ヨーロッパのアンティーク & ナチュラルカントリー雑貨のお店 KOKON*

ヨーロッパのナチュラルカントリー雑貨&アンティークのお店 KOKON*
トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード

↑ 新商品の入荷情報や、
イベント出店情報など、
   写真つきで配信中です。
 
↑ フランス ・イギリスなど、
買いつけの旅の日記と写真。
とにかくボリュームあります。
 

↑ HOVISって? Virolって?
アンティーク雑貨についての
豆知識、こつこつ書いてます。
 
↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真たちの
デスクトップ用壁紙。

↑ 雑貨や旅先の風景など、
KOKON*自慢の写真を使った
フリーのWeb素材。

↑ KOKON*店主Amiの
のんびりな毎日を写真つきで。
 
↑ Amiの日々のつぶやき。
思ったままに、感じたままに。 
SOLD OUT 4 > 繊細な輝きに魅せられて イギリスアンティークのトースト立て 01
商品詳細

繊細な輝きに魅せられて イギリスアンティークのトースト立て 01


有名な、イギリス式の朝ごはん、
「イングリッシュブレックファースト」に欠かせない食器と言えば、
ずしりと重すぎて持ち上げるのが大変なほどの紅茶が入る、大きなティーポットと、
たっぷりの紅茶と牛乳を入れられる、どっしりとしたティーカップ、
それから、忘れてちゃいけないのがこの、トースト立て。

薄切りのパンをカリカリにトーストしたものを、
こんなトースト立てにポンポンとさしてテーブルに置くのが、イギリス流。

すごくラフに見えるけど、お皿に置くのと比べて、
トーストが湿気ないから、カリカリ、サクサクの食感がいつまでも続いて、
シンプルなトーストでも、本当においしくいただけるのが、嬉しい。

イギリスのB&Bやホテルでは、
ステンレスなどのシンプルなものがよく使われているけれど、
アンティークショップを巡れば、凝った装飾が施されたものや、
アンティークシルバーの豪華なデザインものなど、
見て楽しめるようなものにも、出会える。


そんな幅広いトースト立ての中でも、
繊細で気品ある輝きが美しいこのシルバープレートのトースト立ては、
イギリス・イングランド中部の町・シェフィールドで作られた、
昔から一流の銀細工職人を数多く擁していたことで有名な、
老舗銀細工会社の『Atkin Brothers Silversmith Ltd.』のもので、
作られたのはなんと、1868年。

なだらかな曲線が美しいトーストラックをそっと裏返すと、
裏面に、Atkin Brothersのものであることを示す刻印と、
EPNSという技法を用いたシルバーメッキ製のものであることを示す刻印が、
しっかりと刻まれている。

EPNS(Electric Plated on Nickel Silver)とは、
1842年に発明された、純銀(スターリングシルバー)メッキの技法で、
既存のシルバーメッキの技法よりも、
細部まで綺麗にメッキができて、メッキもはがれにくいことから、
質が良いとされたそう。

特に、シェフィールド製のものは、上質なことで有名だとか。


朝の光が似合う、こんな美しいトースト立ては、
イギリス流に、サンドイッチ用のパンをカリッと焼いたトーストを立てるのはもちろん、
お気に入りのポストカードや、紙ナプキンなんかを立てても、素敵。

メッキのはがれもなく、とてもよい状態です。

幅約 6.5cm、奥行き約 13cm、高さ約 15cm。
厚さ約 1.5cmまでのトーストに対応。


拡大する

拡大する

拡大する
 
商品名 繊細な輝きに魅せられて イギリスアンティークのトースト立て 01
販売価格 0円
在庫数

数量:

拡大する
 
拡大する 拡大する
   
イギリスでの使い方は、こんな感じ。
(販売している商品とは、デザインが違います)
拡大する