ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 
SOLD OUT 4 > 大切に読み継ぎたい フランスの古書「ピノキオ」 22
商品詳細

大切に読み継ぎたい フランスの古書「ピノキオ」 22


フランスでみつけた、ぼろぼろになった表紙が愛しい、
味わいあるアンティークブック(古書)。

ひとめ見ただけで、かなり読みこまれたことがわかる、
落ちついたワイン色が素敵なこの本は、
日本でも有名な、あの「ピノキオ」のフランス語版で、
発行は1956年。

繰り返し読み継がれたせいか、
丈夫な紙製の表紙はぼろぼろ、
中も、日に焼け、いくつもの染みがついてはいるけれど、
めだつ破れやカビなどはなく、
今でも十分に、読み物として実用できるコンディション。

ピノキオのストーリーを知っている人なら、
ピノキオの大きなイラストの
鼻の部分に書かれたX印の落書きから、
昔々の、にくめない落書き犯の、
ピノキオに対するやさしい気持ちを感じられそう。

本をとても大切にするフランスでは、
一冊の本が、読み終えた人から次の人へと、
次々に伝えられていくのだそうで、
こういったボロボロの本が、今でも大切に残されていたりするのだけど、
そんなフランスでも、こういった、ふるいふるい本は、
インテリア用として人気が高く、最近では、
なかなか手に入らなくなってきているのだとか。

たくさんの人々に読み継がれ、
ぼろぼろになった表紙のこんな本は、
ノスタルジック感を大切にしたい、
お部屋の雰囲気づくりに、ぴったり。

外装の味わいも申し分ないけれど、
ピノキオらしい挿絵が随所に散りばめられた
ページの数々も、味があってすばらしいので、
好きなページを開いたまま飾っても素敵。

ところどころに、あまりめだたない書きこみ有り。

高さ約 21cm、幅約 15.5cm、厚み約 2cm。


拡大する

拡大する

拡大する
 
商品名 大切に読み継ぎたい フランスの古書「ピノキオ」 22
販売価格 0円
在庫数

数量:

鼻の部分にやさしい落書き。
拡大する
 
拡大する  拡大する
 
INT-0902-084_06.jpg    
右から4番目。
拡大する 
   



南フランスの小さな村でこの本をみつけた時、
私はふと、あるお客様のことを思い出したのです。

そのお客様はよく、子供の頃の
とてもあたたかい思い出を話してくださったのですが、
以前、「くまのぷーさん」の本をお買い上げくださった時に、
「小学生の頃に買ってもらったぷーさんの本が大好きで、
 何度も何度もくりかえし読んだ、思い出の本なんです」と話してくださったのです。

このピノキオの本も、
そんな素敵な思い出のある方の手に渡るといいな、と思って
わくわくしながら、買いつけてきたのですが、
なんと、私がフランスで思い浮かべたお客様のもとに
お届けできることになり、さらに、
こんなご感想までいただいて、
ドキドキがとまりませんでした・・・!

お客様の声・・・

「本日、「ピノキオ」の古書が届きました。
 買付の際に、私のことを想い出していただいたとの
 嬉しいメッセージをどうもありがとうございました。

 実は、「ピノキオ」は私が
 生まれて初めて読んだ本でして、
 これだけは誰にも譲れない思い出深い本です。

 まだ文字もよく知らない3歳か4歳頃に
 初めて「ピノキオ」の絵本を買ってもらい、
 その鮮やかな色彩に魅せられたのか、
 ぼろぼろになるまで何度も何度も繰り返し、
 ページをめくっていたと親から聞いております。

 その当時、自分の親が感心するぐらい
 夢中になっていたようです。

 その様子を見た父の友人から、
 ディズニーの「眠れる森の美女」の絵本を
 プレゼントしてもらったこともあります。
 「ピノキオ」も「眠れる森の美女」もどちらも大好きな本でした。

 いずれの本も、親が捨てずに
 ずっと実家に置いてくれていたのですが、
 今年のお正月に実家へ帰った時に、
 母から思い出に持って帰るように言われ、
 現在は自分の手元にあります。

 KOKON*さんのお店で、
 「ピノキオ」の古書を発見したときは、
 思わず叫びそうになりました。

 私が持っている「ピノキオ」に比べると
 絵本というより、年長向けの本のようですが、
 このようなフランスの古書にめぐり会えるとは
 思いもよらなかったので大変驚きました。

 フランスでも私と同じように夢中になって
 何度も何度も繰り返し読み続けた子がいたかと
 想像するだけでも共感が持てます。

 懐かしい思い出と共にこれからも大切にしたいと思います。
 どうもありがとうございました。」

(匿名)さま

KOKON*スタッフより・・・

 (匿名)さま、いつも、
 子供の頃のわくわくを思い出させてくれるような、
 素敵なエピソードを聞かせてくださって、
 本当にありがとうございます^^*

 この本をみつけた時、(匿名)さまのことを真っ先に思い出して、
 (匿名)さまのような方のもとにお届けできたらいいなぁと思ったので、
 ご注文をいただいた時には、驚きと喜びで飛び上がるような思いでした!

 子供の頃にお気に入りだったものって、
 いくつになっても、色鮮やかに思い出されては、
 あの頃に過ごした時間が、とてもなつかしくなりますよね。

 まるで積み木みたいに色鮮やかな「ピノキオ」と、
 ロマンチックで美しい「眠れる森の美女」は、
 (匿名)さまの素敵な感性を育ててくれた
 とても大きな存在なのかもしれませんね^^*

 「ピノキオ」が(匿名)さまにとって、
 そんな特別な存在だったとは存じ上げませんでしたが、
 お聞きしてなおさら、フランスから連れて帰ってきてよかった!と、
 あらためて思いました♪

 子供の頃に買ってもらった本をとても大切に思われている(匿名)さまと、
 そんな大切な本をずっと取っておいてくださったお母様・・・。
 とっても素敵なエピソードですね^^*

 お届けしたピノキオは、ちょっぴりくたびれてはいますが、
 フランスでとびきり愛されてきた証ごと大切にしてくださりそうな
 (匿名)さまにお届けできたことを、本当に嬉しく思います。

 フランスうまれのピノキオの本と、あのぷーさんの本、
 どちらもこれからも(匿名)さまに、優しい時間をくれますように…♪

 このたびも、本当にありがとうございました^^*