ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 - アンティークKOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_uk_01.gif 2013年7月イギリス(&ドイツ)
  1-1. 新婚旅行も兼ねて
  1-2. イギリス初日の洗礼
  2-1. はじめての朝食
  2-2. Stow-on-the-Wold
  2-3. Bourton-on-the-Water
  2-4. Broadway
  2-5. 買いつけ拠点へ
 

 
icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 
↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。

↑ KOKONのInstagram。
新着商品やおうち写真など。

 
2013年8月10日〜18日、イギリス(とドイツ)へ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけや観光の様子を、ご紹介します。

 
2013年8月10日(土) 2-4. Broadway

ボートン・オン・ザ・ウォーターを離れ、
すぐ隣の小さな村・スローターを散策…のつもりだったのだけど。

時期はバカンスシーズンの真っ最中。
そしてスローターは、人口150人の小さな村。
結論から言うと、車を止められるスペースが残っていなかった。

小さな小さな村なので、本当に、無理なものはどうしようもない。
住民に迷惑をかけるわけにもいかないので、
今回は泣く泣く退散することにした。

あの愛らしい水車、夫にも見せてあげたかったんだけど。



というわけで、次の目的地は、ブロードウェイ。
ボートンから10マイルもない距離にある、かわいらしい町だ。

羊を眺め、牛を眺め、馬を眺め、ご機嫌で車を走らせていたら、
ブロードウェイ・タワーに続く道を発見。
元々ここにも立ち寄るつもりだったので、
先に見学していくことにした。

13:55 砂利道の脇に車を停めて、歩いていくと…。


↓画像クリックで拡大します。
突然現れる、古い塔。

じゃーん!
丘の上に突然現れる、古めかしい塔!
これこれ! これがブロードウェイ・タワーだ。

ずっと前に来たこのタワーとここから見る景色が、
どうしても忘れられなくて。

目の前に広がる映画やゲームのような風景に
夢中でシャッターを切りながら、タワーまで歩く。


↓画像クリックで拡大します。
まるでファンタジーゲームの世界! なんて絵になるんだろう…。

この日は天候にも恵まれて、とにかく素晴らしい景色。
本当に、ゲームの世界に迷い込んだような気分だった。
まわりに人がいなければ、ドラクエだよね。

一階のお土産屋さんで入場料を払い、
狭い螺旋階段を上っていく。

↓画像クリックで拡大します。
この階段のデザインが好き。

クリーム色の塗り壁に、ダークブラウンの踏み板。
我が家の階段とそっくりだなぁ。

途中で、塔の内部にある展示室に出る。
パネルをチラ見して、古いカメラにわくわくして、また階段へ。

↓画像クリックで拡大します。
古いカメラにときめく! こんな感じで、パネルがたくさん。 この地域の歴史も書かれているみたい。

狭い狭い螺旋階段を、またひたすら上る。
何周したのかわからなくなるほど、とにかくぐるぐる。

いよいよ、塔の上へ。
じゃーん! コッツウォルズを一望だー!!

↓画像クリックで拡大します。
眼下に広がるコッツウォルズ。 これぞまさに見張り塔。 運が良ければシカが見られるんだけど。

山もない、電線もない、ビルもない。
ただただ、美しい丘と、愛らしい村が点在する、夢のような景色。
外国の風に吹かれながら、私はまた夢中でシャッターを切った。

それにしてもこの塔、何から何までゲームっぽい。
重い重い鉄の扉を開く「ギギギ…」という音が、
大好きな古いゲーム「MYST」を思わせる。

こんな景色、本当に現代に実在するんだなぁ…。



タワーからの眺めを満喫し、
お土産屋さんをひやかしてから、
今度はブロードウェイの町へ。

14:50 とりあえずみつけた駐車場に車を停める。
24時間2ポンドだなんて妙に安いな、と思ったら、
町の中心から随分離れた所だった。失敗。

トイレを探して、歩き回る羽目に。
結局、町の中心近くの駐車場に併設されたトイレのお世話になった。
知ってたら、最初からここに停めたのになぁ。


気分を取り直して、いざブロードウェイ観光へ!

↓画像クリックで拡大します。
その名の通り、広い道! とりあえず地図をカメラに。

ブロードウェイは、ずっと昔にお世話になった宿のおじいちゃんに教えてもらった町。
とてもLovelyな町だよ、との言葉どおり、とにかく街並みが愛らしいのだ。

大きな通り沿いに立ち並ぶ小さなお店を眺めながら、
ただぶらぶらと歩くだけでも、楽しい。

せっかくだからお茶でもしようか、ということになって、
いろんなお店を見てまわった。

ヨーグルトアイスの持ち帰りが気になったけど、
歩きすぎて疲れていたので、ゆっくりと座れそうなティールームへ。

↓画像クリックで拡大します。
ひっそりとしたティールームを発見。 スコーンがある!!

15:35 イギリスといえば、スコーン。
手作りのスコーンを出してもらえるとのことで、
「クリームティーセット」、つまり、
クロテッドクリームつきのスコーンと紅茶のセットを注文した。

スコーンは、プレーンとフルーツのミックスで。
「フルーツって何が入ってるの?」と聞いたら、レーズンとのこと。楽しみ!


シンプルで現代的な内装のお店で、のんびりとお茶を待つ。
やってきたのは…二人分の紅茶と、スコーンが2つずつと、
クロテッドクリームと、とろっとろの手作りいちごジャム!

↓画像クリックで拡大します。
二人分のポットティー。 これがクリームティーセットだー!

はじめてのクロテッドクリームに、わくわく。
スコーンにたっぷりつけて食べてみると…あれっ、甘くない!
でも、ものすごく濃厚。こんなに濃いクリーム、食べたことない!
そうか、クロテッドクリームは甘くないから、だからジャムもつけるのね。

パサっとした食感のスコーンに、
とにかくこってりとしたクロテッドクリーム、
そして、ほわんと甘いいちごジャム。
それらを頬張って、ミルクたっぷりの紅茶を飲む。

なるほど、なるほど。
これはたしかに、相性最高だわ…!
こんな素敵なセットが一人9ポンドって、安すぎない…!?

ふらりと立ち寄ったティールームで、
イギリスならではの幸せを満喫してしまった。


ブロードウェイは、人も多すぎず、お店もちょこちょことあって、
なんともお手頃でかわいらしい町だった。
路上駐車禁止なおかげで美しい街並みがゆっくり眺められるのも、最高。
なんというか、ほどよい感じだ。

↓画像クリックで拡大します。
かわいらしい住宅街。


さて、おなかも満足したことだし、
今夜の宿を目指して、ロングドライブの始まりだー!


前へ < 旅日記 ホーム > 次へ