ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 - アンティークKOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中

目次へ

icon_uk_01.gif 2013年7月イギリス(&ドイツ)
  1-1. 新婚旅行も兼ねて
  1-2. イギリス初日の洗礼
  2-1. はじめての朝食
  2-2. Stow-on-the-Wold
  2-3. Bourton-on-the-Water
  2-4. Broadway
  2-5. 買いつけ拠点へ
 

 
icon_france_01.gif 2009年2月フランス
  1-1. 不安だらけの出発
  1-2. Osaka → Paris
  2-1. ヴァンブの蚤の市で買いつけ
  2-2. 蚤の市のハシゴ?
  2-3. 買いつけ初日の夜
  3-1. クリニャンクールの蚤の市 1
  3-2. クリニャンクールの蚤の市 2
  3-3. あたたかいごはん
  3-4. パリからインターネット
  4-1. 大寒波のパリ
  4-2. パリ市内で買いつけ
  4-3. パリの郵便局と中華
  5-1. パン屋さんの朝ごはん
  5-2. 市場で買いつけ!
  5-3. はじめてのお店へ
  5-4. パリグルメ?
  5-5. 贅沢と事務の夜
  6-1. 発送完了!
  6-2. エッフェル塔と焼き栗と寿司
  7-1. 憧れの南フランスへ
  7-2. アヴィニョン!
  7-3. アヴィニョン橋の上で
  8-1. アンティークの村へ
  8-2. アンティーク村を散策
  8-3. キッシュとマカロン
  9-1. アンティークショップめぐり
  9-2. アンティークショップめぐり 2
  10-1. アンティーク村の蚤の市
  10-2. 買いつけの成果
  11-1. 最後のおおさわぎ
  11-2. フランス最後の夜
  12. 帰りたい!
 

 
icon_uk_01.gif 2008年5月イギリス
  1. Osaka → London
  2-1. Londonからコーチ
  2-2. 路線バスで小さな町へ
  2-3. 段ボール箱を探しに
  2-4. 計画難航
  2-5. 足で探せ
  2-6. 小さな戦利品
  3-1. イギリスの朝ごはん
  3-2. 快晴!
  3-3. バスにのって
  3-4. 買いつけ 1
  3-5. 買いつけ 2
  3-6. 買いつけの夜
  4-1. 発送
  4-2. イギリスでのオフ
  5-1. 長距離列車の旅
  5-2. 次の町へ
  5-3. また段ボール箱探し
  5-4. 下見のはずが
  6-1. 朝食と、バナナ箱
  6-2. 買いつけ 4
  6-3. 発送 2
  6-4. さんぽ
  7-1. はじめてのマーマイト
  7-2. 次回のための箱探し
  7-3. 気ままに街歩き
  7-4. 大好きTESCO
  8-1. さよならカントリーサイド
  8-2. London!
  9-1. はじめてのチューブ
  9-2. ポートベロー・マーケット 1
  9-3. ポートベロー・マーケット 2
  9-4. ポートベロー・マーケット 3
  9-5. イギリス最後の夜
  10-1. ロンドン水族館
  10-2. さよならロンドン

icon_uk_01.gif イギリス
  コッツウォルズ地方
  スローター
  ストゥ・オン・ザ・ウォルド
  ボートン・オン・ザ・ウォーター
  ボートンのパブ
  モデル・ヴィレッジ

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 
↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。

↑ KOKONのInstagram。
新着商品やおうち写真など。

 
2013年8月10日〜18日、イギリス(とドイツ)へ行ってきました。
アンティーク雑貨の買いつけや観光の様子を、ご紹介します。

 
2013年8月10日(土) 2-1. はじめての朝食

05:30 夫が何度もトイレに駆け込む音で起床。
昨日のフィッシュ&チップスのせいかな…。

二人そろって頭ガンガン。
海外初日はいつもこうなるから、鎮痛剤だけはたっぷり用意してあるのだけど。


ベッドから抜け出して、真っ先にカーテンを開く。
窓の外には…憧れのコッツウォルズだぁ!!


↓画像クリックで拡大します。
昨夜と同じ窓からの眺め。 この建物の感じ!本物の古さ! 時計台、かっこいいー!


窓の外、すぐそこにある、
「誰もいない朝のストゥ」があまりに美しすぎて、
夫と二人、カメラを奪い合うようにしてひたすら写真を撮る。

夏のバカンスシーズンにこんな静かな景色が見られるなんて、
やっぱり昨夜のうちにがんばってここまで来て良かった〜!



06:00 バスタブにお湯を張って、朝風呂。
長旅で疲れ切ってるし、やっぱりバスタブつきの部屋は最高!

…と思ったけど、さすがは古い古いお宿。
バスタブこそついているけど、例によってというかやっぱり、
とにかくシャワーが貧弱だった。
その水量の少なさといったら、水栓を全開にしてようやく、
鉛筆ほどの太さのお湯がちょろちょろと出てくるほど。
これではベリーショートヘアの夫ですら、泡が流せない。

その後、一緒になって水栓をいじっていたら
泡だらけで転倒した夫の下敷きになって洗面台のフチでうなじを強打したり、
その拍子に外れたシャワーカーテンをつけるのに60分かかったり、
途中で落ちてきたカーテンレールで足を切ったり、
ドライヤーをうっかり100V設定のまま使って一瞬で壊したりと、
いろいろなことがあったけれど、ひとまずどうにか汗は流せた。



08:30 身支度を整えて、1階のパブへ。
パブで朝食なんて初めてだから、楽しみ!

明るい時間に宿の中を歩いてあらためて、
その趣のある味わいにうっとりする。
古いINN、最高だなぁ…!

↓画像クリックで拡大します。
宿の廊下。
私が写った写真しかなくてすみません…。
宿の受付。 朝食を摂るパブ。


案内されたのは、古い暖炉に面したテーブル。
なんて古くて素敵な内装なんだろう…!

ごつごつとしたむきだしの黒い梁も、柱も、
ぼこぼことした壁も、黒くすすけた暖炉のレンガも、
何もかもが"本物"だぁ…!

テーブルの上に並ぶ"朝食の支度"にも、大興奮。
ジャムやマーマレードの盛り合わせに、たくさんのシリアル、
そして、どこの宿でも見る、木製のランチョンマット。
この光景、懐かしすぎる…!

海外では、食事のたびに写真を撮るようなお客さんはあまりいないので
とっても恥ずかしいな…とは思うのだけど、
ここで撮らないと後悔することは経験からわかっているので、
他のお客さんの迷惑にならない程度に、
自分のテーブルの上だけでもと撮らせてもらう。

↓画像クリックで拡大します。
二人分の紅茶。 どこの宿にもこんなマットが。 ひさしぶりのマーマイト!かわいい!


忙しそうに働くスタッフが、朝食のリクエストを聞きにきてくれた。
最初の頃はこんなひとつひとつのやり取りも大変だったけど、
今回は100%自分好みにオーダーすることができた。嬉しい!

というわけで、じゃーん!
待望の、フルイングリッシュブレックファーストだー!!

↓画像クリックで拡大します。
トーストはミックスで。 これが食べたかった。


私は断然ブラウンブレッド派だけど、
今回はイギリス初体験の夫もいるから、
ホワイトブレッドと半々にして食べ比べ。

メインは、フライドエッグに、塩っけたっぷりのあのベーコン、
ソーセージ、ベイクドトマト、揚げパン。
それから、初めて見るこの黒い物体は、ブラックプディングかな?

今回のソーセージは、思ったほどぶよぶよしてなかった。
ブラックプディングは、濃厚でおいしい!これは好き!
そしてこのベーコン…ああ、ヨーロッパに来たなぁ、と嬉しくなる。

好き嫌いがなく新しい味が大好きな食いしん坊タイプな夫は、
weetabix(シリアルを板状にしたもの)にも初挑戦。
結構気に入ったようだった。
こういうタイプは、海外旅行向きだよね。

さあ、朝食の後はいよいよ散策だー!



前へ < 旅日記 ホーム > 次へ