いもいっぱい。

手探りの旅で出会った、とっておきの景色や、しあわせな思い出を、
のんびり少しずつご紹介します。


英国・コッツウォルズ地方
 
Stow on the Wold (ストゥ・オン・ザ・ウォルド)

コッツウォルズ地方をまわる時にいつも拠点にする村 『ボートン・オン・ザ・ウォーター』から
車でほんの5分ほどのところにある、コッツウォルズでもっとも標高の高い丘に位置する町です。

↓画像クリックで拡大します。
町の中心にある、聖エドワーズホール。 小さな村に、アンティークショップがひしめく。 国内からの観光客に人気の村なので、
駐車場の空きをみつけるのにも一苦労。

かつては、町の中心にある広場で羊の取引が行われていた、羊毛の町だったそうだけど、
現在のストゥは、アンティークの町。
小さな町の中に、50ものアンティークショップがひしめく、
イギリスのアンティーク好きさんに大人気の町なのです。

ここも町の入り口がわかりづらく、最初の旅では結局たどりつけなかったのだけど、
一度訪れてみれば、そのこじんまりとした入り口からは想像もできない賑わいにびっくり。

このかわいらしい町並みの中に、アンティークショップをはじめ、
雑貨屋さんに、絵はがき屋さん、お土産屋さんと、こだわりのあるお店ばかりたくさんあるので、
通りをそぞろ歩いているだけでも飽きない、時間がたつのを忘れてしまうような町なのです。

アジア系らしき観光客には一度もすれ違わなかったけれど、
観光客用の駐車場はぎっしりだったから、車でぷらりと遊びに来れるような場所からの訪れが多い、
地元の人に愛される観光地、といった感じかな?

↓画像クリックで拡大します。
10月下旬、色づいた木が
この歴史ある町並みをいっそうひきたてる。
すいこまれてしまいそうな、
教会の入り口。
魅力的な路地が
たくさんある町。

アンティークの町と聞いて、どきどきしながら買いつけに訪れたものの、
残念ながらここのアンティークは、私の探している「がらくた」ではなく、
ピカピカに磨かれた高級家具などが中心のようで、
お店に並べるアンティーク商品の買いつけはできませんでした。

でも、本格的なドールハウス用品などが並ぶ雑貨屋さんや、
手は出ないけど、ため息の出るような存在感の懐中時計など、
日本にはない「がいこく」な物がたくさん並ぶお土産屋さんなどを眺めるだけでも楽しかったし、
この歴史ある町の中にたつ、秋の色づいた木を風が吹き抜ける瞬間のあまりの美しさには、
心をわしづかみにされて、立ちつくして見とれてしまいました。

その日の宿を探すために訪れた、インフォメーションのスタッフの方も、
海外からの観光客にも慣れていて、とても親切だったし、
にぎやかだけど治安も悪くないし、コッツウォルズらしい町並みの魅力はたっぷりだし、
海外旅行初心者さんにも、おすすめできる、とっても素敵な町です。

 
小さな画材屋さん。
お店のひとつひとつが、とにかく愛らしい。
郵便局の看板が、かわいい!
両替したり、切手を買ったり、お世話になりました。