ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 - アンティークKOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_uk_01.gif 2013年7月イギリス(&ドイツ)
  1-1. 新婚旅行も兼ねて
  1-2. イギリス初日の洗礼
  2-1. はじめての朝食
  2-2. Stow-on-the-Wold
  2-3. Bourton-on-the-Water
  2-4. Broadway
  2-5. 買いつけ拠点へ
 

 
icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 
↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。

↑ KOKONのInstagram。
新着商品やおうち写真など。

 
2013年8月10日〜18日、イギリス(とドイツ)へ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけや観光の様子を、ご紹介します。

 
2013年8月10日(土) 2-3. Bourton-on-the-Water

観光客が訪れる前のストゥ・オン・ザ・ウォルドを後にし、
すぐ隣のボートン・オン・ザ・ウォーターへ。

私はもう何度もお世話になった村だけど、
美しい川を挟んで愛らしい建物が立ち並ぶこの絵葉書のような村は、
やっぱり外せない。

↓画像クリックで拡大します。
水辺の村、Bourton。 Bourtonといえば、こんなイメージ。

ボートンは、コッツウォルズの中でも特に人気の村だけあって、
朝のうちから「バカンスシーズンの観光地」の顔をしていた。
日本語もいたるところから聴こえるし、中国からの団体さんもいて、
なんだか日本のテーマパークのよう。
私もカメラを片手に、ここぞとばかりに写真を撮りまくった。

↓画像クリックで拡大します。
観光客らしく、はいポーズ!
 
どこを切り取っても絵になる。
川越しに写したくなる。 建物がどれもかわいい!

ストゥの静けさは忘れがたいけれど、遠慮なく写真を撮れるのは、嬉しい。



懐かしい景色の中をのんびりと歩いて、どうしてももう一度訪れたかった裏通りへ。
何年も前に、本当に偶然素晴らしい写真が撮れたあの通りは…あったー!!

↓画像クリックで拡大します。
忘れられない景色のひとつ。

村の中心から少し外れた、本屋さんの角。
何年か前、この奥にある宿に帰る時に偶然見た夕暮れの景色が、
私はどうしても忘れられなかったのだ。

夕日に恵まれたあの時のような色合いではやはりなかったけれど、
それでも懐かしいあの景色にまた会えて、胸がいっぱい。



再び村の中心部に戻り、のんびりと散策。
お土産屋さんをのぞいたり、郵便車を写真におさめたり。

↓画像クリックで拡大します。
お店の前に、かわいい車発見! ミニカーにして持って帰りたいぐらい!

この色合い、かわいすぎる…!
ロンドンバスだけじゃなくて、RoyalMailのミニカーも欲しいなぁ…!


観光案内所で地図を買って、お土産屋さんでキーホルダーを買って、
クロテッドクリーム味のアイスクリームを食べて、たくさん写真を撮って。
これまでにないほど、観光客気分を満喫した。

↓画像クリックで拡大します。
とにかく川が印象的な村だ。 こんな写真が、良い思い出になる。 迷ったらカメラを見ればいいしね。


12:19 朝食がすごいボリュームだったからおなかはすいていないけど、
のんびりしているとランチタイムが終わってしまうのがイギリス。
とりあえず、お気に入りのお店へ。

↓画像クリックで拡大します。
ここのフィッシュ&チップスが
イギリスで一番おいしい、と私は思う。

オックスフォードで散々な目にあったのに、
もう一度フィッシュ&チップスを食べてみたいという夫。
だったら、ここしかない。
ボートンの中心近くにあるこのお店は、
私が知る限り一番おいしいフィッシュ&チップスが食べられるお店だから!

窓際の席に陣取って、そわそわと料理を待つ。
他にお客さんがいなかったので、料理はすぐに出てきた。
このサクサク感!そして、この大きさ…!

↓画像クリックで拡大します。
特大ジャケットポテトと、フィッシュ&チップス! ソルト&ビネガーをたっぷり自分で、がイギリス流。

私が頼んだジャケットポテトは、500mlのペットボトルと同じぐらいの大きさ!
こんな大きなじゃがいも、日本で見たことないよー!

フィッシュ&チップスもチーズがけジャケットポテトも、とにかくおいしかった!
揚げ物はサクサク、ポテトのチーズは容赦のない外国味。最高…!

大喜びで食べていると、窓越しにこちらをのぞき込んでいた日本人観光客の人たちが
ぞろぞろと入ってきて、狭い店内はあっという間に満員になった。
ふふふ。日本人がおいしそうに食べているお店なら安心だよね。



観光客用の有料トイレを借りて、村の端まで歩き、フットパスで少し羊を見てから、
私たちは次の目的地であるスローターの村へと向かうことにした。

↓画像クリックで拡大します。
お庭も建物も、とにかく絵になる。 一般の方のおうちなので、看板に従って
そっと写真だけを撮らせていただく。
ボートン名物のカモにバイバイ。




前へ < 旅日記 ホーム > 次へ