ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 

 
買いつけの旅は、ツアー旅行にもガイドブックにも頼れないから、
大変なことも多いけど、そのぶん、どきどきするような出会いもいっぱい。

手探りの旅で出会った、とっておきの景色や、しあわせな思い出を、
のんびり少しずつご紹介します。


英国・コッツウォルズ地方
 
Lower Slaughter (ロウアー・スローター)

コッツウォルズ地方をまわる時にいつも拠点にする村 『ボートン・オン・ザ・ウォーター』から
歩いて行けるぐらい近くにある、絵ハガキのように美しい村です。

↓画像クリックで拡大します。
村の中心を流れる川。 カモも人をこわがらない。 イギリスではたいてい、
小さな村にも立派な教会がある。

前回の旅では、お世話になったB&Bのオーナーに「スローターもぜひ見ておいで」と
おすすめしてもらったのだけど、あまりに小さな村なので、村の近くを車で何度通っても
入り口がわからなくて、結局たどりつけなかったのです。

滅多に行けるところじゃないし、まぁ仕方ないか…と、一度はあきらめたのだけど、
帰国後、「コッツウォルズで一番好きな村は?」というアンケートに
迷いもなく『スローター』と答えている人がいるのを見て、
「あの素敵な村ばかりのコッツウォルズで一番だなんて、どんなに綺麗なんだろう」って、
ますます気になってしまって。

そんな思い出もあって、ふたたびイギリスに行くことが決まった時、
真っ先に見たいと思ったのは、この村でした。

やっぱり通りすぎそうになりつつも、なんとかたどり着いたロウアースローターは、
観光案内所も何もないし、観光客の姿もまばらな、ほんとうに小さな村だけど、
水の音も、朝の光も、何もかもが、ゆるやかであたたかかった。
百年以上前から時間が止まっているかのような、
そこにいるだけで生きる喜びがこみあげてくる、優しい時間がすごせる場所でした。

買いつけのスケジュールの合い間をぬって訪れたから、のんびり見る時間はなかったけど、
今度は、ゆったりたっぷり歩いて、目にうつる物すべてを、心に焼きつけてきたいな。

その時には、小さなお土産屋さんにたくさん並んでいた、手作りのバスケットも、
ひとつ連れて帰りたい。


↓画像クリックで拡大します。
こんな建物の一軒一軒に、
今でも人が住んでいる。
どのおうちも綺麗に手入れされていて、
家並みを見て歩くだけでも楽しい。
ザ・オールド・ミル(水車小屋)の水車。
すぐ隣の草地では、ひつじがお食事中。